2010年06月30日

Complete System ver.1.06a download

2010/06/30 version 1.06a

テンプレート版(FileMakerPro 10 以降が必要)

CPS106a_100630.zip

※レイアウトモードのロックは解除しています。

■全般
簡易テーマ機能を追加しました(設定→テーマタブ)。
「新しいテンプレートにデータをインポート」スクリプトを全て修正しました。

■住所録
組織→カンパニーデータで、不用意にタブ移動できる不具合を修正しました。
カンパニーデータから、組織情報を反映した新規連絡先を作成できるよう改良しました。

■カレンダー
Week表示に、画像のみ表示を追加しました(右上のアイコン)。
Grid表示で全段のバーを角丸になるよう改良しました。
1段目バーの角丸が、1週間ごとにリセットされている不具合を修正しました。
ウインドウの表示を調整しました(Monthでサイズが収まるように)。
Appointウインドウで収支レコードの削除を選択すると、収支でなく予定を削除してしまう不具合を修正しました。

■GTD
リストに「進行状況」を追加。棒グラフ風に分類できるよう改良しました。また全レコード/アクティブレコードのみ抽出のボタンを追加しました。

■Money
収支に「Input」ボタンを追加しました。表形式で入力できます。

■データ
画像アルバムでリスト表示に狂いがあった不具合を修正しました。

cps106_a.jpg

cps106_b.jpg

cps106_c.jpg

cps106_g.jpg

cps106_w.jpg
タグ:download CPS
posted by tk219 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

台湾旅行(前)

今週、台湾に遊びに行ってきます。

主に(というかほぼ)食べるためなので、1日5食くらい食べる予定です。
日月潭だのキュウフンだの高雄だの行ってるヒマはない。

それで旅行前に知ったことをいくつか。

■台湾観光協会

こちらが「ウェルカムプレゼントキャンペーン」というのをやっています。
今現在、

・台北MRT悠遊カード(Easy Card) *NT$50チャージ済
 追加入金すれば繰りかえし台北MRTや市バスで利用できる便利なIC乗車カード 

・国立故宮博物院無料参観券

・台湾各地テーマパーク入場無料チケット

といったものがもらえます。もちろん無料。
事務所(東京・大阪)までもらいに行くか、自宅に送ってもらうことも可能。

■携帯電話

昔はそうでもなかったのに、今はもうケータイに慣れきってしまっていて、人と会ったりするのに携帯電話がないと不安でしょうがない。
海外に行きまくる人は最初から海外ローミングできるケータイ持ってるんでしょうが、私はそんなしゃれたものは持っておりません(ワンセグすらついてない。家にテレビもないので、一度くらい強引なNHKの集金人が来てくれないものかと手ぐすね引いて待っている。いや、今はそんな話はどうでもいい)。

で、携帯電話の海外レンタルには2つの道があります。

・日本で借りていく
・現地で借りる

日本で借りる場合は、ソフトバンクの「たびケータイ」などがあります。
出発の2日前くらいまでなら自宅まで宅配してくれます。もしくは空港のサービスカウンターで受け取る。
現地で借りる場合、向こうの空港に、いくつかそういう店があるようです。

日本で借りても向こうで借りてもどちらでもいいと思いますが、日本で受け取る方が若干安心かもしれません。ただし通話料金は高め。

ちなみに私は現地で借りる予定です。
Hi-Power Digitalworld というところ。
ソフトバンクの「たびケータイ」は1分単位の料金で、こちらは1秒単位で課金ですから、少しお安くなります。

■食べ物

豆漿、小籠包、からすみ、刀削麺、マンゴーアイス、魯肉飯、北京ダック、広東ダックといった感じで評判の店を2つづつくらい回していく予定なので、本当に食べっぱなしの旅行になるでしょう。
ホテルの朝食なんぞ食べてらんない。胃薬がいるな。

ダックは一吃、二吃、三吃、と作法がありますが、1羽単位で注文しなければならないということもあって、大人数でなければ到底食べきれません。
そこで、半身の予約ができる店を探しておくのも良し。
日本語のできるスタッフがいる場合も多いです。

電話で「もしもし〜」と言ってみて、「なんでしょ?」とか「ちょと待て(日本語のできる人に代わってくれる)」と来ればそれで良し。
日本語無理なら英語、英語無理なら現地で筆談。
どうせ向こうだって英語そんなに巧くないですから、適当にしゃべって通じます。

というかまともなホテルに泊まってれば、現地のコンシェルジュに日本語で助けを求めて無視されることはないでしょう。


旅行のサマリー
初日
2日め
3日め(午前)
3日め(午後)
残りもの
タグ:diary travel
posted by tk219 at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

いもほり

三田の方で、いもほりをしてきました。
キムラタンという会社の役員の方がやってる畑で、去年に続いて今年も参加させてもらいました。

CA392064.jpg

前日が大雨だったため、掘るのは無理なんではないかと思いましたが、全く降らない上に陽差しもきつくなく、ちょうど良かったです。
(じゃがいもは干す必要があるため、雨の日は掘れない)
ただ畑がドロ状態になってたのはいささか……でしたが。

