2008年10月02日

16ギガのUSBメモリ買った

こないだ書店で日経PC21を立ち読みしてたら、「USBメモリーを万能ツールに!」という記事がありました。

普段日経の雑誌なんて読まないんですが、30分くらい待ち時間をもてあましてて、ほんとたまたまといった感じで。


私は今、自宅と仕事場にそれぞれPCがあります。でもデータの同期がめんどくさくて、結局自宅のノートPCを仕事場にもっていって使っており、その背後で仕事場のPCが所在なさげにたたずんでいるという次第で、何とかしたいな、でも解決法を調べるのもめんどくさいし、というように思っておりました。


そしたらなんだ、こういう雑誌があって、こういう便利な記事があったのか、これはいいじゃないかと。

で、内容はすぐ頭に入ったんですが、編集の労をねぎらう意味で購入したわけです。


要は大容量で高速なUSBメモリーに、ポータブルなソフトウェアと自分のデータも入れたら、どのPCでも自分環境で作業できていいだろ?ということです。


すぐに16ギガのUSBメモリーを購入。グリーンハウスのやつで、6000円。




こんなに安くなってたのか。びっくり。

今のところインストールしたソフトは、


Portable StartMenu(ランチャー)



Allway Sync'n'Go(データ同期)



Foxit Reader(PDFリーダー)



OpenOffice.org Portable(Microsoft Office互換)



Komposer(HTML編集)



Portable Firefox(インターネットブラウザ)



です。

これでもう、仕事場にPC持ってかなくてよくなるわけだ。


だからといって、日常的にUSBメモリーのデータで仕事しようというのは、まだちょっと、いきなりデータが飛びそうで怖い。


ですから基本的に、作業始めと作業終わり(つまりパソコンの電源入れたときと、切るとき)でデータを同期する、という使い方をしようと思ってます。


タグ:diary computer
posted by tk219 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。