2010年07月06日

台湾2日め

 旅行のサマリー
 初日
2日め
 3日め(午前)
 3日め(午後)
 残りもの



台北2日めです。
些末なところは飛ばして、ポイントだけ述べていきます(自分への飽き防止策)。

街中は、スーツ姿の人が少ないです。
みんな大学生みたいな格好してる。というか、真夏でも背広着てる日本の方がおかしいんだよね。
日本も充分「ジメジメして暑い国」だということを認識した方がいいですよ。

双連駅から民権西路の方向へ続いている朝市。

DSCN1997.jpg

DSCN2001.jpg

DSCN2002.jpg

しかしなぜ、こういう市場では必ず「女性下着屋」があるのだろうか。
周囲は一見すると日本と同じなのですが、植物がやはり南国。

台湾銀行で円を元に両替。
「外匯業務」と書かれているカウンターへ行き、日本と同じように順番待ちの紙をもらう。
その間に用紙に記入しておきます。
身分は「民間」、方式は「以新台幣結購」。氏名、生年月日、住所を書いてサイン。
パスポートが必要なので忘れないように。
まあ、万札見せて「エクスチェンジ」とか言いながらペコペコしてれば何とかなります。



龍山寺へ。
門前の公園はおじさんたちの集い、といった感じでみんな新聞を読んだり将棋をうったり、食事をしたりで、仲良く談笑してます。

DSCN2012.jpg

門に巨大な電光掲示。「歓迎光臨」の文字がチカチカして、さらにウェブアドレス表示。この発想はなかった。
中に入ると、7本の長い線香がもらえます。

DSCN2025.jpg

1本は手前、もう1本は本堂の前で。残り5本は、本堂裏に5つ並んだ香炉にお供えしてください。
で、住所、氏名、生年月日、職業をぶつぶつ自己紹介しつつお祈りすると良いそうです。
(現地の親切な人が教えてくれた)

●龍山寺
Takaki 8分前更新
台北市広州街211号
6:30〜22:30



元祖福州胡椒餅を食す。
龍山寺横の路地裏にある。パイ生地の肉まんといった感じ。おいしいです。

DSCN2016.jpg

DSCN2014.jpg

●福州元祖胡椒餅
108台灣台北市萬華區和平西路三段89巷2弄5號
02-2308-3075
9:30-19:00
http://www.tabitabi-taipei.com/topics/20090128/shop02.html



西門街へ移動。
小洛洛鞋坊。女性向けのサンダル屋さん。
店内に入ると、おじいさんが中央奥に腕組みして無言で睨みをきかせています。それでおばあさんが愛想良く接客。
夫がいい品を作り、妻がそれを気持ちよく売る。
自営業の必勝パターンですね。
ただし妻がやる気を失うと崩壊します(以前書いたイタリアンレストランがこのパターン)。

DSCN2034.jpg

妻いわく「軽くて歩きやすい」そうです。

CA392153.jpg

●小格格鞋坊
108台灣台北市萬華區西寧南路96號
02-2370-9063
eb-shoes.com.tw

そういえばこの店に向かう途中、「青少年純潔協会」というのがあって、「拒絶色情 珍愛生命」とか書いてあったのが面白かったです。
また張り紙で「女性アルバイト募集」なのだと思うんですが、「女性工作人員」と書いてあってドキッとしました。



于記杏仁豆腐(ユィジーシンレンドォフゥ)。
杏仁豆腐の店。仙草ゼリー入りということで、甘いのに薬草の味がする。
不思議な旨さ。

DSCN2038.jpg

30度近い暑さでぐったりしてきたので、クールダウンと糖分補給のちょうどいい休憩になりました。

DSCN2037.jpg

●于記杏仁豆腐
100台灣台北市中正區衡陽路101號
02-2370-1998



冨覇王(フーバーワン)で昼食。

DSCN2040.jpg

入口のレジカウンターで注文票をもらい、その場で書く。書いて店員に渡したら、席まで案内してくれます。
お箸が巨大つまようじみたい。
まわりを見ると、誰も茶碗を持っていない(口をテーブルにすりつけるようにしてでも持たない)ので、合わせてみるかと左手を使わずに食べるが、どうしても茶碗が持ちたい。
もう知るか俺は日本人だと茶碗を持って食べ始めたら、周囲でも茶碗を持って食べてる地元民が目に入り出す。
人間の目というのは、不確かなものですなあ。

DSCN2041.jpg

DSCN2039.jpg

●冨覇王
台北市南京東路二段115巷20号
(02)2507-1918
11:30〜20:00
http://www.taipeinavi.com/food/315/



■一気に買い物

台湾といえば「からすみ(ボラの卵巣の塩漬け)」が有名です。
日本で買うと滅茶苦茶高い高級食材ですが、台湾で買うと安い。
もちろん日本で買ったことなどありません。

永久號。
親切、丁寧、清潔な感がある。こういうのが日本人のハートをつかむ(別につかみたくないかもしれないが)のですね。

DSCN2046.jpg

↑右側の、赤提灯みたいなのが目印です。

DSCN2045.jpg

ちなみにからすみを買うときは、すかして見て透明感のあるもの、そして真空パックの端っこに油がにじんでいるものがいいんだそうです。

DSCN2044.jpg

●永久號烏魚子專賣店
台北市延平北路2段36巷10号
02-2555-7581 02-2555-5481
8:00〜18:00
http://www.tabitabi-taipei.com/more/2009/0414/index.html