こんな感じで干してます。

CA392061.jpg

じゃがいも以外にも収穫が。

CA392063.jpg

ジャガイモのように土に埋まってる野菜はいいんですが、例えばトウモロコシのようなものになると、できあがった野菜たちを狙う動物たちとの戦いになるそうです。

一番笑ったのがアライグマで、「熟したでっかいスイカを両手で抱えて走っていく」そうです。
想像しただけで顔がほころんでくる。
盗られる方はそんなこと言うとる場合ではないんですが。



私はtwitterクライアントとしてHootSuiteを使ってるんですが、
ちょっと格好良くなってました。

http://hootsuite.com/

hootsuite.jpg

設定はどこでするんだ?と一瞬(いや、かなり)迷いましたが、左上のロゴをクリックするとメニューが出現します。

前のMicrosoft Officeのリボンもそうですけど、シンボリックな画像はまさに「シンボル」なわけで、ただそれだけを配置されてもそれをクリックしようという発想はないですよ。
設計側としてはクールに決めたぜ、ということなんだと思いますけど。

せめてバルーンヘルプくらい出せばいいのに。

タグ:diary
posted by tk219 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

鬼のようにおろす

以前、東京の代官山で「鬼おろし」を買ったと書いたんですが。

CA391415.jpg


木と竹で作った『鬼おろし』
昔から「鬼おろし」と呼ばれています。
(鬼の歯のように…。)
<水っぽくない!>
程良い粗さで水っぽくないため、旨みや栄養分を逃しません。
素材本来の旨みをご堪能あれ。
<ラクラク簡単!>
あまり力を入れずに軽くシャッシャッとおろして下さい。慣れてくれば、あっという間におろせます!
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/take-fujikura.com/g/OS0104/index.shtml


……という感じの代物です。
(上記の文章は説明として引用しただけであって、購入した鬼おろしとは全く別物です)

私が買ったものは、土台が一枚の木で、竹を削った歯を埋め込んだ構造になっています。
これで実際に大根をするとどうなるんか。

CA392050.jpg

おろします。

よく「力はいれなくていい」なんて書いてますが、それは普通のおろし器との比較で言ってるのであって、本当に力を入れなくていいわけではない。
それなりにぐいぐいやります。

普通のおろし器とは持ち方が異なるので、慣れるまでに一度は「歯に指がひっかかりそうになってヒヤっとする」か「ひっかかってギャアアアア」かになるでしょう。

CA392052.jpg

おろしました。

これ、お皿に直で大根をおろしたそのまんまであって、絞ったり水分を捨てたりしてません。
大根が元々もってる水分を保持したまま、おろされた状態になっています。
タグ:diary cook
posted by tk219 at 08:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

最近観た映画

別に最新作じゃないです。

「ジュリーとジュリア」
実話がベースだそうです。往年の実在した料理研究家ジュリア・チャイルドと、そのレシピを1年で達成してそれをブログにアップしまくるジュリーの物語。
メリル・ストリープってこんなに大柄だっけ?と、ものすごく不思議だったが、彼女が扮するジュリア・チャイルドが大柄だったということらしい。
料理に関する描写と、ジュリアの年代記は面白かったが、物語全体としては「?」。
要はジュリーのパートがいまいちしまらない。
日常の実話を元にした映画というのは、大体中途半端なストーリーに終わるイメージがある。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (6)
5何気なく、幸せにときめきます。
4元気が出ます!!
4お料理の苦手な私へのバイブル? ジュリー目線です。
41949年と現代に共通するもの、しないもの
5ポーチドエッグを作るのは簡単でないと、初めて知りました



「96時間」
フランスに遊びに行った娘が悪いやつらに誘拐され、96時間以内に助けないとヤク漬けにされた上に人身売買(お金持ちがオークションで若い女を買っていく)へ!
しかしパパの正体は元CIAの凄腕スパイ。即座にアメリカから飛び、わずかな手がかりから犯人を割り出し、アクションに次ぐアクションで娘を救出する!
すっきりコンパクトに盛り上がって、面白かった。
ただひとつだけ、パパが捕まって絶対絶命の危機に陥るんだが、そこから脱出する描写が往年の「カトちゃんケンちゃん」のコントみたいになってた。
天井からタライが落ちてくるレベルの展開。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (69)
5さすがです
5テンポ良し
4時代劇的?
3おやじ強し。
1パロディだと思うのですが



