2010年06月10日

フォント見本(1)

10年ほど前に某社に勤務していた頃、ヒマだった時に自分用に作った、


Windowsフォント見本帳です。


当時私は Photoshop や Illustrator、QuarkXpress、PageMaker、InDesign、Facilis などを扱う部署(要するにDTP)にいたんですが、普通はそれをMacOS上で走らせるのですね。

ところがそれをWindows上でも扱えるようにしろというお達しがあり、四苦八苦した記憶があります。とにかくノウハウがなかったもんで。

「扱える」というのは、単に操作できるという意味じゃないですよ。0.1mm単位で誤差を吸収し、プロとして成立するところまで持っていくという意味です。Macの方は10年単位で全社的に積み重なった方法論があるんですが、Windowsにはそれがない。当時はまだ、ようやくWindowsが使われ始め……た?というくらいの頃でした。そのためトラブルがあっても誰にも聞けず、ひとりで試行錯誤しながら、そっとビルを出て外壁を殴ってイライラを発散したりする日々でした。


たぶん(2)以降に続きます。



ARPOP体B

08_01.jpg


AR勘亭流H

08_02.jpg


AR丸ゴシック体H

08_03.jpg


AR行楷書体H

08_04.jpg


AR黒丸POP体H

08_05.jpg


AR隷書体M

08_06.jpg


AR楷書体M

08_07.jpg


Arial Unicode MS

08_08.jpg


CRC&Gブーケ

08_09.jpg


CRC&G半古印

08_10.jpg


CRC&G流麗行書体

08_11.jpg


FCかな くるりん

08_12.jpg


FCかな ころりん

08_13.jpg


FCかな ちびちび

08_14.jpg


FCかな でこぼこ

08_15.jpg


FCかな書体01

08_16.jpg


FCかな書体02

08_17.jpg

タグ:diary font
posted by tk219 at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。