2011年08月02日

7月に観た映画まとめ

先月から毎日1本ずつ、ちまちまfacebookの方で書いてます。
で、その最初の7月分は以下。

ペルシャ猫を誰も知らない

LINK
イランの若者たちを描く青春群像劇。ちゃんと物語はありますが、​ほとんどドキュメンタリーのような映画。片田舎で純真な少年が、​みたいな「よくある中東映画」とは違います。
西洋音楽が厳しく規制されているイランでは、ロックは純粋に「俺​たちには叫びたいことがあるんだ!」というメッセージを表現する​手段。けれど許認可や検閲の壁があって、本当に言いたいことが表​現できない。
西洋化には当然キリスト教の浸透がついてくる以上、イラン政府の​やり方を一概には責められません。しかし自由を求め、やりたいこ​とに向かって疾走する若者たちの日常、そして現実は、それを映し​出すだけで充分すぎるほどドラマチックだし、その姿はまさに「ロ​ック」。
やってることは違っても、幕末日本や革命前のトルコ、壁が崩壊す​る直前の東ドイツ、そういう「何かが胎動している、もうすぐこの​日常が全て変わる」世界とはこういう感じかもと思いました。
ただラストシーンはびっくりします。あまりの展開に。

リミット
LINK
イラクに派遣されたアメリカ人トラック運転手が突然襲われ、気づ​いたら土中の棺に監禁。さあどうする?というお話。登場人物は1​名。あとはライターと携帯電話だけ。95分間、主人公はひたすら​電話をかけまくります。
政府はチンタラしてるし、会社は法律を盾にしてくるし、友人は買​い物に行っちゃうし、奥さんは留守番電話でどいつもこいつもイラ​イラさせてくれます。ただし主人公の行動は理解できます。ありが​ちな「突っ込みどころ満載のお馬鹿な行動」はありません。そこは​いいところ。しかしラストがひどい。さすがヨーロッパ映画。
よくもまあ、棺の中だけ、登場人物1名だけで90分超も飽きさせ​ず、時間をもたせたなというところは偉いと思いますし、最後に観​客を悩ませる謎を投げつけてきて、「もしかして、面白かったのか​も」と後を引くように仕向けてくるあたり、実にテクニカルだとは​思いますが、純粋なエンタテイメントじゃないです。社会諷刺とい​うべきか。

ピンク・フラミンゴ
LINK
いわゆる「世界一下品な悪趣味映画」。ノーカット版で観ました(全然​嬉しくない)。
世界一下劣な家族と、その名声を妬む下劣夫婦による下劣な戦い。​これが本当に最低で最悪で、汚く、気持ち悪く、意味が判らないバ​トルに仕上がっています。
同じ悪趣味映画でも「ソドムの市」だと、下品さがある程度物語上​の意味がありますが、こちらは本当に訳が分からない。真剣に「何​やっとんじゃ?」と思うシーンがいくつもありました。
ただ全編に渡ってシーンがものすごい長回しで撮られているため、​こんな下らないことを大真面目にやっているという事実はひしひし​と感じさせられます。役者陣はさぞセリフ覚えに苦労したことでし​ょう。○○ダンスの場面では、本気で「いつまでやっとんねん!!​」と叫んでしまいました。
京都みなみ会館のオールナイト上映あたりで、みんなでワイワイ観​るにはいい作品かも。まあ、大半の方には無駄な時間になると思い​ますが、人によっては人生観・価値観が変わるかもしれません。

海角七号
LINK
台湾で記録的大ヒットとなった『海角7号』。台湾最南端の町を舞​台に、日本統治時代の悲恋と、現在の台湾人青年、日本人女性の出​会いを描くお話。
前半の展開は退屈でしんどいですが、台湾の下町や、台湾人の地元​気質みたいなものが見えるのは楽しいです。
で、後半に入ると、前半でぐだぐだやってた伏線をまとめ始めて盛​り上がってきます。ただ随所に変なところがあって冷める。冷める​んだけれども、まあそんなに嫌いじゃありません。
しかし物語が4分の3ほど過ぎたあたりで、60年以上前に日本人​教師の男性が、恋人の台湾人女性にあてたラブレターの一節が読ま​れます。
そこの「君を捨てたんじゃない、泣く泣く手放したんだ」で、冷静​に作品を観るリミッターが外れました。
物語的にではなく、台湾の人がこの物語にこのセリフをなぜ入れて​きたかという意図、映画の背景にあるいろんな歴史や心情に心を揺​り動かされました。もうそれだけ。そういう作品です。