「グラン・トリノ」
イーストウッド曰く「俳優としては最後の映画」。
移民だらけになったさびれた下町で、ひとり「古きアメリカ人」を貫く主人公。対して離れて住んでいる息子夫婦たちは「現代のアメリカ人」であり、価値観は相容れない。そんな主人公が隣にやってきたベトナム人家族の少年と出会い、「男の生き方」を伝えるとでもいおうか。
割と静かな映画なんだけど、なぜか眠くならない。喜怒哀楽の波が的確だからなんだと思う。イーストウッドが怒って戸棚を破壊するシーンだけは、ちょっとアレだったけど。
でも、あのイーストウッドが胸ポケットに右手を突っ込んで(ここは「主人公が」ではなく「イーストウッドが」というのが重要)、それでいてああなるという終盤が、「あ、本当に俳優としては最後と決めたんだな」と感じさせられた。
タオ少年を散髪屋に連れていくあたりから盛り上がってきて、ラストの教会で神父が「童貞野郎と言われて……」とか言いだして、ひとりだけニヤニヤ笑ってる「イタ公」を見たあたりからエンドロール終わるまで号泣。なぜこんなに泣けるのかわからない。あのシーンを思い出しただけで泣けるくらいなのだが、やっぱり原因がよく自分でもつかめない。
で、考えてみたんだが、私という人間は「男」という定義や理想に、何か憧れや願望があるのかもしれない。大切なものを守れる力とか、ここ一番というところで勝負に出る勇気とか、公というものを大切にしつつ真正面からはとらえず照れてみせる価値観とか。

ワーナー・ホーム・ビデオ (128)
5生きる
4また出会いたい人たち
5イーストウッド最後の西部劇
2良くも悪くもeastwoodのone man映画
5自分を見つめ直したい時に観るべき作品



「ディア・ドクター」
医者(笑福亭鶴瓶)がひとりしかいない田舎の村に、医学部出たての研修生(瑛太)がやってくるっていう話。看護師と薬屋と、八千草さんの存在が良かった(というか救われた)。
「ブラックジャック」で同じような話があったなーって思いながら観た(この映画と同じような感じの医者に、ふらりとやってきたBJが出会う。BJ、その医者を助ける)。
別にこの映画を卑下するわけじゃないけど、ラストの展開はBJの方が良かったと思うんだけど、現実的には無理だろうからやっぱりこの映画みたいになるのかな。

バンダイビジュアル (26)
3話の類似性
1最初の10分で早送りしました。
4最後の八千草薫さんの笑顔で、まるでオセロがひっくり返ったような大逆転で救われた映画でした。
5魔女の宅急便
3善し悪しではない作品
タグ:movie diary
posted by tk219 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・小説・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

テーマ機能

テーマ機能ってのを考えてたら、どんどん楽しくなってきてしまった。
ファイルメーカーはVer.9から条件付き書式が使えるようになったので、こういうのがさほど面倒くさくなくなった。

昔は色を変えたテキストを重ね合わせて、If(IsEmpty)で分岐させたりして、色々しなきゃいけなかった。


cps_theme1.jpg

cps_theme2.jpg

cps_theme3.jpg

cps_theme4.jpg

cps_theme5.jpg


でも普通のテキスト(フィールドじゃない。単に貼り付けただけのテキスト)に条件付き書式を設定しても、きちんと動くやつと動かないやつがある。
これの原因が皆目わからない。

元々のテキストが ↓ だったとして、
「 Day / Week / Month / Year 」

たとえばどこかのフィールドに数値が入ると、文字色を変えるように指定する。
Day / Week / Month / Year



ところが4つのテキストに全く同じ書式を設定しても、

Day / Week / Month / Year



みたいなことになることがある。

対処としては、ちゃんと条件付けされてるテキストをコピーして書き直せばいいだけなんだけど、なぜそうなってしまうのだろう????
タグ:filemaker CPS
posted by tk219 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

iPhone4が欲しいと思ってみる

iPhone4が欲しい。と考えている。が、本当はそう思いたいだけなのかもしれない。
一体私は、何のためにiPhone4が欲しいのであろうか。

とりあえず欲しい理由を並べてみる。

1,電話がしたい。
2,写真が撮りたい。
3,音楽を聴きたい。
4,文章を打ちたい。
5,ゲームがしたい。
6,地図が見たい。
7,Webを見たい。
8,予定を知りたい。
9,メールが見たい。
10,電子書籍に興味がある。

順番に考えてみる。

1,電話がしたい。
これは今持ってるケータイで充分事足りている。でもFace Timeには興味がある。口で説明しにくい時とか、その場で絵を描いたりして便利なんではなかろうか。

2,写真が撮りたい。
これも今持ってるケータイで充分。というかいかにも「ケータイで撮ってます」というのが嫌で、それで当時最もカメラっぽかった機種にしたのである。そして今、不足は感じていない。

3,音楽が聴きたい。
今は先代のiPod Shuffle(四角形に近いクリップみたいなの)を使っている。容量は1GBなのだが、これですら容量が空いている。そりゃ今持ってるCDの類を全部あわせれば何十GBにはなるのだろうが、それを全て持ち歩きたいという欲求がない。しかも自分はそんなに音楽を聴かなかった。考えれば考えるほど、この「音楽を聴きたい」という欲求が自分に希薄であったことに気づいてしまう。

