2009年11月02日

蓬莱学園の復活!!

本棚を整理していたら、こんなのが出てきました。
RPGマガジン1991年6月号。ちょっとレアものかなと思いました。

091101_rpgmagazine.jpg

091101_hourai.jpg
--------------------------------------
「蓬莱学園の復活!!」
竹内誠 監修:柳川房彦 イラストレーション:富士宏

(前略)
蓬莱学園では、4月上旬から5月上旬にかけて体育祭の真っ最中である。競技の一部を紹介するなら、いっさいの照明を使用せず真暗闇の中で行われる深夜騎馬戦、実弾と実銃を使用する海上模擬戦、腕に自信のある者たちが競う真剣試合など、ほとんどが死傷者の続出する過激な青春の暴走行為である。
今回の事前プレイは、その中でも比較的おとなしい競技のひとつ、「学園環状線つな引き」開催の一週間前から始まる。
このつな引き、全長25kmというロープを一度に12クラスが引っ張り合うというものだ。前年はロープが切断されてしまったため、勝敗が決まらなかった。しかし今年は、式典実行委員会によってロープがケプラー製に強化されて、切断のおそれはほとんどなくなった。
この競技では、自分のエリアにもっとも長くロープをたぐりよせたクラスが勝利する。しかしながら、ただロープを引っ張るだけが勝利の方法ではない。敵チームに対して攻撃をすることが許されているのだ。攻撃の方法にほとんどルールはなく、素手による殴り込み、車での激突、時限爆弾、暴れ馬の乱入などさまざまである。むしろロープを引っ張るよりも、ライバルを攻撃することによって勝敗が決すると言っても過言ではない。……
--------------------------------------

イラストを描かれている富士宏氏は、ナムコの「ワルキューレ」シリーズでも有名です。

ついでに思い出したところでは、臨時講師採用試験だったか期末試験だったかで、
「1・1・9・9の4つの数字を使って、加減乗除で10にせよ」
ってのがありました。
ところが全く答えが思い出せない。腹が立ってきて元資料をひっくりかえしました。

すると他にもこんな問題が。
「1ケタの自然数3つを使って、つくれる最大の自然数はどのような数か。ただし四則演算(+ー×÷)はそれぞれ一度まで使ってよい」

答えは「9の9乗の9乗」。=3億8742万0489桁の数
四則演算を一度も使わないのがポイントです。

ちなみにグランドマスターの柳川房彦氏は、現在は小説家・新城カズマとして活躍されています。
とりあえずこのあたりが蓬莱テイストも感じられておすすめです。

『星の、バベル』(上下巻)
 
新城 カズマ ¥ 714
間違いなく新城カズマの最高傑作
衒学趣味の功罪


『サマー/タイム/トラベラー』(上下巻、第37回星雲賞日本長編部門受賞)
新城 カズマ, 鶴田 謙二 ¥ 693
ちょっともったいない。
不安感をあおる……
ああ、面白かった。
ノスタルジックな物語り
人を選ぶかも


ついでに、本棚からこんなものも発掘しました。

ネットゲーム91「那由他の果てに -Over The Nayuta-」
091101_nayuta.jpg


タグ:diary
posted by tk219 at 12:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | なつかしの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新城カズマって蓬莱学園のグランドマスターだったんですか。
へぇー。知識の豊富さにちょっと納得。
で、9月に新刊出し始めたそうなのを先程知りました。読みたい。

「那由多の果てに」はあれかな、マネーゲームでのし上がる話なのかな……。
Posted by ひゅう at 2009年11月04日 02:01
15×24でしたっけ。超久しぶりにライトノベルに手を出すか……。

「那由多の果てに」は、当時資料をもらっただけで内容は知らないんですよ。時空がどうこう言ってたような。少なくともマネーゲームではない!
Posted by TK at 2009年11月05日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。