2008年11月08日

CompleteSystemスクリーンショット(カレンダー部分)

ver.0.94以降用です(現時点では未配布)。


■カレンダー(月表示)


months.jpg


6週間表示になりました。また表示速度が大幅にアップしています。

なぜかと言いますと、

以前:カレンダーテーブルに全ての日数レコードを保持。それと予定テーブルを照合。

今回:カレンダーテーブルは6週間分のみ保持。予定テーブルに合わせて随時書き換える。

という変更をしたためです。

つまり、例えば「2008年11月」を表示するには、


以前:「2000年1月1日」から「2010年12月31日」までの全レコードを持つカレンダーテーブルを用意し、その中から土曜日が「2008年11月」を検索、その1レコード目から5〜6週間を抽出して表示。


としていたものを、

今回:「2008年11月1日」の来る週の1日目(10月27日)を設定し、「+6日」で1週間を計算、さらに「×5週間」で1ヶ月間を自動表示。


としたわけです。


yotei.jpg


それぞれの予定をクリックすると、別ウィンドウで表示されます。


■複数日予定


month_ms.jpg


■週表示


weeks.jpg


■日表示


days.jpg


■年表示


years.jpg


■予定表示


appoints.jpg


posted by tk219 at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。