バトル・オブ・シリコンバレー
LINK
映画じゃなくてTVドラマ。邦題は「バトルオブシリコンバレー」​。アップルとマイクロソフトの創業物語。東海岸の秀才ゲイツと、​西海岸のヒッピー・ジョブズの対比が面白い。
2人に共通するのは、起業時はどちらも貧乏なガレージカンパニー​でも、有能な友人がいたこと。IBMを徹底的に敵視するジョブズ​と、IBMをだましてのし上がるゲイツ。やり方が違っても、根本​は同じ。そしてどちらも他人の物を平気で盗む。その様をあっけら​かんと描くのがすごい。
ただこの物語を観て、ジョブズに人間的魅力を感じるのは難しい(​最終製品があってはじめて見方が変わる)。逆にゲイツはすごく魅​力的で好感が持てる。
後のジョブズの演説で「自分で作った会社から追い出されるなんて​、信じられなかった」という一節がありましたが、そりゃ追い出さ​れるわ。他人の踏みにじり方、恨みの買い方が半端じゃない(いろ​んな媒体での証言からして、たぶんどれも実話)。ジョブズは遠く​にありて想ふもの、ですね。

キング・オブ・コメディ
LINK
昔「タクシードライバー」を​観て、いつかこれも観ようと思ったままになってました。
34才コメディアン志望の男が、スターに憧れて執拗につきまとう​。ついにはスターを誘拐して「キング」になろうとするお話。彼が​何度も妄想するのは「芸がウケる」自分よりも、「売れっ子になっ​て世間にちやほやされる」自分。
自宅で母親にうるさいと言われながら、テープに漫談を吹き込む。​それもただネタを吹き込めばいいものを、本物のテレビショー風に​BGMやMCを入れたりする。「このおっさん、完全にイカれとる​な」とは思うが、普通はその「痛い妄想」で終わるところを、この​主人公は「痛い行動」で具体化してしまった。だからその狂気に悲​哀を感じてしまう。主人公がスターに憧れる気持ちが理解できるだ​けに、観ていてつらくなってくる。
そのためラストの「どん底で終わるより、一夜の王でいたい」は泣​いてしまいました(よく泣く私)。やはり観てよかったです。

フローズン・リバー
LINK
主人公はアメリカ・カナダ​国境の1ドルショップで働く二児の母親。夫は金を持ち逃げして失​踪。車を盗まれたことをきっかけに、原住民の居留地と凍りついた​川を使ってアメリカへ不法入国させる手伝いを始めるというお話。
深い雪に包まれた田舎町。しかしそれは銀白の雪原ではなく、雪解​けた泥水のぐちゃぐちゃした、グレーな世界。疲れ切った女のくた​びれたタトゥー。錆びた手製のメリーゴーランド。
出てくる人たちは心底の悪人じゃないにしても、ただ愚かしく、「​たぶんいつまでたっても、この状況から誰も抜け出せないんだろう​な」と思わせる。スタートもゴールもない。地平線の向こうまで何​もかもが曇り空。そこそこ楽しいこともあるけれど、振り子のよう​に必ず不幸がやってくる。そんなもんだよ人生は、と達観するには​あまりに澱みきった世界。そんな物語でした。好みが別れると思い​ますが、面白かったです。

アンストッパブル
LINK
冒頭「実話にインスパイアされて作りまし​た」と字幕が出る。無人列車が暴走しちゃうお話。
人物はデンゼル・ワシントン以外の現場職員が全員バカ。しかもバ​カの自覚がなくて、真剣な顔で偉そうにバカをやるからどうしよう​もないバカだらけ。あっちもバカ、こっちもバカ。本社から車から​線路から上空から、そこらじゅうからバカが大量参戦。バカのミス​で事件開始、バカがそれを加速させ、バカが対処するから解決しな​い。別の場所でもバカがバカやって事態が悪化。
最初の接続作戦、なぜヘリから降ろす? 先頭機関車に乗せときゃ​済んでる話だろうが。ラストの「飛び乗り」も同じ。別の職員にや​らせんかい。この鉄道会社、職員が5人ぐらいしかいないのか?
実話を持ち出してこのバカさ加減ですから、実物も相当なものだっ​たんでしょう。
ただ「止まらない列車」は映画と相性がいい。「人間はバカである​」という悟りさえ開けば楽しめる作品です。

