2009年11月12日

Webビューアからデータを取得する

Webビューアの処理について。

たとえばファイルメーカーで、こんな風にウェブページを表示させます。

091112_object3.jpg

↑このページは、http://www.royalroad.jp/live/column/column11.aspです。特に意味はありません。

----------------------------------------------------------------
091112_object6.jpg
----------------------------------------------------------------

もしこのようにタイトルを自動で取得したい場合は、
TextExtraction ( URL_source ; "<title>" ; 1 ; "</title>" ; 1 )で解析できます。
「URL_source」は、HTMLソースを取得したフィールド。

091112_object5.jpg
HTMLソースは、「GetLayoutObjectAttribute」関数で取得できます。
具体的には、この辺りをご参照ください。

ただしWebビューアがHTMLを読み終わらないと取得できないので、
私は、スクリプトでWebビューアを開いたところでスクリプトを3秒停止。
そこからタイトルフィールドに移動させてからレコード確定させてます。

取得しおえるまでLoopでまわしてもいいんですが、タイトルくらい別に取得できないならできないでいいや、というのが私の考え方です。

またWebビューアが、「URL」フィールドの値を読み込むようにしている場合、

1,「URL」フィールドにURLを入力。
2,フィールド外をクリックするなどしてレコードを確定。

にしないと、Webビューアはそれを読み込んでくれません。
しかし感覚的にはアドレス打ったらリターンキーで決定したいわけですよね。

その場合は、
「URL」フィールドのフィールド/コントロールの「動作」を開きます。
そこの「次のオブジェクトへの移動に使用するキー」をTabじゃなくてReturnにしてしまえばいいのでは。

091112_object4.jpg

アドレス入力 → リターンキーをターン!と叩く → タブ移動
これでフィールドが確定し、Webビューアがアドレス
を読み込む。

このHTMLソースの解析というのは、いろいろできます。
例えばYahoo!ファイナンスを開いて、為替情報を見るとする。

----------------------------------------------------------------
091112_object1.jpg
----------------------------------------------------------------

そのHTMLソースを取得。Webビューアのオブジェクト名を「site1」にしたとして、

----------------------------------------------------------------
Let([
web = GetLayoutObjectAttribute ( "site1" ; "content");
start = Position(web;"日本円</th>";1;1);
end = Position(web;"米ドル</th>";1;1)
];
Middle(web;start; end - start)
)//Let
----------------------------------------------------------------

とすると、レート表の日本円の部分、
上の画面で言うと、「米ドル89.780000円」〜「ユーロ134.122342円」の1列分のソースが取得できます。

これをPosition関数、Middle関数、Substitute関数などで加工すると、それぞれの数値を抜き出して自動入力ができるというわけです。

----------------------------------------------------------------
091112_object2.jpg
----------------------------------------------------------------

こんな風に。


タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

力のあるもの

本当に力のあるものっていうのは、

説明できないんだけれども、結果、

そいつが抜けてからの鋳型の方に形がついている

http://www.1101.com/ichiriki/06.html

タグ:WORD
posted by tk219 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

インポートキャンセルでDBぶっこわし

家を出る前、ふとファイルメーカーに画像をフォルダでインポートしようとして、
しかしまだその肝心の画像データのフォルダがなかったことに気づき、キャンセル。
そのままエラーに続行を返したら、見事にデータベースがとんでもないことになってしまいました。

自分で作ったインポートスクリプトがキャンセルのことを考えてなくて、そのまま次の全置換ステップに入ってしまい、全レコードのアルバムIDを同じにしてしまった。
つまりどういうスクリプトだったかというと、

1,アルバムテーブルでレコードを作成
2,変数にアルバム名のIDを格納
3,画像テーブルでインポート(レコード作成)
(この段階で、レコードはインポートしたものだけが対象となっている)
4,取りこんだ画像レコードのIDに、変数(アルバム名)を全置換

というもの。
ところが3の段階でキャンセルして間違って「続行」を押しちゃったものだから、3000以上あった画像レコードがすべて同じアルバムIDに。そして残りのアルバムからは登録画像が消え去り、ゼロになってしまった。

