2011年02月05日

携帯電話がCDに

少し前、道端で携帯電話を落とした。

歩いていて、寒かったから手袋をしたまま携帯電話をポケットから出そうとしたら、手元が狂って割とワイルドにポイッと。


しょっちゅう携帯電話は落とすんだけど、かなり豪勢に叩きつけてしまったんで、やべーって思ってカパッと開いたら、「ん……んあ……」みたいな感じで起動するのに一瞬の間があった。


しかも画面に大量の黒いノイズが走っている。

電源を入れ直しても同じ。つまり液晶に傷が入ったということか。


翌朝そーっと見ても、変わらず。

不意打ちするようにみても同じ。あたりまえだ。

やるおみたいに視界の端でチラッと見てみたが、やっぱり傷が入っていた。


あーこりゃだめだなと。



ところが3日くらいたつと、ノイズが綺麗に消えて元に戻っている。

10〜20本くらいあった黒い線が、全て消えておるんである。


いつのまにか物を修復するスタンドでも発現したのだろうか。

不思議なこともあるもんだ。

posted by tk219 at 19:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じようなことがつい最近ありました。
画面中もうデフラグの画面みたいになっていたのに、次の日普通に使えました。
今のところ不具合ありません。
Posted by eko at 2011年02月11日 12:40
夜中に小人さんたちががんばってくれたのでしょう。
Posted by tk at 2011年02月11日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。