2010年08月01日

メールアドレスのまとめ処理

Complete Systemにおいて、大量のメールアドレスをまとめる処理方法です。

(1)連絡先をひらきます。

add_mail1.jpg

メールグループを設定します。
このポップアップリストは、それまでに入力したことのある値が一覧されますので、該当するものを選択してください。
複数のグループに所属させたい場合は、改行で区切って入力してください。

add_mail2.jpg



(2)連絡先を閉じて、一覧画面の [ メール ] をクリックします。

add_mail3.jpg

メールアドレス一覧に切り替わります。

add_mail4.jpg

(3)まず「全レコードを表示」をクリック。
次に「対象レコードのチェックを全て」で「OFF」をクリックしておきます。これで全レコードのチェックがクリアされます。

抽出したいメールグループを選択して、「グループ抽出」をクリック。
選択グループに属しているレコードが一覧表示されますので、「対象レコードのチェックを全て」を「ON」。

これで必要なアドレスを全て用意することができました。

add_mail5.jpg



(4)画面右側に移ります。
まず「しきい値」を設定してください。例として「400」に設定します。
それから「チェックしたEメールのBCCリストを作成」をクリック。

add_mail6.jpg



(5)メールアドレスが400件ごとにひとつにまとまりました。
今回のサンプルでは↑の通り、全てで2119件のうち1026件が抽出されていますから、
↓の3つめ「801〜1200」に関しては、実際には「801〜1026」件めのアドレスがまとめられていることになります。

add_mail7.jpg
posted by tk219 at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。