2009年11月05日

天ぷらを食べたら、イノシシがいた

お昼は、なんば「こめじるし」にある天ぷら屋「大吉」に行ってきました。

本店は堺の港にあって、深夜1時開店〜早朝9時くらいまでという営業形態だったため、普通に暮らしていたのではいけないお店でした。
僕も大学1回生の頃にに一度行ったきりです。

注文したのは魚ランチ。1000円。大海老というのが本当に大きい。
衣はさっくり、中身はむっちりで美味しい。

CA391210.jpg

天つゆにドバッと大根おろしが入っているのも嬉しいところ。


で、天ぷらを食しますと、なつかしさがこみあげてくる。
空腹とノスタルジーに勝る調味料はないでしょう。
この時は両方そなえた状態だったわけで、これは至福と言
わざるをえない。

家の近所にも、「天楽」や「天がゆ」といった店があります。
たとえば今日の「大吉」と「天楽」のどっちが美味いかと聞かれたら、
これは「天楽」と答えます。値段も全然違うけど。

でも食べた瞬間の「うまいもん食ったぜ!」という喜びは「大吉」の方が上だったかもしれない。ノスタルジーを差し引いても。


ちなみに「天楽」は衣が軽くて、食べても油やけしません。大人の天ぷらです。
「天がゆ」はもうちょっとこってりしてます。
「大吉」は荒々しい海の男って感じ。どれも美味しいです。


散歩してたら、川にイノシシがいました。

CA391199.jpg

えさくれるのけ?みたいな顔でこっちを見ている。


タグ:diary cook
posted by tk219 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。