2011年01月28日

有名人の若い頃

■美輪明宏
miwa_akihiro.jpg

■デヴィ夫人
devi.jpg

■吉永小百合
yosinaga_sayuri.jpg

■加賀まりこ
kaga_mariko.jpg

■ピーター
peter.jpg

■扇千景
ougi_tikage.jpg

■麻生太郎
asou_tarou.jpg

■押井守
osii_mamoru.jpg

■磯野貴理
isono_kiri.jpg

■鳥肌実
torihada_minoru.jpg

鳥肌さんは有名人じゃないかも……。
タグ:diary
posted by tk219 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

元町の四川料理「蜀」

元町にある四川料理の店、「四川曹家官府菜・蜀(suu)」でお昼ごはん食べてきました。
場所など、詳細はこちらで。

CA392917.jpg

本当はすぐ近くにある洋食屋の「帝武陣(テムジン)」や、セルフで天ぷら食べ放題の「い草製麺所」に行きたいんだが、結局どうしても足がここに向いてしまう。

味の方は、四川料理というだけあって、辛いです。
詳しいことは分かりませんが、複雑にスパイスが組み合わせてあって、こってりしつつさっぱりしてます。
辛い、でも美味い、苦しい、でも止められない。
まことプロでございますね、という味。

上の写真にうつってるのは、「麻婆豆腐」と「よだれどり(口水鶏)」。
よだれが止まらないほど美味い、という意味の伝統料理であって、辛すぎて唾液腺が破壊されるという意味ではありません。
ごはんはおかわり自由です(どこにも書いてないが、ちょうだいと言えばもらえます)。

ちなみにこのとき、隣にサラリーマン男4人組が座ったんですが、4人とも麻婆豆腐頼んでました。
で、いちばん年長っぽいおっさんが「辛めでお願い」なんて言ってる。
いざ皿が運ばれてきたら、他の3人が「おわーっ、からいっすね」なんて言ってるが、辛めを頼んだおっさんは「そうか?まあまあやな」と言ってました。
でも箸が進んでない。おでこが真っ赤になって、汗がにじんどる。




CA393046.jpg

担々麺。
こちらも美味しかったです。でも担々麺自体は、六甲道にある「四川」の方が好きかな。
タグ:diary
posted by tk219 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

FileMakerで明細を作成する

ファイルメーカーで請求書や領収書といった、明細表を作る場合。

(正確に明細を作るというのでなく、レイアウト作成の考え方の問題ですので軽い気持ちで)


↓こんな感じで。

me1.jpg


まず普通に考えてみて、ちょっとした計算は自動でやってほしいですよね。

単価と数量を入れたら自動でかけ算くらいはしてほしい。


me2.jpg


上の画像で説明すると、【材料1】は単価5000円で数量10。

〈金額〉フィールドに〈単価×数量〉という計算式を設定すれば、自動で50000と入力されます。


【加工費1】には数量を入れてないので、単価10万でも金額は0。

合計金額に消費税5%を自動でかけて(課税対象額×0.05)、税込み金額が出てくる。


しかし実際にはきっちり単価×数量で物事は計算されるわけでなく、グロスでいくらとか、切りの良い数字に丸めるとか、色々あるわけです。

例えば、「材料費は本来75000円だけど、きりのいい所で7万円にしましょう」となったらどうするか。


金額フィールドに【70000】と入力できればそれで済むが、〈計算タイプ〉にしてあるので入力は弾かれます。

me5.jpg

すると数量か単価をいじらないと、金額フィールドの数字は変えられないことになる。




■単純な方法

me4.jpg


一番単純な解決方法。

数量を1にして、単価70000にしてしまう。

そしてテキストタイプで〈備考〉というフィールドを用意しておき、そこに15個分、と書き込む。


でもこれは、ちょっとエレガントではない。




■ややこしい方法

me3.jpg


次。

単価5000円という計算しやすい数字なので、1つ減らせば合計70000円にはなった。

でも数量15個で70000円、という実態には合いません。


じゃあ70000÷15で、単価を「4666.66666666...」円にしたらいいか、というと、それもおかしすぎる。




問題は、金額フィールドに書き込めないのがその元凶にあるわけです。

じゃあ自動で計算させるけど、書き込みたい時は書き込めるようにすればいいんです。


まず必要なフィールド。


〈数量〉  :数字タイプ

〈単価〉  :数字タイプ

〈金額自動〉:計算タイプ(計算式 =数量×単価)


ここにもうひとつ追加。

〈金額手書〉:数字タイプ


そして〈金額自動〉フィールドを少しいじります。

計算式 =If( IsEmpty( 金額手書 ) ; 数量 * 単価 ; "" )


