2011年07月20日

今年の台湾(2日め午前)

2日め。

今日も雷雨のはずですが、朝から快晴。

朝7時にホテルを出ます。ホテルの朝食なんて食べているヒマはない。


CA393630.jpg

■朝7時でこれぐらい。早く出ないと陽差しがものすごい。


台湾に来たら、必ず朝食を食べに外出せねばならない。


この日は「世界豆漿大王」に行きます。


DSCN2300.jpg


ここは日本語メニューがあります。

熱心なファンのおっちゃんが作って置いていったそうです。えらい!


DSCN2299.jpg

■豆漿(甘くて冷たい豆乳)、鹹豆漿(揚げパン、ネギ、干しエビなどを入れて、黒酢、ラー油、ゴマ油などで味付けした塩味の投豆乳)


DSCN2298.jpg

■飯團(切干大根と魚肉そぼろ、揚げパン、高菜がもち米に包まれてる)、菜脯蛋餅(ベーコンやネギが入ったクレープ)


店は、店員家族のパーソナルスペースとの区別が曖昧。

食べてる私の横で、ここのおばあさんがお茶を飲み始めました。

ポットのお湯を急須と椀にかけ、それから茶葉、お湯を入れて開かせる。お茶を茶海にためておもむろに喫する。

ちゃんと日常的にこんな風にして飲んでるんだなあーと感心して観察してしまいました。


この店について詳しくは、→こちらへ(台北ナビ)


DSCN2301.jpg

■マンションの電気メーターたち。合理的だ。


ちょっとだけ、雙連朝市を見物。

去年より店列が長くなっている気がする。


DSCN2303.jpg


DSCN2304.jpg


朝市の途中で豆花を購入。豆腐のプリンといったところ。ちょっとだけ甘い。


さて、朝食を食べたところでタクシーに乗り、故宮博物院へ。


するとタクシーの運転手がメーターを倒さない。


乗った瞬間に判っていたが、あえて3分の1ほど過ぎてからメーターを指さし、「押さないの?」と尋ねました。

すると運転手さんは少々バツの悪い顔をしてメーターの計測開始ボタンを押します。

かなり進んじゃってるから、ずいぶん安上がり。

なんだか悪いなあ(?)と思っていると、博物院の正面玄関で降ろされた(笑)。


DSCN2311.jpg


普通は2Fのロータリーまで回り込んでくれます。

正面からだと長い長いエントランスを歩き、階段を登らないと玄関まで行けません。

炎天下、照り返しの強烈なエントランスを歩く。ははは。


DSCN2318.jpg

■ミュシャ展やってました。


博物院は、大陸からの観光客でごったがえしてました。

こう言うと悪いですが、ものすごくうるさいです。ものには限度というものがある。


例えば中華文明というやつを説明するのに、こういう図形が変化してこういう漢字になりました、という展示がある。

日本人その他は無言でそれを見つめ、


「ほほう」

「この字になったんだ……」


とささやき合うわけです。

ところが大陸の中国人は違う。


「おい!こっち来てみろよ!」「なんだこれは?」「人と人がくっつきあってるぞ!」

「それが変化して、変化して!?」「これは○○○という字じゃないか!」「ヒャッハー!!」


みたいなこと(たぶん)をギャースカ叫ぶ。


そのうち、日本人団体客を見つけました。

何組かいましたが、中でも声のよく通る台湾人ガイドに連れられた一団についていく。

日本人は皆、中高年のおばちゃんたちです。

こういう時のおばちゃんは本当にいい。何がいいって、若者やおっさんたちと違い、おばちゃんは反応がいい。

自主的に大きな声で「これって何?」「どう使われたもの?」「いつ頃のもの?」と聞きまくる上に、ガイドの説明にへえーすごいわねえーなるほどねえーといいリアクションするので、ガイドさんの説明にも熱がこもってくる。


「酒壺は尊といいます。これが日本に渡ったんだけど、その頃は金属知識がなかったから、日本人、尊を木で作った。だから樽ね」

「王っていうのは、みっつの一、すなわち三をつらぬく者の意味。三は天・地・人をあらわすの」

「宝という字は本来、うかんむりの下に玉、貝、缶を書いた(寶)。玉は宝石、貝は当時の貨幣、缶は水をくみあげるもの。でも貝も缶も貴重品ではなくなっちゃった。だから玉だけが残り、宝となったのね」


