2009年11月13日

高いが高くない食事

以下、単なる愚痴です。

------------------------
お昼、梅田の某レストランに、初めて行った。
ランチ2600円。大阪では高い方。

それにしても大阪梅田に来てしみじみと、
「自分が住んでる神戸って、身近にお安く美味しいものが揃ってたんだ」
と感じてしまった。

事前に、レビューしてるブログなんかを調べると、「パンが美味しかった」なんて書いてある。
別にまずくはなかったが、さりとて特筆するほどでもない。

神戸だったら、自転車で買いに行けてしまうもんなー。
ビゴの店とかフロイン堂とか。
銀座にビゴの店ができてすごい行列できた、なんて話があったが、神戸人にとっては「近所のパン屋」。
マカロン8個で1200円もとるんじゃねえよ、って怒られちゃうレベル。
ちなみにアンテノールアンリ・シャルパンティエケーニヒスクローネダニエルレオニダスモンロワールというのも、自転車で買いに行ける範囲のいいお店。

(関係ない話だが、神戸の旧居留地の方に行くと、「メインは激マズだがパンはやたら美味しい」というカフェがある)

メインは美味しかった。
これはもう丁寧なプロの仕事であって、文句なく美味しいと言える。

ところが食後の紅茶が、これまたすさまじい。
葉が少ない上に、注ぐのが早すぎる。レモンが変に効いてて、トイレみたいな味がする。
うそでしょってレベルであって、これでおまえサービス料10%って、どんなサービスだと。

梅田なんだったら、もうおまえの店の紅茶は、ムジカから出前を取れと怒りたくなってしまった。

結局もうひとくちも喉を通らないので、一緒に行った嫁のコーヒーを飲ませてもらった。
今度は粉っぽい。ひとくち飲んだだけで喉をせりあがってくる。
コーヒーのことはよく分からないが、「まずい」という判別くらいはできる。

しかし。
これは、私が悪いんだと思い直した。
この気持ちは、「2600円+サービス料を出して、どうしてこれなんだ」というところから発している。
そこが間違い。

思うにあれは、「お金持ちの居酒屋」なのだ(ランチだけど)。
和民とか甘太郎とか笑笑とか。
特別美味しくはないが、安い。値段を気にせず楽しめる。

マクドナルドの100円コーヒーを飲んで文句を言う人がいるだろうか。
「100円でこの味なら十分。よくがんばった」
という人が多いはずだ。

それと同じで、たぶん1万円札燃やして「どうだ、あかるくなつたろう」なんて言ってるお金持ちが行く店なんだな。きっと。

narikin.jpg
↑こんな人。

「2600円なら、こんなもんだろ」
と言える人が行くべき店。
それを「高い」なんて言ってるような貧乏人は、行ってはいかんのだ。








でもまあ、そんなにひどい店じゃなかったんだろう。たぶん。
要は最後に出てきた紅茶とコーヒーがとんでもなかっただけです。
夢でも見ていたのだろう。


タグ:diary
posted by tk219 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。