2010年04月09日

学歴というのはおそろしい

※思ったことを連想的に書いてますので、着地点はありません。

ずいぶん前になりますが、某国会議員を囲んで食事をしたことがありました。
私はその方の真正面に座っておりまして、話をふんふん、へー、ほー、と聞いておったわけです。
一流大学を出て、ストレートでキャリア官僚になって、米国留学して、その後立候補して……という華々しい経歴の方です。
物腰はソフトで、えらぶった感じがない。語彙も豊富。
聞くと、年間1000冊くらい本を読むそうです。

ところが話す内容が、どの部分を切り取っても尋常ではない。
いわく、「どこそこの予言者が言ってた」とか、「物質には固有の波動があって、摂取すると波動を取り込める」とか、「この儀式で毒素が抜ける」とか。
もう何言っちゃってんのという感じで、とてつもなく疲れる食事となりました。

でも、こんな人でも「○○高校から○○大学にストレートで入って」という風に、学歴が話のツカミとなって人口に膾炙されます。
その時点で「すごい人だね」ということになり、本当は別の意味ですごいんだが、わりといいイメージで世渡りできる。
50代、60代、70代になってもこういう風に言われるわけですから、いかに学歴が大事かということです。

私の知人には、毎年サンデー毎日だったかどこだったかで特集される「東大京大に進学する高校ランキング」を買うことを楽しみにしている男がいます。
当人(30代)は、就労経験なし。
で、彼は人に会えば出身大学だけでなく出身高校も聞き出し、別に聞きたくない人々に向かってそれをしゃべりまくるというのが趣味。

他にも、60代と70代の男がお互いに出身大学を誉めまくり、
自分の方を「いやいやそんなウチなんて」という感じで自虐するものだから、
「私なんて全然美人じゃないし〜、ぜぇんぜん魅力ないし〜」なんて言ってどんどん自分を誉めさせようとする女みたいなことを、いい年したおっさん(おじいさん)がえんえんとやってるという、
非常に気持ちの悪い場面に遭遇することも何度もあります。

それでもって何が学歴のおそろしさかと言って、↑のような人にかぎって「人間、学歴なんて関係ない」って言うんです。
つまり、「関係ない」というのは嘘です。でも嘘ではない。
どういうことか。

例えば、こんな記事があります。
成毛眞・インスパイア創業者――キャリアアップという前に結果を出せ《私のアラサー論》(1) -

この中に、
「人材というのは当たり年がある。ITで言えば55年で、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、サン・マイクロシステムズを創業したアンディ・ベクトルシャイム、ビノッド・コースラもそうだ。ITでは55年生まれじゃないと生き残れないという笑い話があるくらいで、この年代に有能な人材が集中している。」
という一文がある。

一読しただけだと、へえ、そういうものかと思うでしょう。
でも最後まで読むと、
なるけ・まこと 1955年生まれ
って書いてある。
この人は元マイクロソフト日本法人の社長。

この人がどういうつもりでしゃべってんのかわかんないけれども、私はポジショントークとかじゃなくて、単なる「天然」なのではないかとも思います。
自分の言ってること、書いてることを「あれ、おかしなこと表明しちゃったかな」と思ってない。
素朴に、自分に都合のいいことを、都合よくしゃべってしまう。ただそれだけ。

東大に姜尚中という教授がいます。
彼はよく日本での自殺率の高さを出してきて、日本はアメリカやイギリスより自殺率が高い。
それだもんで「日本社会が崩壊しようとしている」という話をされる。
しかし日本より自殺率が低いのに、とっくに社会が崩壊してるような国はいくらだってあるでしょう。どことは言わんけど。

で、こういう人々というのは、けっこう何も考えずに発言してます。
この部分は隠蔽して、こういう根回しで、こういう陰謀で、とかいったことはなく、ナチュラルにそう思って発言している。

ですから「学歴なんて、関係ない」と言う人というのは、自身はたぶん本気なんです。
男女平等を言いながら、男には大きな仕事を、女には雑用仕事をやらせる上司みたいなもので、そんなことやってたら男だけが経験つんで仕事できるようになるのは当たり前なのに、「やっぱり女はだめだな〜」なんて言うわけです。
でもこの上司も、たぶん本気で言ってるんです。

ですんで、学歴は大事です。おそろしいです。

たぶん着地できました。


タグ:diary
posted by tk219 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。