憔悴したまま外出して、帰宅してから修正。
画像レコードに残されたファイルパスを見て、パスのフォルダ部分をコピーして検索。
すると選択画像と同じフォルダの画像だけが抽出される。
その画像が元々入っていたアルバムレコードを捜し、そのIDと名称をコピー。
画像レコードに戻って、IDをアルバムのIDに書き換えて全置換。
アルバムの名称もコピーして全置換。
無駄な労力って、しんどいですね。
すぐにスクリプトを修正しました。
タグ:diary filemaker
posted by tk219 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

第一次世界大戦はなぜ起こったか

第一次世界大戦はなぜ起こったか。
明日、11月11日は第一次大戦が休戦した記念日。この戦争はGreat Warと呼ばれ、1914〜1918年の4年間続きました。

現在もはっきりと「これが一番の原因」という結論が出ておらず、非常に複雑で、なおかつ非常に単純かつバカらしいとさえ言えるところに原因が「いろいろあった」とされます。

091110_Europe1914MAP1.jpg
※開戦前、1914年のヨーロッパ。

1、ドイツ帝国の戦争計画にそもそも無理があった。

第一次大戦の主要当事国(ドイツ・オーストリア VS フランス・ロシア・イギリス)には各国それぞれ「戦争が始まったら、こういう風に兵士を動員しよう」という事前計画がありました。
ドイツの計画は「シュリーフェン・プラン」と呼ばれるもので、ドイツ軍主力(8分の7)はベルギーを踏みつぶしてフランスに突入、反時計回りに回転してパリを包囲撃滅。
さらにそのまま東に転進してドイツを横断、西進してくるロシアと対峙するというもので、後世から見ればめちゃくちゃなものでした。

091103_Europe1914MAP2.jpg
※ベルギーさんにとっては迷惑千万な、ドイツさんの突っ走りかた。

そしてこの計画は「ロシアの動員速度は遅い」という前提で成り立っていて、その時間差は49日と見積もられていました。
ドイツのプランの最大の問題点は、とにかく時間との戦いであったこと。
つまり外交進捗や政治的判断と関係なく、フランスなりロシアなりの開戦の兆候があると見るや、自動的に戦争システムが発動してしまうことです。
本来はドイツの意思があっての戦争計画であるにもかかわらず、ドイツは「おまえらのせいで俺たちは計画発動するんだ。おまえたちさえちゃんとしてれば、俺たちはこんなことしないですむんだ」という逆ギレのような立場になるわけです。

さらに計画はフランスが49日以上抵抗すれば破綻、またそれ以上の速度でロシアが迫ればこれまた破綻というもので、実際の戦争ではどちらもドイツの目論見が外れました。

2、セルビア王国の政府中枢にまでテロ思想が入り込んでいた。

教科書で習う「第一次大戦の原因」は、セルビア青年によるオーストリア皇太子暗殺がその原因とされていると思います。
このセルビア青年たちが所属していたのが、「ブラックハンド(黒手組)」というテログループです。
これにはセルビア政府幹部が多数在籍しており、その首魁アピス(蜂の意)の正体はセルビア陸軍情報局長でした。
その思想は「大セルビア主義」であり、二重帝国南部のセルビア語住民の地域を奪取すべく、安易なテロ工作に走ったのでした。

091103_Europe1914MAP3.jpg

ここでセルビアを助けるべくロシアが動きます。
なぜロシアが動くかというと、その伏線は日本です。
ロシアは日露戦争に勝利できなかった。それすなわち太平洋側への不凍港を手に入れられなかったということ。
太平洋側がふさがった以上、ロシアは地中海に出るしかありません。
黒海からトルコ帝国の脇を抜けていくルートは死守せねばならない。
そんな場所に二重帝国の手をのばさせるわけには行かん、というわけです。

で、セルビアを保護するロシアと、暗殺されて怒り心頭のオーストリアが衝突。
ロシアが動けばドイツが自動的に戦争発動というわけで、当然ロシア支援のためにフランス出陣、仏露支援のためにイギリス参戦というわけで戦争のドミノ倒しが始まりました。

