2009年03月31日

ひつまぶし、人形、モンブラン

先日、愛知の方に行った際、夜はひつまぶしを食べました。
大観亭という店から出前を取りまして、大きなおかもちで持ってきてくれました。
そこにうなぎとごはんの入ったおひつ、薬味、だしなどが入っています。
実に片付けにくそうなおかもちで、その非合理的なところが実に老舗、という風情です。

090331_daikan1.jpg

全部出すとこんな感じ。店で食べるのと同じ状態になります。
一膳目は普通に食べて、二膳目は薬味を載せて、三膳目はだしをかけて、などと言いますが、食べたいように食べたらいいです。
このひつまぶしといい、天むすといい、ミソカツといい、名古屋モノは欲望に忠実というか、「美味しいものと美味しいものを、くっつけてみたらミラクルだった」みたいなところがいいですね。

090331_daikan2.jpg

先週金曜日は、いろいろ資料収集のため神戸大学へ。
帰りに六甲のアンファン・シャントゥールでケーキを買いました。
「アンファン・テリブル」が「恐るべき子供たち」で、男のポピュラー歌手が「シャントゥール」なんて言うので、合わせて「男の子」みたいな意味なんじゃないですかね。
歌手はどこ行った?知らんけど。

ここのモンブランは、「あの栗がたっぷり入った」と説明されていて、「あの」って何なんだよ……とずっと気になっていたんですね。
で、特にどの栗ということもないようです。美味しかったですが。

090331_enfan.jpg

土曜の昼は、大阪デザイナー専門学校の講師連絡会に行ってました。
夕方、人と会う用事があって、初めてブリーゼブリーゼへ。
エントランスに巨大な木人拳が。

090331_breeze.jpg

一昨日、昨日、今日はインドアで仕事しかしてないので、書くことがありません。


タグ:diary
posted by tk219 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。