2011年01月20日

シュラッテンバッハのシュトーレン

近所にあるシュラッテンバッハ(Schrattenbach)というパン屋で、シュトーレンを買いました。

CA392906.jpg

シュトレン(独: Stollen)は、ドイツの菓子パン。シュトーレンとも表記される(ドイツ語の発音規則としては正しくないとされる)。生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、表面には砂糖がまぶされている。ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、少しずつスライスして食べる習慣がある。
発祥はザクセン州のドレスデンで、その歴史は14世紀にさかのぼる。ドレスデンでは、12月の第1土曜日に巨大なシュトレンがパレードする祭りが行われる。
Wikipediaより

店は摂津本山駅と住吉駅のあいだぐらい。
→食べログのデータ
わりとひっそりしたたたずまいなので、つい見落としそうになります。
また食べログにはランチ営業とか書いてますが、たぶんやってません。

で、シュトーレンは冬季限定。
外側の白い砂糖は、本来保存のコーティングとしてまぶされているものです。
ドイツらしく非常にしっかりしたパンで、中にはアーモンドやレーズンがたっぷり入っていました。
ちゃんと作られたシュトーレンは時間がたてばラム酒のような香りを放って熟成し、さらに美味しくなります。

CA392909.jpg

もちろん、ここのシュトーレンもしっかり作られているので、一ヶ月程度なら余裕でもちます。


タグ:diary
posted by tk219 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。