〈金額手書〉に何も入力されなければ自動で計算、入力があれば空欄になるという式です。




me7.jpg


わかりやすく、両フィールドを比較します。

左から〈数量〉〈単価〉〈金額自動〉〈金額手書〉と並べています。

一番右の〈金額手書〉に何も書いてないので、〈金額自動〉に75000が表示されています。


me6.jpg


しかし〈金額手書〉に数字(70000)を入れると、〈金額自動〉は空欄になります。


そこで、

1,最背面に〈金額自動〉フィールドを置きます(念のためフィールド/コントロールの「動作」で入力を不許可にしておく)。

2,真上に、同じサイズの〈金額手書〉フィールドを置く。

3,〈金額手書〉フィールドの塗りつぶしを「無し」にする。


これで、金額は自動で計算される上に、自分で好きな金額を書き込めるフィールドができあがりました。


me1.jpg


最初の画像に戻りますが、1段目の金額50000は自動で計算されています。

しかし2段目は20000値引きということで、手動で30000と入力しています。
タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

聞き間違い

仕事してたら、ケータイが鳴った。

「私、アフタヌーンティーの○○と申します」

アフタヌーンティーって、ティールームやったり雑貨売ったりしてるとこだよな?

なんでそんな店が俺のケータイ番号を????

自分が店に行ったとすれば、元町の居留地か。しかし半年以上行ってないはず。


「はい」
「〜様でいらっしゃいますでしょうか?」
「そうですけど」

「はい。そうなんですね。このたびお得なキャンペーンのご案内がございまして、お電話させていただきました」

「はあ。あの、僕、どちらかでこの番号、登録したりしましたでしょうか?」

「え? そうですね。ご契約の際にご記入いただきましたものです

俺がアフタヌーンティーと、いったい何の契約をするというのか????




「すいません。もう一度お名前お願いできますでしょうか」
「はい。アフタヌーンティーの、○○、と申します」

「アフタヌーンティー?」

「あ、いえ。アフタヌーンティーです」



「え?」
「はい?」


「アフタヌーン……」



「あ、いえ。アット、ニフティー(@nifty)です」
「あ〜」

  1. アットニフティー
  2. アフトニンティー
  3. アフタニンティー
  4. アフタヌーンティー

誰も悪くない。強いて言えば、俺の耳が悪い。






ちなみにアフタヌーンティーは現在、こんなキャンペーンをしているそうですよ!!!
1/11〜30周年スペシャルティー第1弾『カモミール&アッサム』を販売。

posted by tk219 at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

世界の権力者像

それぞれ、私の個人的なイメージをあらわしてそうものを選びました。

■胡錦濤国家主席(中華人民共和国)
futintao.jpg
本当は怖いんだけれども、表面的にうまく隠してる感じ。

■馬英九総統(台湾)
baeikyu.jpg
良くも悪くもアメリカンな人。

■李明博大統領(大韓民国)
imyonbaku.jpg
別にアホだと思っているわけではなく、韓国人的な「わかりやすい明るさ」という意味です。

■オバマ大統領(アメリカ合衆国)
obama2.jpg
周囲とも事前に打ち合わせる、自己演出のしっかりした人。

■サルコジ大統領(フランス)、メルケル首相(ドイツ)
saru_meru.jpg
権謀術数的な。

■エリザベス女王、キャメロン首相(イギリス)
cameron.jpg
あまりイメージがない。

■ベルルスコーニ大統領(イタリア)
berurusukoni.jpg
マフィア映画から出てきた感じ。

■ベネディクト16世(ローマ法王)
papa.jpg
たぶんいい人なんだけど、ちょっと迫力がありすぎる。

■シン首相(インド)
sin.jpg
学者肌で、達観してそう。でもさらっと策謀はこなす。

■ジルマ・ルセフ大統領(ブラジル)
dilma.jpg
写真にはいないが、後ろで夫がニコニコしてそう。

■メドベージェフ大統領(ロシア連邦)
med.jpg
この人はいつも「えーっと」と考え込んでるイメージがある。

■プーチン首相(ロシア連邦)
putin.jpg

この人だけ「撮影されセンス」が他を超越してますね。
どれも映画のワンシーンみたいになってる。

putin3.jpg putin6.jpg
putin5.jpg putin13.jpg
putin10.jpg putin2.jpg

きつい冗談の好きなロシア人にふさわしく、
絶対この人、スパイのセルフパロディをやってると思う(プーチンはKGB時代、諜報活動をやってた)。

putin14.jpg putin12.jpg
putin9.jpg putin8.jpg
putin7.jpg putin4.jpg

putin11.jpg





おまけ
■菅直人首相(日本)
kan.jpg
タグ:diary
posted by tk219 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。