2010年06月27日

鬼のようにおろす

以前、東京の代官山で「鬼おろし」を買ったと書いたんですが。

CA391415.jpg


木と竹で作った『鬼おろし』
昔から「鬼おろし」と呼ばれています。
(鬼の歯のように…。)
<水っぽくない!>
程良い粗さで水っぽくないため、旨みや栄養分を逃しません。
素材本来の旨みをご堪能あれ。
<ラクラク簡単!>
あまり力を入れずに軽くシャッシャッとおろして下さい。慣れてくれば、あっという間におろせます!
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/take-fujikura.com/g/OS0104/index.shtml


……という感じの代物です。
(上記の文章は説明として引用しただけであって、購入した鬼おろしとは全く別物です)

私が買ったものは、土台が一枚の木で、竹を削った歯を埋め込んだ構造になっています。
これで実際に大根をするとどうなるんか。

CA392050.jpg

おろします。

よく「力はいれなくていい」なんて書いてますが、それは普通のおろし器との比較で言ってるのであって、本当に力を入れなくていいわけではない。
それなりにぐいぐいやります。

普通のおろし器とは持ち方が異なるので、慣れるまでに一度は「歯に指がひっかかりそうになってヒヤっとする」か「ひっかかってギャアアアア」かになるでしょう。

CA392052.jpg

おろしました。

これ、お皿に直で大根をおろしたそのまんまであって、絞ったり水分を捨てたりしてません。
大根が元々もってる水分を保持したまま、おろされた状態になっています。
タグ:diary cook
posted by tk219 at 08:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、これいいですねぇ。
本当にびしゃーとなってない。
歯も本物の歯みたいで怖いというか格好いいというか。
Posted by ひゅう at 2010年06月29日 00:48
格好いいでしょう。使ってない時でも、見ていてほれぼれします。
でも本当に危ないので、あんまりギリギリまではおろせないのが惜しいところ。
Posted by tk at 2010年07月05日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。