2010年10月22日

おまえらエンジンふかすな

わりと空いた電車に乗っておったら、駅のホームにリュックサックと水筒を抱えた大量の小学生軍団が見えました。
扉が開く前から、ワーワーキャーキャーと聞こえている。
「あっ、この車輌に乗る気だな」と判ったのですが、特にそれで悪い気がしたとかいう話ではありません。
私にも小学生時代はあったわけですし。

まず最初の状態。
101022_1.jpg



小学生たちが乗り込んできました。たぶん小学2〜3年生といったところ。
遠足だと思いますが、みんなテンション高いです。
ちょっと揺れたりするたびにキャッキャッ言ってます。
先生は「みんなは座ったら駄目ですよー」と。

101022_2.jpg



ところが私の左右が空いていることに、興味を持ち出す連中が。
じりじりと小さな連中が距離をつめてきます。
101022_3.jpg



ついに座り始めました。しばらくは先生も気づかず。
他の子供が「あー、いけないんだー」とか言いだしています。
101022_4.jpg



次の駅で停まった頃に、やっと先生が気づいて近づいてきました。
101022_5.jpg



先生にくっついて接近してくる大量の小学生。
なぜか俺のまわりの大人たちだけ、ちょうど降りる駅だったんだよ、という感じでいなくなってゆく。
グラディウス3のキューブラッシュのように囲まれていく俺(参照)。
101022_6.jpg



それで気づいたんだけれども、子供ってなんだか発熱量がすごいのよ。
立ってたら上空の空気があるからさほど感じないと思うんだけど、座ってるもんだから、もろに熱気が襲ってくる。
これで3駅分ほど移動したので、だんだん汗がにじんできた。

それで小学生たちが去っていくと、一陣のさわやかな風が。
す、涼しい……と思ってしまったのだった。
タグ:diary
posted by tk219 at 12:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あははぁ〜。
先生も大変だなぁ、と毎回思います。こういうの見ると。
Posted by eko at 2010年10月29日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。