2010年07月28日

iPadを触ってみた

今さらかもしれませんが……。
iPadがやってきたので、触ってみました(自分で買ったわけではないので、おそるおそる)。
箱がものすごい上げ底でびっくりした。

CA392243.jpg

裏面がきれい。こういうところがちゃんとしてるのは、素直にすごいなと思える。
初代iMac買った時も、後ろからしげしげと眺めたものでした。

CA392244.jpg

画面もきれいです。iPhoneと違ってキーボードも打ちやすい。大きいことはいいことです。
でも一般的なキーボードみたいに、キーに指を置いたまま休めないのがしんどい。

あと、巷で言われるほど重くはないです。

ちなみにiPad Wi-fiで680グラム。文庫本は200グラムくらい。
あれ……数字で把握した途端に重く感じてきました。

最初起動したら、いきなり「とっととiTunesにつなげろ。おら。iTunesだよ、iTunes。わかってるよな?」と命じられます。
あーこの感じ、Appleだわ。懐かしい。

ipad3.jpg
※ちなみに、iPadでスクリーンショットを撮るには、ホームボタンとスリープボタンを同時押しです。
カシャっと音がして、「写真」に保存されます。



で、ユーザー登録をするんですが、当たり前のようにクレジットカード情報を登録させられます。
VisaとかMastercardとか選べよ、と。「カード持ってません」という選択肢がない。

「一応、なんつうんですかね。お客様に少しでも快適にお使いいただけるようにですね、一応ですよ、一応。念のため、ここにちょこっとクレジットカードの名義、番号、期限、セキュリティキーなんて書いてくれちゃったりして。そんなことお願いしちゃってよろしいかしら?」
ではなく、
「カード持ってんだろ。書け」
という感じです。

こっちだっていずれ入力してやるつもりではいたが、まだiPadというやつが何者かも判らないというのに、やすやすとそんな情報をくれてやるわけにはいかん。
どうにかして入力せずに登録を済ませようとしてみるのだが、
あっちに逃げればササッと走ってきて通せんぼ、こっちに逃げてもササッ、みたいな感じでエラーメッセージが出る。

この野郎……とムカついたので、絶対にここは入力せずに通過してやる!と決意。
まず登録はせず、未終了のままにしておく。
それからAppStoreに入り、無料アプリを「購入」する。
そしたらそこで「新規アカウントの作成」ができる。そっちなら、「カードなし」が選べる!

ふっ……こんな板っきれが人間様に勝とうなんざ、100年早いんだよ。



とりあえず、業界(なんの業界?)でも話題の「i文庫HD」を買いました。
(すぐにカード登録しました。いきなりゴーマンに入力させられそうだったから頑張ってしまったわけで、別に絶対入力したくないわけではない)

これは完成度高いですね。きれい。かっこいい。触ってみたくなる。
ところが……。
さっそく芥川龍之介あたりを開いてみるんですが、どうにも読めない。

ipad4.jpg

画面はきれいだし、本当にページをめくってるような感覚にならないこともないんですが……。
なんでだろう。読んでいても全然楽しくない。
文字がならんどるね。よしわかった。じゃあまた今度。そんな感じ。

いくら高精細の液晶だっていっても、紙の解像度(?)には勝てないし。

……だめだな。新しいものの欠点を探そうとするのは老化の証拠。
「電子書籍」というビッグウェーブに乗り切れてないんだ。
もう自分は若いと思っていてはいかんのだな。時代遅れの男になったのだな。

ipad5.jpg

コミックも試したけど、やっぱりしんどい。読んでられない。
でも、もう手に入らない絶版本なんかはいいかもしれないですね。



IMDb。映画関係者のデータベース。
こっちの方がよっぽど読める。なんでかなー。
たぶん私の頭の中で、「電子機器は情報を得るもの」という固定観念があるんでしょう。
情報だったらどんどん読める。
これが「読み物」になると頭が拒否するんですなあ。

ipad6.jpg

↑言われてみれば確かに似ているクリストファー・ノーランとレオナルド・ディカプリオ。
タグ:diary
posted by tk219 at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。