2011年01月27日

元町の四川料理「蜀」

元町にある四川料理の店、「四川曹家官府菜・蜀(suu)」でお昼ごはん食べてきました。
場所など、詳細はこちらで。

CA392917.jpg

本当はすぐ近くにある洋食屋の「帝武陣(テムジン)」や、セルフで天ぷら食べ放題の「い草製麺所」に行きたいんだが、結局どうしても足がここに向いてしまう。

味の方は、四川料理というだけあって、辛いです。
詳しいことは分かりませんが、複雑にスパイスが組み合わせてあって、こってりしつつさっぱりしてます。
辛い、でも美味い、苦しい、でも止められない。
まことプロでございますね、という味。

上の写真にうつってるのは、「麻婆豆腐」と「よだれどり(口水鶏)」。
よだれが止まらないほど美味い、という意味の伝統料理であって、辛すぎて唾液腺が破壊されるという意味ではありません。
ごはんはおかわり自由です(どこにも書いてないが、ちょうだいと言えばもらえます)。

ちなみにこのとき、隣にサラリーマン男4人組が座ったんですが、4人とも麻婆豆腐頼んでました。
で、いちばん年長っぽいおっさんが「辛めでお願い」なんて言ってる。
いざ皿が運ばれてきたら、他の3人が「おわーっ、からいっすね」なんて言ってるが、辛めを頼んだおっさんは「そうか?まあまあやな」と言ってました。
でも箸が進んでない。おでこが真っ赤になって、汗がにじんどる。




CA393046.jpg

担々麺。
こちらも美味しかったです。でも担々麺自体は、六甲道にある「四川」の方が好きかな。
タグ:diary
posted by tk219 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。