他に行った乾物店から、いくつか。

伍中食品廠股公司
益興参薬行
●金昌堂
漢誠堂

妻が干しエビだの貝柱だのドライマンゴーだのと、ハイテンションになって買ってました。
その後ろを背後霊のごとくついていく私。
バーゲン時期、デパートの女性服売り場に行くと、端々でぐったりしている男性陣を見ますよね。ああいう感じ。

CA392090.jpg

これが「杜仲」。杜仲茶なんかで使われる、中国原産の落葉高木。
杜仲茶は葉を煎じたもので、こちらは樹皮。漢方薬の原料です。


CA392091.jpg

このあたりは迪化街(ディーホァジエ)といって戦前の古い建物が残っている地区です。
妻としては「私は買い物を楽しんでるから、あんたは町並みを楽しんでおれ」ということだったようですが、とにかくべらぼうに暑いために、私の視線は建物の日陰にしか向いてません。

グダグダに疲れてきたのでセブンイレブンに入り、ポカリスエット買ってカウンターに座って休憩。
「あれ? 日本のセブンイレブンと同じ店内臭が……」。

CA392092.jpg

正体はおでん。



中正紀年堂へ。ここは観光らしい観光。

DSCN2053.jpg

DSCN2060.jpg

DSCN2063.jpg

天安門広場とリンカーンメモリアルを足したような場所。
台北は全てこじんまりとまとまっているため、その感覚で歩くと広すぎて疲れました。
ちなみに3枚目の写真、左階段中央あたりで両手を広げて元気玉を集めている青年が私です。



小籠包の食べ比べ。
まず杭州小籠湯包(ハンジョウシャオロンタンパオ)へ。中正紀年堂の裏にあります。

DSCN2071.jpg

タレは店の中央に醤油、酢、ショウガやらが置いてあるので、自分で適当に作る。
横の棚には小皿料理。
これは日本の定食屋と一緒で、好きなのを取るとその分、料金が加算される。

DSCN2069.jpg

DSCN2070.jpg

本店と支店がすぐ近くにあるが、本店はほぼ露店。
支店は成功して作ったものなので空調があります(「少しまし」程度だが)。
行った時間が西日最強の時刻で、熱々の小籠包を食べると暑さと熱さでおかしくなりそうだったため支店へ。
かにみそ入りが美味しかったです。

●杭州小籠湯包
11:30〜21:30
106台灣台北市大安區杭州南路二段17號
02-2393-5875
http://www.taipeinavi.com/food/376/



そして次が鼎泰豊(ティンタイフォン)。
台湾で小籠包といえば、とりあえず鼎泰豊、何はともあれ鼎泰豊でしょう。

DSCN2072.jpg

DSCN2076.jpg

鼎泰豊しか食べなければ何も思わなかったと思いますが、正直言って杭州の方が美味しかったです。
その上、値段は杭州が半額。
ただし快適に、安心して食べられるのは鼎泰豊。

ひとつ気になったのが、壁にかけられていた数枚の書画。
山水画なんですけど、わざわざそれ用の照明があてられている。
これがその、どう見ても、あまりにも……。
たぶん私の目がおかしいんだろうと思いますが。社長の作品なのかな。

●鼎泰豐
月曜〜金曜10:00〜21:00 土日、祝日09:00〜21:00
106台灣台北市大安區信義路二段194號
02-2321-8928
http://www.taipeinavi.com/food/19/



永康15(ヨンカンシーウー)。元アイスモンスター。

DSCN2080.jpg

あまりに混んでるので、もういいや。

●永康15(旧:Ice Monster)
台北市大安区永康街15号
平日11:00〜23:30、休日10:30〜24:00
旧正月の1週間は休み
http://www.taipeinavi.com/food/95/



台北101へ。
でかいので遠近感が狂う。近くにあるようで遠い。タクシーで行きました。
そしたら運転手がずっと携帯電話でしゃべりまくるわ、大音量で歌謡曲かけるわ、おかしを食べて窓からガラをプッと吐き出すわで、わざわざ金払って運ちゃんのドライブに付き合わされてんじゃねえんだから。

DSCN2084.jpg

台北101の中は普通。日本の商業ビルと変わらない。フランツもありました。
地下のフードコートへ。
日本のそれとは違って、なんだかすごく面白い。みんな何か不思議なものを食べている、という感じ。

↓こんなの、日本のフードコートには絶対ない。

DSCN2089.jpg

永康15で食べそこねたマンゴーかき氷食べました。

DSCN2088.jpg

DSCN2085.jpg

100元(300円弱)で巨大。

●台北101
台北市信義区市府路45号
(02)8101‐7777(代表)
B1〜3F:(日〜木)11:00〜21:30、(金土祝前)11:00〜22:00
http://www.taipeinavi.com/shop/126/

●漢爾斯果汁
http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/200904/taipei101_03.html



 旅行のサマリー
 初日
2日め
 3日め(午前)
 3日め(午後)
 残りもの
タグ:diary travel
posted by tk219 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。