2010年03月27日

ヨハネスブルグのチケットが売れてないんだと

6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の入場券販売が振るわない。
国際サッカー連盟(FIFA)のバルク事務局長は「残り少ない日数で売りさばく工夫を凝らしている」と焦りを交えて話している。
一般販売分の入場券は307万枚で前回ドイツ大会とほぼ同数だ。前回は開幕の約5カ月前に急きょ、
販売数を293万枚から14万枚増やしたほど購入の申し込みが殺到した。今回はそのペースを大幅に下回っている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/100326/scd1003261647001-n1.htm

行きたい方はチャンスですよ。これは。

■以下は、外務省からの情報抜粋

・荷物そのものがロストバゲージとなる例が目立ちます。貴重品、カメラやビデオなどの他、若干の着替えなども機内持ち込み荷物にするなどの用心が必要です。
・住民による焼き討ちや公道封鎖事件が度々発生しています。
・殺人、強盗、強姦、恐喝、暴行、ひったくり、車上狙い、麻薬売買等の犯罪が時間、場所を問わず発生しています。
・試合の無いときは近寄らない方が賢明です。
・偽警官の被害も報告されています。
・危険と思ったら、直ぐにUターンして戻ってください。通り抜けようとすると更に危険な地域に立ち入ってしまうことがあります。
・カード情報の読み取り機を仕掛けられたATMを介して、現金が不正に引き出される事件が発生しています。
・高級ホテルやレストランにおいても、従業員が買収されている可能性がありますので、油断は禁物です。
・車のドアは必ずロックし、助手席等外部から見える場所にバッグやウエストポーチ、貴重品等を置かないでください。
・ヒッチハイクしている者は乗せない、暗闇では停車しない等の注意も必要です。
・隣国のナミビア、モザンビーク及びジンバブエの危険情報にも御留意ください。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=122

■実際に旅行した人の体験談

男のようにたくましい女性1人を含む日本人4人でヒルブローに行ったが、到着してほどなくそのうちの一人がいきなり腕を引っ張られ、5〜6人の強盗団に取り囲まれた。その時は女性が騒ぎ立てたので、驚いた強盗団は何も取らずに逃げたが。後で襲われた男性にそのときの様子を聞いたが、全員ナイフを持っていたそうである。
案の定、強盗団も最も襲いやすそうな人を選んで襲うようである。襲われた男性は、僕たち4人の中で最もやせていてひ弱そうに見え、そのため僕はヒルブローに行く前に彼に十分注意するよう忠告しておいたのだった。それにしてもヒルブローは危険な雰囲気が満ちていた。各交差点付近には怪しい黒人の集団がたむろしており、交差点を通るたびにこちらを睨んでくる。とても一人で行くところではない。

http://www.gaia-jp.net/south_africa.html

■その他、真偽不明の情報

国民の2割がHIVポジティブ。

ヨハネスブルク在住Aさん運転の車が、高速道路上で故障、道端に寄せて、車のボンネットを開けていたところ突然、車強盗に遭遇、Aさんは殺された。現場付近はきわめて強盗の多いエリアであったが警察はいくら故障したとはいえ、車の外にでるのはきわめて無謀。Aさんの場合は、車が故障した時点ですぐ車を道端に止め、ただ単に停車しているそぶりを見せながら、ドアのロックを確認し携帯電話で 緊急連絡先(そんなのがあるらしい)に連絡してレスキュー+警察を呼ぶべきだった。Aさんにも落ち度がある。携帯電話なしで、車の運転をするのは無謀極まりないとのコメントを発表した。

安宿には看板がなく(あると襲撃される)
空港や駅からは、Telしてピックアップで送迎してもらわねば怖くていけず。自ら出かけて道に迷ったら終わり。

ヨハネスのダウンタウン(中央駅付近)は「必ず」10分以内に強盗がでますからね。

処女と交わればHIVが治るとかいう都市伝説が蔓延。
素人にはお奨めできない。つーか玄人にもお奨めできない。

日本人の女の子でプレトリアでバスを降りるはずが乗り越して、ヨハネスにいったばっかりに到着直後に強盗にあった人がいる。
本当にバスでうたたねもできない国なんてないよ。
夜にバスのりすごしなら世界どこでもありえる話だけど、真昼の話だからね。

■コピペ
・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた
・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する
・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた教われる確率が50%の意味
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。


タグ:diary
posted by tk219 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。