2009年08月27日

ダイエーのモッくん

mokuyou.gif

最近、木曜日に関西のダイエーに行くと「木曜の市」というのをやってます。
で、そのキャラクターが「モッくん」。
おすすめ商品には彼のステッカーが貼られているので、「店内で僕を探してね!」というわけです。

mokkun.jpg

僕はダイエーでこれを企画して完成させたやつを「すばらしい職人」と思っていて、
なぜかというと、コンセプト、キャラクターデザイン、テーマ音楽のどれもが非常に完成度の高い「明るさ」を持っているからです。

ここ数年ダイエーの店内は妙な暗さがありました。
それは照明が暗いとかいう話じゃなく、何か疲れ切ってるというか、「どうせダメでしょ、私ら」みたいなネガティブなオーラが充満してたわけです(個人的に)。

各コーナーでオリジナル曲を流してたりするんだけど、変な場末感があったりした。
素人がDTMで勢いで作ったような、めちゃくちゃな展開のメロディだったりして。

ところが、あくまでも個人的印象にすぎないのだけれど、この「木曜の市」が始まってから、ダイエーの店内空気は明らかに変わりました。
この「モッくん」の明るさはある意味古くさいところがあるんですが、でもそれは非常に安定しているという意味でもあります。安心できるというのかな。
「木曜の市」が始まって1年は経ってないかもしれないが、半年以上は絶対経ってる。でも「またこれか」みたいな感じはなく、やっぱり何かうきうきした明るさがあります。

たとえば「男前豆腐」のような奇抜さはないけど、意図したイメージを過不足なく作り上げているような。
だから「職人」という言葉を思い浮かべたというわけです。

ちなみに木曜日はずっとこの「モッくん」のテーマ曲が流れていますが、これがすごくいい。
明るく上昇していくイメージで、ちょっとひねってるのにイラッとくる引っかかりはなくて、かわいいのに子供っぽくない。

ここで聞けます。
http://www.daiei.co.jp/topics/mokkun/mokkun.html

(ただし、↑で聞ける「ダイエー・モッくんの歌」はなぜか実際に店内に流れてるのとは、ところどころ違います。店内バージョンの方がいいです)

木曜日は(モクモク)
僕に任せて(モクモク)
いい物いっぱい(モクモク)
木曜もっくん木曜の市
朝と夕方 僕に会いにきて

モクモクモッくん木曜の市 メガホン持って あなたを応援
モクモクモッくん木曜の市 木曜日は僕に 会いにきて〜


タグ:diary
posted by tk219 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。