2010年10月11日

Youtubeの動画

最近あまり更新してないので、とりあえず自分のYoutubeアカウントのお気に入りを並べてみます。

自分のアカウントを作って最初に追加していたのは、2004年のPrince's trust
Live(ウェンブリー・アリーナで行われたチャールズ皇太子信託基金のチャリティーコンサート)で再結成したバグルスが演奏した「ラジオスターの悲劇(Radio Killed The Radio Star)」でした。





続いて同年、ロサンゼルスのE3で行われた任天堂のマスコミ向け記者発表。
ゲームキューブ向けの新作デモムービーが流れますが、それが「ゼルダの伝説」(後のトワイライトプリンセス)であると判った瞬間、ウォーッ!とおたけびをあげる取材陣(笑)。
さらに宮本茂が登壇するや、「オーマイガッ」「ジーザス」と絶叫するのも楽しいです。





2008年、日本武道館で行われた「KREVA K-ing SPECIAL」の模様。
まずバックステージ〜オープニング。開場して観客が入ってきてみると、当のKREVAが既にいて出迎えてくれるという。これは嬉しかろう。
最後にかかるのは、千晴の「GO」という曲。二階席で激しくラップするひとりの客にズームインしますが、それが千晴です。
ヒップホップを聞く趣味はないですが、これはいい曲だと思います。





2009年、露プーチン首相と米オバマ大統領の朝食会議。こんな恐ろしいのが2時間続いたそうです。
ちなみに長靴をパコパコやってるのは、サモワール(紅茶用の湯沸かし器)に空気を入れるロシアの伝統様式。
プーチンはわざとあんなものを見せて、反応に困るオバマへの笑いをこらえているという説もあるが、ちょっと不明。
もちろん長靴は新品であって、あのおっさんの足の臭いを送り込んでいるわけではない。





フジテレビ「オレたちひょうきん族」の最終回エンディング(1989年)。私は中学生でした。



まだ若かりし頃の芸人たちが、この番組でスターダムにのしあがっていきました。
画面で見て確認できたのは、
ビートたけし、明石家さんま、島田紳助、西川のりお・よしお、片岡鶴太郎、山田邦子、コント赤信号(ラサール石井、渡辺正行、小宮孝泰)、ぼんちおさむ、太平サブロー、島崎俊郎、ウガンダ、たけし軍団(そのまんま東、ラッシャー板前、グレート義太夫、松尾伴内)、Mr.オクレ、村上ショージ……などなど。
もちろんこの後、消えていく者あり、今も変わらぬ者あり、別の道へ転身する者あり、そして今や大御所となった者もあり。
スタジオの影から彼らを見つめるディレクターたちの表情も、たまらないものがあります。

そんな人々の、この時にしかないきらめきを感じて涙腺がゆるみますが、たぶんこれはノスタルジーというものなのでしょう。
タグ:diary movie
posted by tk219 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。