2011年02月13日

味香苑の中国東北料理

以前から気になっていた、三ノ宮の中国東北料理「味香苑」に行ってきました。

ビルの8F。エレベーターを降りるといきなりテーブルと椅子。
そこは店舗ではなくエレベーターホールなのだが、もうそこも店舗にしてしまえ、といういい意味でアバウトな造りになっている。ただしホールだから寒いので数台の石油ストーブがガンガンに赤くおこっている。

それでも寒いのでEVホール席を避けて店内に入る。
すると、どう見ても元はスナックの店舗をそのまま使っている。
スナックの厨房でバカでかい中華包丁をふるう姿というのは、なかなか不思議な感じがした。

まずは羊肉、牛血管、牛心臓の串焼き。八角(スターアニス)とクミンの香りが強烈。

CA393145.jpg

ここの料理は、満州からモンゴル、ウイグルあたりのものなんだそうです。
メニューを眺めると、確かに遊牧民的なイメージが漂うラインナップ。

戦前、漬け物と味噌汁食ってた日本人が、こんなところへ進出しようとしたのだなあ、すげえなあと単純な感慨を覚える。

だって味噌汁に豆腐入れて、納豆、冷や奴食べるなんて、「大豆の汁に大豆入れて、ごはんに大豆かけて、大豆の塊に大豆ソースをかけて食べて」んですよ。
俺、そんな状態から適応できるかなあ、なんて思いながらムシャムシャ食べる。

東北醤大骨。
要は背骨の醤油煮。680円。これはメニューに載っていない。

CA393148.jpg

骨のまわりについたトロトロの肉を、剥がしながら食べる。
カニ食べてるときと同じで、思わず無言で没頭しました。

で、あまりに食べてるものが肉肉しいので、レバーの炒め物を。
しいたけが妙に美味かった。

CA393146.jpg

味香苑チャーハン。
あんかけがかかってるが、こちらもかなりの八角味。意外と量がある。

CA393147.jpg

どれも安くて量があり、もちろん美味い。
本当は「繭のてんぷら」「干し豆腐の炒め物」あたりも食べたかったが、満腹になったので次回にします。
タグ:diary
posted by tk219 at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。