「へえー!!!!」→ガイドもニコニコ、みたいな。

そのうち、


「この漢字見てください。『女』が家に入ると、『嫁』になるね。古くなると『姑』ね。そして人生のいろんな波を乗り越える。すると『婆』になるね」

「やだー! あはあは、あはははははははは」


面白いから笑うのではない。笑っていれば面白くなってくる。おばちゃんは人生の勝者だな。


古代の釜を指さす。

「これは古代の炊飯器です。足の部分は象の足を模しています。中国人えらいから、当時から知ってたね。炊飯器といえば象印」

「アハー! ははははははははは」


おばちゃんたち爆笑。なんだかこれまでの説明も、ぜんぶ与太話のような気がしてきたぞ(笑)。

2時間ほどうろうろ観てまわりました。そろそろ足が痛い。


DSCN2322.jpg


そこで4Fの喫茶室に行ってみます。

4Fへはエレベーターでしか行けません。

通常用いる階段は3Fまでしかないので、下の喧噪から開放されたようなひっそり感があります。


DSCN2321.jpg


DSCN2319.jpg


鉄観音を飲む。うん、見た目だけ。さほど旨くない! でもまあ、良し!


下に降ります。

帰りのバス、タクシー乗り場はやはり大陸客で大混乱。

そこで服務台(Service Counter)に行きます。

おっちゃんがひとりで暇そうにしてるので、「我想去〜」とか言いながら筆談をして、タクシーを呼んでもらいました。


そこにはちゃんとタクシー向けの用紙があり、電話でタクシーを呼び出しつつ、用紙に目的地などを書いてくれます。

呼んだタクシーの運転手にそれを渡せばOK。さすが、メーターは最初から倒されてました。


タクシーでそのまま忠烈祠へ行きます。お昼の12時30分ごろ。


DSCN2325.jpg


ここは1時間ごとに衛兵の交代式があるので、13時まで居並ぶ「烈士」像を観たりして待ちます。

交代式の前に、衛兵さんをパチリ。


DSCN2327.jpg


ところがカンカン照りの太陽に当てられて、衛兵さん、倒れそうになっています。

横にいるスタッフが、その首筋に霧吹きで水をかけていました。

へえ、そんなことをするんだと思ってカメラを向けたら、「ゴラアア」とかなり本気で止められます。怖かった。


DSCN2326.jpg


「なんでやねん」と思いますが、軍隊みたいな体育会系組織のしきたりというのは、理不尽とか不合理とか言ってもしょうがないですね。おとなしく言うことを聞くしかない。


さて、忠烈祠の本堂へ行きます。本当にこれ、元は日本の護国神社なの?というくらい派手な意匠。


DSCN2336.jpg


そこにも微動だにしない衛兵がいます。


DSCN2337.jpg


いや、微動だにしないのはウソ。微動はしてます。

むしろ前後にフラフラしている。何せ暑い。


この炎天下で鉄のヘルメットをかぶり、長袖の制服に手袋、編み上げのブーツはきついでしょう。

衛兵の背中は汗びっしょりになっていました。

そのうち目が泳ぎはじめ、意識が飛びそうな顔をし始めます。


あまり見つめちゃ悪いと思って遠巻きに見ていたら、銃剣のついたマスケット銃を持ち上げ、ガン!と床を叩いて気合いを入れ直していました。

ちなみにここの衛兵に選ばれるのは背丈は180センチ以上、眉目端麗の優秀な兵士なのだそうです。

確かにそう思います。そんな優秀な彼らでも、この暑さは厳しい。


DSCN2342.jpg

■で、交代式。


交代式も無事に観たところで、またもやタクシーに乗り込む。

去年はMRT(地下鉄)や市内バスを駆使しましたが、一度タクシーの便利さ、安さを知ってしまうともうダメです。


昼食をとりに、丸林魯肉飯へ。


DSCN2349.jpg


日本語は通じませんが、陳列されている料理を指さすだけなので無問題。


DSCN2346.jpg

■魯肉飯(豚ひき肉の煮込み丼)、鶏肉飯(蒸し鶏丼)


DSCN2344.jpg

■もうメニュー名は覚えてない。見た目で判断してください。


DSCN2345.jpg


料理も美味いが、おすすめはマンゴージュース。

この店について詳しくは、→こちらへ(台北ナビ)


さて、ここから午後の部。迪化街に向かいます。

続く。
タグ:travel
posted by tk219 at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。