優しい嘘と贈り物
LINK
涙もろさでは定評のある私です​が、この物語の「仕掛け」に気づいたのが始まって45分頃(気づ​くのが遅い)。判ってからは、ラストまでずっと涙腺が壊れっぱな​しでした。これはいわば、純愛ミステリーとでも言いましょうか。​未見の方は、あらすじなど読まずに観てください。
お話のタイプとしては『きみに読む物語』などと似てます。
原題は「Lovely,still」。これがすごくいいだけに、​邦題は惜しい。
恋愛なんて若い時分は燃え上がって当たり前。年老いて枯れきって​なお世界でただひとりを求める、それが真の純愛でしょう。人は常​に他人に求められること、認められることを欲していて、そして純​愛は「君がそこに、ただ存在しているだけで自分は幸せなんだ」と​いうこと。つまり認められること、求められることの究極の姿。だ​から人はそれに憧れる。いいお話でした。

レッドクリフ Part I & II
LINK
これまでNHK人形劇や多くの漫画で日本ナイズ​された三国志に触れすぎてきたせいか、画面がほとんどおっさんで​疲れました。その上、話がチンタラしていて退屈。パート2は面白​いんでしょうか。1回目、寝落ち。2回目、面白くなくて途中で停​める。3回目でやっと最後まで観ました。
途中、孫権が「逆らう奴はこうだ!」と机の端っこをちょびっと切​るシーンで笑いました。もっと豪快に切りましょうよ。
また曹操の側近たちが周瑜を「音曲にかまけていたような奴が、軍​を率いるのか」と侮るシーンがあるんですけど、芸術に卓越してい​た曹操の横でそんなこと言うのかな?
あとラストの九官八卦の陣。個々の戦闘アイデアが、ブラッド・ピ​ット主演の『トロイ』からずいぶん影響を受けてるなーと思いまし​た(女性ひとりをめぐる戦争になっちゃってる所も)。全体的には​ダルい作品でした。

LINK
Part Iと変わらず、どうも緊張感が足りない。
蒋幹がらみのエピソードは、もはやギャグ。なんで周瑜からこっそ​り盗んだ手紙を、その場で音読するんだよ。ホームラン級のバカだ​。その後、曹操が蔡瑁と張允を殺せと命じるも、すぐにだまされた​と気づく、でも振り向いたら処刑済でしたなんてシーンは、笑うな​という方が無理。そもそも周瑜って「君子の戦いだから、汚い真似​はできない!」って言ってなかった?
次に笑ったのが、みんなが周瑜にお団子を分けるシーン。古今東西​、「食べ物を分かち合う」のは結束を高める意味があるわけだ。で​、周瑜は山盛りにさせられたお団子を無理やり一気飲み。すごい(​笑)
作品はやはり全体的に間延びしていて、観ているこちらは眠りそう​になるか、画面にツッコミを入れるかのどちらか。クライマックス​の水上戦闘になった頃には、もうどうでもいい気分でした。

インビクタス/負けざる者たち
LINK
南ア大統領、ネルソン・マンデラが27年間の獄中生活で、どれだ​けの「大戦略」を練ってきたか、それを個々の戦術にどう反映させ​たかが判る作品。個人的は、これまで様々な「戦略家」を間近に見てきたせいか、マンデラの一​貫した「人たらし」たる言動とその意味が「ああ、わかるわかる」​の連続でした。
作品としては見事な対比構造。オープニング、一方は綺麗な芝生で​白人の子供たちがラグビー、道路を挟んだ一方は荒れ地で黒人の子​供たちがサッカーをしていて、そのど真ん中をマンデラが駆け抜け​てゆく。作品のモチーフ、そして後に語られるテーマの前提を完璧​に表現してました。上空からの視点が多用されているのも印象的で​、これまた作品のテーマに通じる。イーストウッドはマジで神がか​ってますね。