4,文章を打ちたい。
本当に打ちたいのだろうか。本気で打つならノートPCを広げればいいんではないだろうか。ちょっとしたメモなら、紙に書いた方が早い気がする(私は本当にしょっちゅう、ちょっとしたことをメモする癖があるので、服の胸ポケットには常時ペンとメモ用紙が入っている。だから私は胸ポケットのない服は着ない)。

5,ゲームがしたい。
先日、私は懸賞でニンテンドーDSiをもらったばかりなのだが、それでゲームしまくってんのかと言われると、しないわけではないが、しまくってはいない。そもそも私はシューターであって、シューティングはアーケードが一番に決まっている(何度もリセットできるシューティングなんぞ、シューティングではない)。

6,地図が見たい。
これ! iPhoneを使ってみたい第一はこれ!
私は自他共に認めに認めた方向音痴で、よほど慣れた場所でないと、必ず周辺地図を印刷して持ち歩かねばならないほど。慣れてる場所でもほんの少し道がずれると50%ぐらいの確率で間違えるし、知らない場所ならほぼ確実に間違える。じゃあ逆張りで行ったらいいのかと思って、あえて間違えてるのではという方向に進むとやはり間違える。
そんな私が使いたいのがiPhone+GoogleMap。

7,Webが見たい。
本当に見たいのかね。自分。まず見たいといえば「電車の乗り換え案内」ぐらいか。今どこにいるだの今何食ってるだのつぶやいたりしないし。でも今のケータイでも充分だしな。ただこれは実際にフルブラウザで使えるとなるとそれなりに何かあるだろうから(でもFlashは使えないんだっけ……)、一応欲しい理由の2番目にエントリーしておこう。

8,予定を知りたい。
Google カレンダーに予定を入れて、外でも見ることができますよと。でも現に使ってない。手帳ですら持ってない。現在そんなに覚えきれないほどのスケジュールじゃないし、営業の仕事をしてる人みたいにその場でガンガン予定を組み替えるような生活でもない。

9,メールが見たい。
現在はGmailを使って、新着メールはケータイに飛ばす。するとむしろケータイがメールチェッカー代わりになって便利。別にプッシュしてもらう必要がない。あー、でもでっかい添付ファイルのついたメールとかだと、転送エラーになって気づかないことがあるか。ごくたまにしかないけど。

10,電子書籍に興味がある。
これから発展していくであろう、電子書籍。でもこれって普通、家でWi-Fiとかでダウンロードしといて読めばいいんだよな。iPod Touchで間に合う。iPadを電車とかで読む勇気はない。


というわけで、私がiPhoneを欲しい理由としては、主に6(地図)と7(Web)が生き残りました。
でも今現在でも知らない土地だったら必ず地図を印刷しちゃう私なのであって、それならMap画像を保存して見れば、これもiPod Touchでいける。
次はWeb。むしろこんなのを手軽に見れたら、いつでもどこでも見ちゃって仕事をしなくなるんではないか。下手に見ることのできない現状の方がいいんではないか。

結論:
買うならiOS4が初めから乗るであろう、次のiPod Touchを待つ(カメラがつくかもしれないし)。もしくは何も買わず現状維持。
物欲に負けたらiPhone 4。
タグ:diary
posted by tk219 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

はやぶさ君更新終了

2010年6月13日19時51分(日本時間)に「はやぶさ」は無事カプセルを分離し、同日22時51分頃には大気圏に突入しました。我々にカプセルを託した、はやぶさ君は、美しい流れ星になりました。
2010年6月17日00時00分(日本時間では、6月17日の09時00分)現在のはやぶさ君は、地球の大気に溶け込んでいます。
「今週のはやぶさ君」は、2010年6月17日の更新をもって終了いたします。
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/weekly.shtml



「はやぶさ」のカプセルに1mm以上の試料がなかったということが話題になってたようですが、本当に気にすべき部分は「回収したカプセルが無傷だった」ことでしょう。

回収できてないだろうなというのは、とっくに判ってたことです(ミネルバの発射も失敗してる)。
でも、着地時の振動でかけらや粉末程度は入っている可能性があると。


「はやぶさ」のカプセル回収 破損なし 
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819595E3E6E2E2868DE3E6E2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2



今回の成功で判ったことは、数億キロ離れた外天体の物質を取り込んで回収することが現実的になったことです(イトカワまでの距離は3億キロ)。

月より遠い天体の物質を持ち帰る先鞭をつけたわけで、インドから香辛料買い付けたバスコ=ダ=ガマみたいなものです。
もしガマが香辛料を買えてなかったら、まだプトレマイオス地図使ってたような当時、
ポルトガル王にその大偉業を信じてもらえなかったかもしれない。

プトレマイオス地図の判らない人用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%3AClaudius_Ptolemy-_The_World.jpg

