2009年11月27日

住所録:郵便番号の取り込み

住所録では、郵便番号から住所を自動入力したり、住所から郵便番号を探すことができます。
郵便番号ファイルを呼び出すには、「〒」マークのところをクリックします。

address_zip1.jpg


このような画面が出ます。左から県名・市区町村・町域(+郵便番号)と並んでいます。

address_zip2.jpg


たとえば「東京都千代田区一番町」を探すとすれば、まず「東京都」をクリック。

address_zip3.jpg


次に「千代田区」をクリック。

address_zip4.jpg


最後に「一番町」をクリックすると、上にそれが表示されるので、右の「選択」をクリック。

address_zip5.jpg


郵便番号ファイルのウインドウが閉じられ、住所録に自動で入力されます。

address_zip6.jpg


郵便番号がわかっている場合は、郵便番号ファイルを呼び出さなくてもかまいません。
単に番号を入力して次のフィールドに移動すれば、自動で住所が入力されます。

address_zip8.jpg


郵便番号をインポートするには、郵便番号ファイル左下の「日本郵便」をクリックします。

address_zip9.jpg


ブラウザで日本郵便に接続します。
各都道府県のデータをダウンロードできます。
保存したlzhファイルを、適当な場所で解凍してください。

address_zip10.jpg


「三重県」のデータをダウンロードしてみました。

address_zip11.jpg


郵便番号ファイルの「インポート」をクリックします。

address_zip12.jpg


ダイアログが出ますので、ダウンロードして解凍したデータ(上の画面でいうと「24MIE.CSV」ファイル)を選択すると、自動でインポートを開始します。

数分かかる場合もあります。

address_zip13.jpg


「三重県」がインポートされました。

address_zip14.jpg

ここから自動入力する手順は、上記に同じです。




タグ:CPS help
posted by tk219 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。