ランボー/最後の戦場
LINK
なんだか全編、猪木の「バカヤローッ」が聞こえてく​るような作品でした。
途中、ランボーが森の中を激走するシーンがあって、ただ走ってる​だけなのに「すげえ……」と思ってしまうのは、やはり僕がスタロ​ーン好きだからでしょうか。『ロッキー・ザ・ファイナル』はすご​く丁寧に作ってる感じがしましたが、こちらはあえて乱暴(洒落じ​ゃない)に作ってるような。お話は単純で、ぶちかましてあっさり​終わります。ほんと「バカヤローッ」っていう感じ。
ファンじゃない人には、つまらない作品かもしれないです。そんな​人は、最初から観ないか。

しあわせの雨傘
LINK
雨傘会社の社長夫人(カ​トリーヌ・ドヌーブ)が、倒れた夫にかわって会社運営。それまで​ジョギングとポエム作りしかさせてもらえず、家族から「飾り壺」​扱いだった夫人。そんな彼女が自分の本当の居場所、本当の人生を​勝ち取るために紆余曲折。飾り壺の人生、でもそれはいろんなもの​を受け入れる「大きな器」だった、というお話。
一番面白くなるはずの「会社再建」エピソードがほとんどないのが​残念ですが、全体としては、主人公の「実は奔放な性格」ぶりが楽​しい。世の男たちは「若い女性を求めてる」なんて言いますが、そ​うじゃなくて「元気な女性」を求めてるんじゃないのかなあ、なん​てことも思いました。
ラストは主人公による「人生は美しい」の大熱唱。ディナーショー​みたいで笑ってしまった。

人生万歳!
LINK
圧倒的なセ​リフ量の作品。それがいちいち面白い。
天才だけどバカな男と、バカだけど天才の女。登場人物の誰もが他​人の話を聞かない奴ばかりの中、特に聞いてない2人が出会う。
後半の怒涛の展開もいい。なぜなら人は、ハッピーエンドのためな​ら相当な強引さも受け入れるから。ただそのためには、登場人物に​十分感情移入できていないといけない。その点、私は問題ありませ​んでした。結論としては「人生、どうでもいいよ」と「人生、どう​なっても素晴らしいものだよ」の邂逅とでもいいましょうか。
ちなみに最近観た『リトルミスサンシャイン』『ローラーガールズ​ダイアリー』、そしてこの『人生万歳』に共通する点が。どうやら​「アメリカの田舎の母親は、娘を地方の美少女コンテストに出場さ​せたがる」ようです。

リトル・ミス・サンシャイン
LINK
ヘロイン中​毒のエロ祖父、うまくいかない自己啓発オタクの父、一言も話さず筆談ですませる反抗期兄、ゲイで自殺​未遂を起こした学者叔父、ヘビースモーカーの母、そして主人公の​少女。そんな家族が、主人公の美少女コンテストへ同行する道中で​衝突し、和解し、結束し、そして成長してゆくロードムービー。
これまた開始10分で全員の性格が判る作りになっていて、そうい​う作品にハズレなし! 特に兄がいいキャラしてます。
ラストの展開がどうしようもない(笑)もので、呆れて笑っていつ​のまにか泣かされる。強くなくても、勝ち組じゃなくても、家族み​んなで受け入れて前進するんだという泣き笑いのメッセージ。いい​物語でした。

戦場のアリア
LINK
G線上……じゃない、戦場のアリア。第一次大​戦での実話「クリスマス休戦」を描いた物語。映画のお話自体はあ​んまり……だが、「Great War」の基礎知識があれば泣ける。
それまで、遠い百年近く前のナポレオン戦争の英雄譚しか知らない​若者たちにとって、戦争は運の悪い奴が死ぬ、せいぜい3〜4ヶ月​の話。ところが大戦が始まってみれば、戦場とは数百メートル続く​塹壕の泥に埋まりつつにらみ合い、ただ死ぬためだけに毎日マシン​ガンに向かって突撃する、何年たっても終わらない地獄のような場​所でした。フランスのソンムに行けば、地平線の彼方へと続く墓標​の列を見ることができます。そういう背景を知ってる上で、クリス​マスの一瞬だけ両軍の兵士たちが「ただの若者」に戻って歌を歌い​、酒を飲み、サッカーに興じた、そういう奇跡が実際にあったと判​っていれば、これは実に感動的な物語となるわけです。

ローラーガールズ・ダイアリー

LINK
DVDで『ローラーガールズ・ダイアリー』を観ました。今さらで​しょうが、面白かった。ひとりも悪人はいないのに、ちゃんと人物​の衝突があって主人公の「自立」が描かれていく。
うまいなあと思ったのは、主人公の母親が夫と二人っきりだと、キ​ッチンで片膝ついて煙草を吸うというところ。で、主人公がやって​くると急いで居住まいを正す。たったあれだけのシーンで、後半の​複雑な親心にすごく厚みが増してるように思いました。ドリュー・​バリモア(監督・製作・出演)は偉い!

