2009年11月17日

調べ物

今日は調べ物の一日でした。
歴史的に見た、日本と世界の人口推移。

人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1150.html

世界人口の推移と推計:紀元前〜2050年
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Data/Popular/01-08.htm

晴耕雨読−ある社会学者の日常: 速水融 『歴史人口学で見た日本』
http://koharakazuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_e38f.html

速水融「歴史人口学を通じてみた江戸時代」 - 井出草平の研究ノート
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20061117/1163786260

最近「少子高齢化」という話をよく聞きますが、日本の人口は明治維新以後の140 年で4倍にふくれあがったんだそうな。昭和初年からの75 年で数えると2倍になった。
で、日本の人口規模は今がピーク。
これからの100 年で半減し、昭和初期の水準まで戻ると。
2050年には、60才以上の人間が日本人の40パーセントを占める。
そして2100年には、日本の人口は6000万人ちょいになる。

これは出生数が増えても一緒で、人口減少自体を止めることはほとんど不可能とのこと。なぜかっつーとすでに高齢化が進んでるせいで、死亡者数が高止まりするから。
また出生率が置換え水準に回復する人口学的材料は、ひとつもないという話もあった。

ちなみに2050年の世界はというと、インドが中国を抜き20億人になるかも。
世界人口は92億人。

日本は本気で移民のことを考えないと、絶滅するかもしれないな。


091117_pdf.jpg

上の話と関係ないけど、資料はファイルメーカーで管理。


タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。