2011年01月03日

第一次世界大戦(ヨーロッパ陸戦)の推移

第一次世界大戦の推移(作りかけ)

1914年8月4日〜8月27日
■中立への侵犯(ドイツ VS. ベルギー)
1_belgie.jpg
4日午前8時、ドイツ軍はゲメリッヒから国境を突破、欧州大戦の開始。
27日、ドイツ軍は全戦線でフランスへ到達した。

1914年8月後半
■フロンティアの戦い(ドイツ VS. フランス)
2_frontier.jpg
ドイツ軍はフランス北部に到達。待ち受けていたフランス軍&イギリス海外派遣軍との間で戦いが始まる。
フランス側は後退を余儀なくされる。

1914年9月5日〜12日
■マルヌ会戦(ドイツ VS. フランス・イギリス)
3_marne.jpg
フランス軍(ジョセフ・ジョフル)、主力をマルヌ川南方線に後退させ、河畔でドイツ軍へ反撃(ヴェルダン西方からパリ北方に至る約280km)。
ドイツ軍はパリ西方へ回り込むことができず、11日にはエーヌ川まで撤退。ドイツの短期決戦案「シュリーフェン計画」はここで挫折する。

1914年8月17日〜9月2日
■タンネンベルグの戦い(ドイツ VS. ロシア)
4_tannenberg.jpg
ロシア第1軍(パーヴェル・レネンカンプ)、東プロイセンに侵入。
ドイツ参謀本部は第8軍司令官(マクシミリアン・フォン・プリトヴィッツ)を解任。新司令官にパウル・フォン・ヒンデンブルクが就く。
フランソワ大将の独断専行による補給断絶作戦により、ロシア第2軍(アレクサンドル・サムソノフ)が壊滅。ロシア第1軍撤退によりドイツ勝利。

1914年9月2日〜24日
■ガリシアの戦い(ドイツ・オーストリア VS. ロシア)
5_galicia.jpg
オーストリア第3軍およびケーベス兵団、ロシア第3軍および第8軍が遭遇。オーストリアはガリシア首府レンベルクを放棄して漸次西方へ退却。
オーストリア軍はセルビア戦線より軍団を補充して、8日リヴィウ方面で攻勢開始。
しかしロシア軍はこれを返り討ちにして追撃。オーストリア軍は兵5万を残したままプシェミシル要塞に籠城。
ロシアは要塞を包囲するも、ドイツ軍のポーランド集中を知って転進する。



残り
■東部戦線
1915年 マズール湖の戦い
      プシェミシル要塞戦
      ゴルリッツ突破作戦
1916年 ロシア軍大攻勢
      ルーマニア参戦
1917年 3月革命
      ケレンスキー攻勢
      リガ攻勢
      アルビオン作戦
      10月革命
西部戦線
イタリア戦線
中東戦線
アジア太平洋戦線
アフリカ戦線
ルーマニア戦線
テッサロニキ戦線


posted by tk219 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。