2010年06月29日

台湾旅行(前)

今週、台湾に遊びに行ってきます。

主に(というかほぼ)食べるためなので、1日5食くらい食べる予定です。
日月潭だのキュウフンだの高雄だの行ってるヒマはない。

それで旅行前に知ったことをいくつか。

■台湾観光協会

こちらが「ウェルカムプレゼントキャンペーン」というのをやっています。
今現在、

・台北MRT悠遊カード(Easy Card) *NT$50チャージ済
 追加入金すれば繰りかえし台北MRTや市バスで利用できる便利なIC乗車カード 

・国立故宮博物院無料参観券

・台湾各地テーマパーク入場無料チケット

といったものがもらえます。もちろん無料。
事務所(東京・大阪)までもらいに行くか、自宅に送ってもらうことも可能。

■携帯電話

昔はそうでもなかったのに、今はもうケータイに慣れきってしまっていて、人と会ったりするのに携帯電話がないと不安でしょうがない。
海外に行きまくる人は最初から海外ローミングできるケータイ持ってるんでしょうが、私はそんなしゃれたものは持っておりません(ワンセグすらついてない。家にテレビもないので、一度くらい強引なNHKの集金人が来てくれないものかと手ぐすね引いて待っている。いや、今はそんな話はどうでもいい)。

で、携帯電話の海外レンタルには2つの道があります。

・日本で借りていく
・現地で借りる

日本で借りる場合は、ソフトバンクの「たびケータイ」などがあります。
出発の2日前くらいまでなら自宅まで宅配してくれます。もしくは空港のサービスカウンターで受け取る。
現地で借りる場合、向こうの空港に、いくつかそういう店があるようです。

日本で借りても向こうで借りてもどちらでもいいと思いますが、日本で受け取る方が若干安心かもしれません。ただし通話料金は高め。

ちなみに私は現地で借りる予定です。
Hi-Power Digitalworld というところ。
ソフトバンクの「たびケータイ」は1分単位の料金で、こちらは1秒単位で課金ですから、少しお安くなります。

■食べ物

豆漿、小籠包、からすみ、刀削麺、マンゴーアイス、魯肉飯、北京ダック、広東ダックといった感じで評判の店を2つづつくらい回していく予定なので、本当に食べっぱなしの旅行になるでしょう。
ホテルの朝食なんぞ食べてらんない。胃薬がいるな。

ダックは一吃、二吃、三吃、と作法がありますが、1羽単位で注文しなければならないということもあって、大人数でなければ到底食べきれません。
そこで、半身の予約ができる店を探しておくのも良し。
日本語のできるスタッフがいる場合も多いです。

電話で「もしもし〜」と言ってみて、「なんでしょ?」とか「ちょと待て(日本語のできる人に代わってくれる)」と来ればそれで良し。
日本語無理なら英語、英語無理なら現地で筆談。
どうせ向こうだって英語そんなに巧くないですから、適当にしゃべって通じます。

というかまともなホテルに泊まってれば、現地のコンシェルジュに日本語で助けを求めて無視されることはないでしょう。


旅行のサマリー
初日
2日め
3日め(午前)
3日め(午後)
残りもの
タグ:diary travel
posted by tk219 at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。