しかし現代になれば、インド航路を開拓したガマはすごい、というのは判るでしょう。
もちろん現在、「はやぶさ」の旅そのものを疑う人は普通いない。
カプセルに何も入ってなかったからといって、「行ってないんじゃないか」という発想はないはず。

宇宙開発には3つの方向があって、まず1つは地球監視(通常の人工衛星)、1つは有人活動(ISSなど)、そして最後の1つが無人探査。
日本は最後の無人探査で、世界の中から飛び抜けた状態になりました。

はやぶさ君は人類史上に残る大偉業を達成した。これは動かしようのない事実です。
タグ:diary
posted by tk219 at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

応募して落ちた

隠しててもしょうがないので書く。というか隠しようがなかった理由というのも後に書く。

超久しぶりに小説を書いたんである。
それで集英社のスーパーダッシュ新人賞に出した。
もちろん初投稿。ライトノベルというのも初。

ここは、「評価シート」というのを返してくれるらしい。
へー、と思い、もちろん評価はほしいから、返信用封筒をせっせと用意した。
それが去年の年末。

そしたら知らなかったんだけれども、この賞では選考結果をウェブで公表してたんである。
5月頃になってようやく「そういえば、あれはどうなったんだろう」と気づいて、それを発見した。
ついでに検索してみたら、2月の時点でシートが来たなんて言ってるのがいる。
こちとらもう5月だぞと。こうなってくると気になってしょうがない。
それまで気にしてなかったくせに。

結果は4次選考落ち。
こんなんだったら、ちゃんと最初から見ておくべきだった。
初めて見たら、すでに4次落ち。嬉しいんだかがっかりなんだかよく分からない。
1次、2次、3次……と結果が更新されていく様を見ておれば、また違った感慨があっただろうか。それはそれで嫌だったんだろうか。
モヤモヤだけが残る。

で、評価シートをついにもらえたんである。
返信用封筒がパンパンになってて、こんなにきちんと対応してくれるんだと驚いた。
内容は公表しないでねって書いてあるから書かないけど、もし逆の立場だったら、こんなに書くの超めんどくさいよ。すごいなあと。





書かれていた評価から得た結論は、私の勉強不足です。
これで通ったらそのまま最終選考に行っちゃってたわけで、雑に言うとカテゴリーエラー。要は対象読者を意識しなさいよと。
もちろん実力不足もあったんでしょうが。

こんなこと格好良くもないので書かないでおこうと思ったんですが、書きました。
なんぜ自分の名前で検索したら、件の選考結果がぼろりんと出ちゃう感じなので。

次からはペンネームにします。
タグ:diary
posted by tk219 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

フォント見本(7)

詳しくは、まず見本(1)へ。



HG明朝B

1401.jpg


HG明朝E

1402.jpg


HGゴシックE

1403.jpg


HGゴシックM

1404.jpg


HGプリティフランクH

1405.jpg


MS UI Gothic

1406.jpg


MingLiU

1407.jpg


TT-JTCウインM9

1408.jpg


TT-JTCウインZlO

1409.jpg


TT-JTCナミキPOP-U

1410.jpg


TT-NIS-POP文字

1411.jpg


ARペン楷書体L

1412.jpg


AR白丸ポップ体H

1413.jpg


AR行書体M

1414.jpg



DC麗楷書W5

1415.jpg


DFPOP1体

1416.jpg


DFPOP1体W12

1417.jpg
タグ:font diary
posted by tk219 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風車の歴史

■風車の歴史

風車の歴史は古く、エジプトでは3000年以上前から使われていたとの記録がある。灌漑(かんがい)用や小麦製粉用として欧州で発展し、19世紀初頭のオ
ランダや英国では1万基以上が立ち並んだ。発電用風車は、デンマークの物理学者ポール・ラ・クールが1891年、農村部に電気を普及させる目的で発明した。
日本では、明治初期に横浜の居留地に住む米国人が母国から持ち込んだ風車を牧場に設置したのが最初とされる。大正〜昭和初期には海軍技術官らが風力発電を研究し、群馬県や鹿児島県の農業学校などに輸入風車が実験的に設けられた。
近年は大型化、高効率化が進む。2007年末現在の世界最大手はデンマークのヴェスタス社で、三菱重工業の市場占有率は9位だ。
http://www.mhi.co.jp/power/wind/history/kobore_kokusan.html


■国産風車

風力発電は既に日本全国で稼働しているが、大半は外国製の風車だった。しかし、設置数が増えるにつれ、国内の重工メーカーが風力発電ビジネスに次々と参入してきた。
現時点で自社製の風車を納入ないし試作している大手企業は、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業の3社。三菱重工業の風車は欧州製の大型風車に匹敵する
1メガワットモデル。川崎重工業は中型クラスの600キロワット級で勝負する。富士重工業は40〜100キロワット級の小型風力発電機で、離島や発展途上
国向けのビジネスを狙っている。
日本は低気圧や台風の通り道にあたり、日によって風向や風速が頻繁に変わる、風力発電には不向きな気候である。風力エネルギーが風車にかけるストレスは実はかなりのもの。欧州製の風車が日本のような過酷な風環境での運用に耐えられるかどうかは、未知数だという。
国内メーカーが風車を設計することは、日本特有の気候へのマッチングという点で有意義なだけでなく、同じくモンスーン気候である南アジアへの販売でも優位に立てる可能性も高い。
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000257

