2010年11月10日

iPodTouchメモ

先日買ったiPod Touchですが、自分が困って調べたことについて、
誰かの役に立つかもしれませんので書いときます。

■マルチタスクで起動中のアプリを終了させる

普通に使ってたら、「メモリが足らなくなってるぞ」と警告されて、何のことだ?と思ったら一回使ったアプリが、マルチタスクでそのまま起動しているのだね。
そんなの適当に、OSの方で一番古いやつから終了させとく設定とかできないんですかね?

対処法:
ホームボタンを二度連打。下に起動中のアプリがむにゅっと出るので、アイコンを触ってじーっとしてると以下のような画面になります。

touch_101110_2.jpg

終了させたいアプリの「ー」をクリックすると終了します。



■フリーズした場合

ホームボタンとスリープボタンを電源が切れるまで同時押し。これでハードリセット。
心を落ち着かせ、深呼吸して息災を祈願しつつホームボタンを押す。
するとアップルロゴが出て再起動します。

※関係ない話だが、かつてPerformaぐらいのMacintosh時代、どうしようもなくなった時はコンセントを抜いて鼻に刺し、再起動を祈願するという行事が(私の周辺のみで)流行していた。



■画面を縦か横かで固定する。

寝転がって画面を眺めようと思ったら、コロコロコロコロ画面がひっくりかえる。これは困る。
iPadは固定するスイッチがハード的についてたが、
iPod Touchの場合は、今回もホームボタン連打。またもや下から起動中アプリの一覧がコンニチワするので、左にスワイプ。

touch_101110_1.jpg

一番左のアイコンが、現在表示中の向きでロックするボタンです。



■キーのクリック音を消す

設定→サウンド→キーボードのクリック

touch_101110_3.jpg



■バッテリーの節約(無線の切断)

設定で、機内モードをオンにする。これで無線が切断されるので(そうしないと、つながる無線がどこかにないか常に捜している状態になっている)、バッテリーの持ちが良くなる 。
あとはディスプレイの明るさを下げるのも非常に有効。

touch_101110_4.jpg



で、次はFileMakerGoについて。

■ちょっとづつ判ってきた。

とりあえず自作のカレンダーと住所録を動くようにしてみる。
起動時にプラットフォーム分岐させて、iPod Touch用のレイアウトで動くようにしました。

それにしても、iOSというのは指でちょいちょい動かすだけですごく気持ちよくなるようにインターフェースや画面効果、タイミングなどが策定されているのに対して、その中でファイルメーカーを動かすと古色蒼然というか、GUIの画面でターミナル起動してるような「別世界の壁の存在」を感じてしまう。
せめてスワイプに対応できるようにしてくれると、すごくいいんですけど。

touch_101110_5.jpg

touch_101110_6.jpg

touch_101110_7.jpg

このFileMakerGoというのは、いずれファイルメーカーのiOSクライアント版として無料配布(もしくは非常に安価)されるような気がしますね。
タグ:filemaker ipod diary
posted by tk219 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。