2009年11月21日

美青年を見た

迷惑かかるかもしれんので、名前は書けないんだけれども。

東京からの帰り、スカイマークに乗ったんですよ。羽田ー神戸。
そしたらキャビンアテンダントっつーの? 客室乗務員だわな。

席に座って出発まだかなーなんて思ってたら、ひとりの男性の客室乗務員が歩いてきたんさね。
で、「んん??」と思ってよく見ると、めちゃめちゃきれいな顔してるわけ。
あまりにもきれいなので凝視すると、フルメイクだってことに気付いたんさ。
きちんとファンデーション塗って、眉もキレーに描いてある。
髪はロング気味なのをさらりと後ろに流してある。

へーと思ってたんだけども、なんとも妖しい魅力を感じちゃって、もう目を離せないわけ。
ガクトがさらに細身になった感じ、といえばイメージしやすいかな。
そんな人がブランケットもって、いかがですか、なんて丁寧な物腰で歩いている。

俺、お目見えにやってきた慶次にほれぼれする秀吉(花の慶次の話です)みたいな顔になっちゃって、思わず「ほ、ほしい……わが家臣に……」ってつぶやきそうになってしまった。

だから普段なら救命道具の使い方なんて「あーはいはい」なんて感じなのに、この日に限ってはガン見。
男に見とれるなんて……お、おれ……とか思いながら見てた。

いやー、いいもん見たわ。
スカイマークはいい会社だね!


タグ:diary
posted by tk219 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。