■世界最大の風車

エジプトで世界最大規模の風力発電所が完成した。
エジプト東部にあるザファラーナ風力発電所は、首都・カイロから約200キロ南へ行った砂漠の中にある。遮るものがほとんどなく、同じ方向からやや強い風が吹き続けていて、この風を受けた風車が電力を生み出している。
エジプトではこれまで、こうした新しいエネルギーはほとんど開発されていなかったが、経済成長に伴う電力の需要に対応するため、初の試みとなった。エジプ
トは国土の9割が砂漠で、厳しい気候を自然エネルギーの宝庫として利用する逆転の発想で、9月には初の太陽熱を利用した発電所も完成する予定。
http://www.news24.jp/articles/2010/05/06/10158640.html

■風車で町おこし

山形県立川町は人口約七千八百人の過疎の町。扇形に広がる平野のかなめの部分に位置する地形が災いし、山間部にたまった冷気が最上川沿いに一気に吹き下ろ
す。局地的な東南東の強風は「清川ダシ」と呼ばれ、日本三大悪風の一つ。冬は大陸から吹き付ける北西風が最上川をさかのぼる。年間平均風速五・〇メート
ル、一年を通して風がやむことはない。
「火事が起きれば大火になるし、農作物にも被害を与える。よそから嫁入りした女性は『風が強すぎて片頭痛が起きる。よくこんなところに住み着いているものだ』と嘆いたものだ」。今田幸雄企画開発課長(53)は、地域住民を長年悩まさてきた清川ダシについてこう説明する。
http://www.toonippo.co.jp/rensai/ren2000/kakunen/kak0708.html
 
■風をつかまえて

今年の「青少年読書感想文全国コンクール」、高等学校の部の課題図書に入っているのが『風をつかまえて』です。
http://www.dokusyokansoubun.jp/books2010.html

起死回生の町おこしとして、町の小さな鉄工所が「風車」を造ることになった。だが予算、技術など、問題は山積みで…。北海道の破綻寸前の小さな町を舞台に、地域と家族の再生をかけた父と子の姿を描く。
高嶋 哲夫 (2)
3ネタの新鮮さに価値がある
4オススメですよ。
タグ:diary Book
posted by tk219 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ドブスを守る会について

まとめ
http://wiki.livedoor.jp/dobusdefendcommittee/
http://www26.atwiki.jp/2424242/pages/1.html

思うに、彼らのもっとも卑劣な部分というのは、「これを事件化することの難しさ」にある。
彼らを訴えて事件化するには、当然被害者が出てこなくてはならない。
しかしそのためには、動画をモザイクなしにして呼びかけるしかない。

つまりこれはレイプ被害に似たものがある。
論理を飛ばせば、彼らは単なるレイプ動画をもって「芸術作品」と呼んだに等しい。

写真や映像などというものは、対象を「美しくないように」撮るのに何の技術もいらない。
逆に「美しく撮る」にはセンスや技術が必要だろう。
彼らがその被写体と世間との間に、何らかの「発見されてこなかった何か」を見つけて、それを表現として昇華できたのであれば、それは芸術と呼んでもかまわない。
しかし単なる「悪意」を「芸術」とは言わない。単なる「嘲笑」を「芸術」と呼んではならない。
つまり彼らの行為には、芸術として擁護するための価値すらない。

多くの人間がこれに対して義憤を感じるはずである。
まず被害者がなんら非難されるいわれもないのに執拗に攻撃され、しかもその顛末を無許可に公衆に晒されている。
容姿というものは、努力をしても限界はある。
その弱点を笑いものにしようということの、一体どこがアートだというのか。

野蛮人の国ではどうなっているのか知らないが、現代の文明国という場所では、「いわれもなく、どうにもならないことを馬鹿にする」行為は卑劣だとされている。
卑劣はただの卑劣でしかない。

首都大学東京については、おそらく世間の誰もが大学の謝罪など望んでいない。
京都教育大学での集団レイプ事件の時もそうだが、一体何のために大学が謝罪をするのであろうか。
大学がなすべきは「処分」である。はっきり言えば「放校処分」だ。
その咎を受けるべきは加害者当人でしかない。
ならば大学は、彼らを処分する以外に選択できることはない。
タグ:diary
posted by tk219 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

フォント見本(6)

