2009年11月23日

住所録:リストの表示について

※Complete System version 1.02a以降用

住所録を開くと、以下のような画面になります。
各項目名の部分(氏名、カテゴリー1、カテゴリー2,所属、役職、作成日)はボタンになっていて、クリックするとその項目でソートします。
またソート中のボタンは黄緑色で色分けされます。

address_list.jpg



画面下部に注目。
このような細長いボタンがあります。
矢印ボタンはそれぞれ「最初」「前」「次」「最後」のレコードへ移動します。
中央の数字は、(現在対象になっているレコード/総レコード数)を表します。
そのまた右の格子状のボタンと、マス目状のボタンについては後述します。

address_list2.jpg



五十音の項目は、クリックするとその音で始まる氏名を抽出します。
画面では「お」をクリックしており、「お」が赤枠で囲まれて強調表示されています。

address_list3.jpg



画面上部と画面下部を抜き出したもの。
上部では「お」が強調され、下部では(全部で1876レコード中、「お」で始まる氏名は130レコードである)ことを表示しています。

address_list4.jpg



それでは、右の格子状ボタンと、マス目状ボタンに注目してください。

address_list5.jpg



マス目状ボタンをクリックすると、以下のような画面に切り替わります。
表形式です。

address_list6.jpg



項目「expt」のチェックを入れたレコードを、エクセル形式で一括にエクスポートすることができます。
またボタンは左から
・全レコードを表示
・レコードを検索
・表示中のレコード全ての「expt」にチェックを入れる
・表示中のレコード全ての「expt」のチェックを外す
というものです。

address_list7.jpg



画面右上にある「export to excel」をクリックすると、エクセル形式でエクスポートします。
以下はそのファイルをExcelで開いたところ。

address_list8_excel.jpg



元の画面に戻るには、先ほどのマス目状ボタンの左にある、格子状のボタンをクリックします。

address_list9.jpg


posted by tk219 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。