2009年11月04日

馬鹿な男

知り合いの話なのだが。
その彼の名をA君としよう。

A君は既婚者であって、Bさんという女性と浮気している。
そのBさんには、A君以外に本命の彼氏がいる。

ある日、A君はBさんの家の引っ越しを手伝っていたそうである。
するとBさんの携帯電話に着信があり、彼女はこそこそと別の部屋に入って話し始めた。

相手はBさんの彼氏であった。
そしてA君は私にこうのたまうのである。

「俺、悲しくなっちゃって……。俺はこんなに彼女のことを好きでいるのに、彼女にとっての男は俺だけじゃないんだなって。こんな風に今一緒にいるのに、明日には別の男のところにいるだろうなって。彼女は俺のこと、愛してなかったんだ……。それが悲しくて……」

そう言うと、A君は大人びた表情(とっくにいい大人なんだが)でふっと笑って、遠い空を見つめた。
目に涙をためているように見える。
なんじゃこいつ。

「え? 彼女が明日には別の男とって……。きみはその当日夜には、嫁さんに会ってるだろう?」
「それは違う。妻とは同志のようなもので、恋愛とかそういうのじゃない」
「そ、そういうものかなー」
「俺たち夫婦は、もうそういう恋愛関係じゃないってことは、彼女もよく知ってることなんだよ。それなのに……」
「で、どうしたの」
「彼女にそれを言ってやったんだ。そしたら彼女も悲しそうな顔してた」
「へー」

A君は「悲しみを背負った男」風に格好をつけていた。

別に浮気してたことをバカらしいとは思わないが、こんなことを話して私の共感を得られると思ったのだろうか。
何かひと言いってやりたい気もするが、A君の自分自身にひたりきった顔を見ていると、こりゃ話が通じないなと感じた。

そう、世の中には話の通じない人間というのがいる。
そういう人と話すのは時間の無駄なのである。

馬鹿との戦いには、神も敗北する。ドイツのことわざである。


タグ:diary
posted by tk219 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。