詳しくは、まず見本(1)へ。


HG羽衣M

1301.jpg


HG丸ゴシックM−PRO

1302.jpg


HG教科書体

1303.jpg


HG曲水M

1304.jpg


HG江戸文字勘亭流

1305.jpg


HG行書体

1306.jpg


HG重ね角ゴシックH

1307.jpg


HG正楷書体−PRO

1308.jpg


HG創英角ゴシックUB

1309.jpg


HG創英角ポップ体

1310.jpg


HG創英丸ポップ体

1311.jpg


HG創英プレゼンスEB

1312.jpg


HG平成角ゴシック体W5

1313.jpg


HG平成角ゴシック体W9

1314.jpg


HG平成丸ゴシック体W4

1315.jpg


HG平成明朝体W3

1316.jpg


HG平成明朝体W9

1317.jpg

タグ:diary font
posted by tk219 at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

フォント見本(5)

何のことか判らない方は、まず見本(1)をどうぞ。


FC袋重ね丸ゴシックH

1201.jpg


FC淡古印体

1202.jpg


FC筆記体

1203.jpg


FC平成角ゴシック体

1204.jpg


FC平成丸ゴシック体

1205.jpg


FC平成極太角ゴシック体

1206.jpg


FC平成極太明朝体

1207.jpg


FC平成中太角ゴシック体

1208.jpg


FC平成中太明朝体

1209.jpg


FC平成明朝体

1210.jpg


FC明朝体−B

1211.jpg


FC明朝体−L

1212.jpg


FC毛筆行書

1213.jpg


FC毛筆楷書

1214.jpg


FC隷書体

1215.jpg


HGえれがんと平成明朝体W3

1216.jpg


HGひげ文字

1217.jpg
タグ:diary font
posted by tk219 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

フォント見本(4)

何のことか判らない方は、まず見本(1)をどうぞ。


FC影丸ゴシック体−H

1101.jpg


FC影重ね丸ゴシックH

1102.jpg


FC勘亭流江戸文字

1103.jpg


FC丸ゴシック体−B

1104.jpg


FC丸ゴシック体−H

1105.jpg


FC丸ゴシック体−L

1106.jpg


FC丸ゴシック体−M

1107.jpg


FC教科書体−L

1108.jpg


FC教科書体−M

1109.jpg


FC行楷書体

1110.jpg


FC高橋隷書体

1111.jpg


FC重ね丸ゴシックH

1112.jpg


FC千葉ペン字体

1113.jpg


FC袋イーマ310

1114.jpg


FC袋イーマ513

1115.jpg


FC袋勘亭流江戸文字

1116.jpg


FC袋丸ゴシック体−H

1117.jpg
タグ:font diary
posted by tk219 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

画太郎先生ありがとう

私が尊敬する漫画家のひとりが漫☆画太郎先生なのでありますが、先生の第1回ジャンプGAGキングを受賞した後に、季刊ジャンプに掲載された読み切り作品が「エスカレーション」です。
高校3年生の時に描いた作品らしい。
私は立ち読みでこれを見て、あまりにも笑ったと同時に衝撃も受け、思わずこの「エスカレーション」だけを切り外して保存してしまいました。

ですので、単行本としては「画太郎先生ありがとう いつも面白い漫画を描いてくれて」に載ってるんですが、以下はあえて雑誌掲載時のものからの引用です。

esca01.jpg

季刊ジャンプというのは半分くらいが人気作家のスピンアウト作品やベテラン作家のリハビリ作品(?)だったりして、残り半分が新人読み切りという構成です(現在はどうだか知らない)。

ただ新人漫画家の読み切りというのはおおよそ、まだ編集に鍛えられてる最中であるため、どうしても話が小さくまとまろうとする傾向があります。
なんとか物語として成立させました、という感じで。
何度も何度もネームを書き直した結果なんだろうなあと、その苦労の跡がしのばれてしまうわけです。

ところがこの「エスカレーション」は違います。全然小さくまとまらない。
どのくらいまとまらないかと言うと、

esca02.jpg

こんな感じで始まった漫画が、

esca03.jpg

こんな風にしてエンディングを迎えます。
実際に読んでみないとわけがわかりません。予想不可能。
しかしまあ、とにかく笑える作品です。それだけは間違いない。
ギャグ漫画というのは非常に時流に影響されるジャンルですので、いつ読んでも笑える作品というのは貴重です。

本当、天才ですよ。この人は。

また漫☆画太郎先生というのは、キャラがいつも鼻水やヨダレを垂らしているため「汚い絵柄」というイメージがあると思います。
全くその通りです。
しかし本気を出すと実際は画力が高いというのが、これまた先生のいいところ。
「エスカレーション」の中でも、1コマだけこういうの(↓)が入ってます。

esca04.jpg

突然「え?こんなテク持ってたの?」という細かいトーンワークです。

「珍遊記」で「ドラゴンボール」を、「珍入社員金太郎」で「サラリーマン金太郎」をまるパクリしましたが(どちらも死ぬほど笑った)、ああいうのもそんじょそこらの画力ではできない芸当です。