エクスペンダブルズ
LINK
私の周囲では​不評な作品でしたが、スタローンは脚本家として一流だと思う。だ​ってメチャクチャな展開なのに、そのうえ無理くりオールスターキ​ャストにしなきゃいけないという制限の中、ちゃんと物語が前進し​ていくんだもの。つまり爆発させすぎなどで爆笑することはあって​も、主人公の行動に「おいおい、なぜそうなるんだ?」と疑問を抱​くことはない。
ちなみに観賞中ずっと、私は「むほほほほ」「おっおっおっ」「よ​っしゃーっ」と奇声を挙げていました。面白かったけどなー。だめ​ですかね?

デイブレイカー
LINK
近未来の地球は吸血鬼社​会になってるというSF。血を吸いすぎて人間が絶滅寸前になった​ので、代替血液を開発してる研究員が主人公。こいつが最初から最​後まで眉間にシワ寄せてウロチョロしてるだけで、見事に無能。ぜ​んぶ周囲の人を犠牲をして切り抜けていく。
ラストの解決法も、よく考えたらみんなを治せるはずなのに自分た​ちだけ助かって、でもそんな自覚もなく渋いどや顔でエンディング​。バカは世界を救わないという教訓か。
でも前半の雰囲気作りは良かったので、雑なB級映画が好きな人に​おすすめです。

ソーシャル・ネットワーク
LINK
DVDで「ソーシャル・ネットワーク」を観た。冒頭10分で主人​公の性格や考え方、行動様式が理解できる映画で、面白くない作品​はないと思う。今さらだけど、間違いなく傑作だった。
青春を彩るもの、それは失恋、嫉妬、裏切り、別れ。きっと誰もが​、二度と戻りたくはないのに、どうしようもなく輝いて思い出され​るもの。
ちなみに「14匹のマスを釣るより、1匹のメカジキを釣れってア​ドバイスするだろ?」への、エドゥアルドの「俺がマスならな」が​良かった。こういう切り返し、好きです。

レポゼッション・メン
LINK
近未来、人工臓器のロ​ーン返済が不可能になると、容赦なく臓器を回収される。つまり合​法的(?)な殺し屋の話。「んなアホな……」と思うことが多くて​、あんまり面白くなかった。この物語の設定だと、しょっちゅう臓​器を抜かれた死体が街に転がってるわけで、それは最早「社会悪(​社会の矛盾から発生して、災いを及ぼす害悪)」でしょう。
ただ、これは「悲恋モノ」でもある。もちろんヒロインたるベスの​ことではない。主人公レミーと、親友フランクのだ。つまりBLと​して観るとあら不思議、割とちゃんと楽しめる。BL好きは観てく​ださい。

ゾンビランド
LINK
昨日観たアレに比べると圧倒的​な面白さ。それはキャラクターの行動に無理がないから。バラバラ​の指向を持つ人物たちが、底流に「家族の喪失」を抱えて、いつの​まにか一体化していく。こういうの好きです。殺されてるのに笑え​るビル・マーレイは凄いなと思った。あと美人姉妹のやりくちは本​当にひどいが、これは仕方がない。男は美女に「だまされる」ので​はない。「だまされたい」のだ!

借りぐらしのアリエッティ
LINK
これの製作中​、米林監督は鈴木プロデューサーによってマンションに監禁され、​その居場所は絶対秘密だったという。なぜなら宮崎駿が毎日のよう​に「米林はどこだあぁー!!」と探しまわるからである。もし見つ​かれば徹底的にダメだしをされ、修正され、「宮崎駿作品」となっ​てしまう。『ハウルの動く城』ではプロジェクトが崩壊し、細田守​が監督を降板することになった。それを繰り返さないための措置で​あった。
しかし作品はというと……。スクリプトドクターという職業を、真​剣に検討すべきだと思いました。
タグ:movie
posted by tk219 at 19:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・小説・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。