2009年12月09日

自動で日時の判るファイル名をつけてバックアップする

これはファイルのバックアップを取る際、自動でファイル名にタイムスタンプをくっつけて保存しようというものです。

例えば「CPS.fp7」のバックアップを2009年12月09日の18時30分40秒にとるとしたら、勝手にファイル名を「CPS_2009129183040.fp7」にして保存しましょうという代物。

まずファイル名を計算します。
フィールド名を「backup_filename」にしたとして、
計算式を、

"(任意のフォルダ)/CPS_" & Filter(GetAsText(Get(タイムスタンプ));"0123456789") & ".fp7"

とします。

で、スクリプト。



変数を設定 [$bck; 値:backup_filename]
名前をつけて保存 [「$bck」;最適化]
If [Get(最終エラー)]
全スクリプト終了
Else
カスタムダイアログを表示 [ (任意のフォルダ)に [ " & backup_filename & " ] を保存しました。"]
End If



で完了。
(任意のフォルダ)というのは、そのまま入れるんじゃなくて、
そちらの環境に合わせて書き換えてくださいという意味です。

こんな感じ。

091209_cpsbck.jpg



タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 19:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。