最高の才能をもった作家が送り出す、最低の作品群。
単行本を読みおわってパタンと閉じたとき、心に浮かんだ言葉がそのまま表紙に書いてあるんでびびります。
「画太郎先生ありがとう、いつもおもしろい漫画を描いてくれて」と。


漫☆画太郎 (4)
5プロトタイプな漫画
5先生ありがとうございます!
5現代のピカソ。
520世紀を総括するにふさわしい本
タグ:diary Book
posted by tk219 at 14:29 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画・小説・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

フォント見本(3)

何のことか判らない方は、まず見本(1)をどうぞ。


FCかな書体20

1001.jpg


FCひげ文字

1002.jpg


FCふで楷書体

1003.jpg


FCまる文字

1004.jpg


FCイーマ108

1005.jpg


FCイーマ205

1006.jpg


FCイーマ310

1007.jpg


FCイーマ407

1008.jpg


FCイーマ513

1009.jpg


FCイラスト

1010.jpg


FCゴシック体−B

1011.jpg


FCゴシック体−H

1012.jpg


FCゴシック体−L

1013.jpg


FCゴシック体−M

1014.jpg


FC影イーマ310

1015.jpg


FC影イーマ513

1016.jpg


FC影勘亭流江戸文字

1017.jpg
タグ:font diary
posted by tk219 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

はやぶさの最後

私は和歌山大学のUstreamによる生中継で見ました。
ひどく遅延した方も多かったようですが、ほぼ22時50分代で、「はやぶさ」が流れ星となった姿を見ることができ、感動しました。


朝日
http://www.asahi.com/photonews/TKY201006130193.html

読売
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100614-OYT1T00140.htm?from=top

毎日
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/2010hyabusa/34.html

産経
http://sankei.jp.msn.com/photos/science/science/100614/scn1006140011000-p2.htm
posted by tk219 at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

はやぶさの軌跡

探査機「はやぶさ」が射出したカプセルが、本日深夜、オーストラリア南部のウーメラ砂漠に着地(着地想定区域は長さ約200キロ、幅約20キロ)します。

「はやぶさ」は2003年5月に地球を出発、
2005年11月に小惑星イトカワに到着、
数回の失敗を経て満身創痍になりながらもタッチダウンに成功し、イトカワ地表のサンプルを収集(本当に収集できたかはカプセルの中身を見るまでは不明)。

その後、世界初となる小惑星からの離陸に成功し、地球への帰還軌道に入りました。
今月5日、帰還コースの軌道修正に成功。
12日9時、地球まで71万6000キロまで接近。

13日16時頃、 内の浦上空(7年前に「はやぶさ」が旅だった場所)を通過。
距離約15万キロ。

19時51分にインド北部の高度約7万キロでカプセルを切り離し、22時51分、大気圏へ再突入。
「はやぶさ」本体はここで最後の小惑星突入シミュレーションを行い、燃え尽きてその生涯を終えます。
22時52分より、はやぶさとカプセルは流れ星のように輝き始めます。金星なみの明るさだそうです。
30秒後、「はやぶさ」は爆発して溶解消滅。

以下は、はやぶさの軌跡が判る動画(2010年3月までの状況)。

探査機「はやぶさ」の軌跡 舞-HaYABUSA 〜Falcon of phoenix 〜(前編)


探査機「はやぶさ」の軌跡 舞-HaYABUSA 〜Falcon of phoenix 〜(後編)



しかしなぜ、どうしてこんなに「はやぶさ」は私たちの心の琴線に触れるのでしょうか。
傷だらけになりながら、到底私たちには把握できないほどの距離を超えて帰ってくる、しかも地球を目の前にして消滅していく。
確かカントだったと思いますが、「崇高」という感情は、人間が把握できないほどの質量や強大な力を前にした時に湧き上がるものなのだそうです。

きっと私たちは「はやぶさ」の姿に、崇高さを感じているのではないでしょうか?



今日の夜は、各所で「オカエリナサト」(『トップをねらえ!』最終話ラストシーン)が見られることでしょう。
タグ:diary
posted by tk219 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

フォント見本(2)

何のことか判らない方は、まず見本(1)をどうぞ。


FCかな書体03

09_01.jpg


FCかな書体04

09_02.jpg


FCかな書体05

09_03.jpg


FCかな書体06

09_04.jpg


FCかな書体07

09_05.jpg


FCかな書体08

09_06.jpg


FCかな書体09

09_07.jpg


FCかな書体10

09_08.jpg


FCかな書体11

09_09.jpg


FCかな書体12

09_10.jpg


FCかな書体13

09_11.jpg


FCかな書体14

09_12.jpg


FCかな書体15

09_13.jpg


FCかな書体16

09_14.jpg


FCかな書体17

09_15.jpg


FCかな書体18

09_16.jpg


FCかな書体19

09_17.jpg

タグ:diary font
posted by tk219 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。