2009年11月12日

Webビューアからデータを取得する

Webビューアの処理について。

たとえばファイルメーカーで、こんな風にウェブページを表示させます。

091112_object3.jpg

↑このページは、http://www.royalroad.jp/live/column/column11.aspです。特に意味はありません。

----------------------------------------------------------------
091112_object6.jpg
----------------------------------------------------------------

もしこのようにタイトルを自動で取得したい場合は、
TextExtraction ( URL_source ; "<title>" ; 1 ; "</title>" ; 1 )で解析できます。
「URL_source」は、HTMLソースを取得したフィールド。

091112_object5.jpg
HTMLソースは、「GetLayoutObjectAttribute」関数で取得できます。
具体的には、この辺りをご参照ください。

ただしWebビューアがHTMLを読み終わらないと取得できないので、
私は、スクリプトでWebビューアを開いたところでスクリプトを3秒停止。
そこからタイトルフィールドに移動させてからレコード確定させてます。

取得しおえるまでLoopでまわしてもいいんですが、タイトルくらい別に取得できないならできないでいいや、というのが私の考え方です。

またWebビューアが、「URL」フィールドの値を読み込むようにしている場合、

1,「URL」フィールドにURLを入力。
2,フィールド外をクリックするなどしてレコードを確定。

にしないと、Webビューアはそれを読み込んでくれません。
しかし感覚的にはアドレス打ったらリターンキーで決定したいわけですよね。

その場合は、
「URL」フィールドのフィールド/コントロールの「動作」を開きます。
そこの「次のオブジェクトへの移動に使用するキー」をTabじゃなくてReturnにしてしまえばいいのでは。

091112_object4.jpg

アドレス入力 → リターンキーをターン!と叩く → タブ移動
これでフィールドが確定し、Webビューアがアドレス
を読み込む。

このHTMLソースの解析というのは、いろいろできます。
例えばYahoo!ファイナンスを開いて、為替情報を見るとする。

----------------------------------------------------------------
091112_object1.jpg
----------------------------------------------------------------

そのHTMLソースを取得。Webビューアのオブジェクト名を「site1」にしたとして、

----------------------------------------------------------------
Let([
web = GetLayoutObjectAttribute ( "site1" ; "content");
start = Position(web;"日本円</th>";1;1);
end = Position(web;"米ドル</th>";1;1)
];
Middle(web;start; end - start)
)//Let
----------------------------------------------------------------

とすると、レート表の日本円の部分、
上の画面で言うと、「米ドル89.780000円」〜「ユーロ134.122342円」の1列分のソースが取得できます。

これをPosition関数、Middle関数、Substitute関数などで加工すると、それぞれの数値を抜き出して自動入力ができるというわけです。

----------------------------------------------------------------
091112_object2.jpg
----------------------------------------------------------------

こんな風に。


タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力のあるもの

本当に力のあるものっていうのは、

説明できないんだけれども、結果、

そいつが抜けてからの鋳型の方に形がついている

http://www.1101.com/ichiriki/06.html

タグ:WORD
posted by tk219 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。