2009年03月27日

リターンキーでスクリプト実行

例えば、↓こういう検索フィールドを作った場合、検索を実行するにはフィールド左のボタン(虫眼鏡アイコン)をクリックする必要があります。

090326_fmp_search1.jpg

するとキーボードで語句を打ってマウスでボタンをクリックして、という面倒さがあります。
そこで、レイアウトモードで検索フィールドを右クリックして、フィールド動作の設定ダイアログを出します。

090326_fmp_search2.jpg

↑のように、「次のオブジェクトへの移動に使用するキー」をリターンキーでセットします。
次に、タブ順設定。

↓では、わかりやすく、検索フィールドをボタンをレイアウト外に移動させました。
また検索ボタンと虫眼鏡アイコンを上下に分離しています。

で、タブ順設定としては、「検索フィールド」→「検索ボタン」の順番にします。

090326_fmp_search3.jpg

これで、設定修了。

090326_fmp_search4.jpg

検索フィールドに語句を入力してリターンキーを押すと、↑のように、ボタンに移動します。
そこでもう一度リターンキーを押すと検索スクリプトが実行されます。

つまり、「語句入力 → リターンキー連打」 で検索実行となったというわけです。


タグ:filemaker
posted by tk219 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。