3、オーストリア=ハンガリー二重帝国の宰相が判断を間違えた。

当時のオーストリア宰相ベルヒトルトは、おそらく実戦となるのは対セルビア局地戦のみで、他はブラフ(脅し)だと思っていたふしがあります。
そもそも彼には、過去2回のバルカン戦争で外交に失敗し、大恥をかいてしまった伏線があります。
メッテルニヒやアンドラーシ、エーレンタールといったオーストリアの華麗なる策謀家たちの序列に自分も加わるためには、ここで一発キメておきたい。
ビビらせれば、ロシアは屈服する。するはず。してくれ。そんな風に思ったのかもしれません。
しかし駆け引きは失敗。チキンゲームは破綻しました。

ちなみにセルビア首都ベオグラードは、早々に「無防備都市宣言」を発します。しかしオーストリア軍は宣言を無視して攻撃開始しました。
そしてセルビア軍は南部から首都奪回を期して戦闘を開始しています。
ですからこの場合、「無防備都市」は戦争回避に何の役にもたっていません。

4、ドイツ帝国・ロシア帝国の情報伝達に不備があった。

開戦直前の深夜、ドイツ皇帝がロシア皇帝に電報を送ります。
「このままだと戦争になっちゃうよ」という内容です。
しかしロシア皇帝ニコライ二世は悪い意味で人がよく、深夜スタッフをたたき起こして緊急会議をひらくことができませんでした。
結局ひとり夜の宮殿で悩むしかなく、判断が遅れました。
さらにドイツ皇帝の寝所もポツダムにあり、電報がベルリンに届くと車に乗せて運ばねばならない(まだ電話線がひかれていなかった)。
ここでまた時間ロス。

5、五大国のそれぞれの同盟関係で、戦争のドミノ倒しが起こった。


中央同盟VS三国協商。
その中核がドイツとフランスです。これをお互いの視点で見ると、

フランス側:ドイツが攻めてきたら、背後からロシアに攻めてもらう。ドイツがロシアを攻めれば、自分たちが背後から襲う。
ドイツ側:フランスが攻めてきたら、オーストリアが南から襲う。ロシアが攻めてきたら、ドイツが叩く。

これらの運動がほぼ同時に開始されてしまいました。

6、古い戦争思想と新しい武器が混ざり合ってしまった。

開戦当初、例えばフランス軍の軍装はこんな感じです。
miniature-park_s3-f05.jpg

これはまだサーベル持った騎兵集団が突撃していたような、つまりナポレオン戦争の名残(第一次大戦の100年前)のようなもの。
ところが実際に登場したのは、マシンガンや地雷です。
こんな真っ赤なズボン(パンタロン・ルージュ)で走るなど、「撃ってください」と言うようなもの。
しかし兵士は走らざるをえない。

最も悲惨だった「ソンムの戦い」では、イギリス軍の初日だけで、戦死者2万弱、負傷者6万弱の被害を出しました(ちなみに日露戦争・旅順攻防戦の日本側死傷者は、7ケ月間で6万人)。
今でもソンムに行くと、見渡す限りえんえんと続く墓標を見ることができます。

昔ながらの突撃をするたびにマシンガンにやられ、しかしそれ以外の突破方法がない。
お互いにどんどん消耗して、あっという間に戦線は膠着し、地獄のような塹壕戦が始まります。
一日で何千何万もの命を犠牲にしながら、お互いに得られる戦果は数メートルの前進のみ。
その状況が、浸透戦術(ブルシロフ戦術、フーチェル戦術)の登場まで続きました

このことは直接的な開戦原因ではないように見えます。
しかし当時、誰もが1914年の夏に始まったこの戦争を「クリスマスまでに終わる」と思っていました。
そして遠い過去の戦争体験から、さほど死者も出ないと感じていました。
このことが開戦へのブレーキをゆるめ、人々を国家の英雄へと駆り立て、その世論が政府を押し流してしまったと言えます。

7、お互いの戦争計画が、鉄道の時刻表でまるわかりだった。

当時の大量輸送は鉄道のみです。宣戦布告に先立っての動員令が出れば、国民は最寄りの決められた場所に出頭、列車に乗って集結地に向かいます。
そこで訓練をしてから戦地に向かう。
つまり鉄道は「各都市→集結地→戦地」という一方向に効率よく動くように組み合わされます。

すると敵国にひとりスパイを送って、兵士が乗った列車の動く方向を見れば、どの戦地に動員されるかがまるわかりなわけです。
例えばドイツのスパイがロシアに潜入して駅に立っていれば、ロシア軍主力が向かうのはドイツ方面なのかオーストリア方面なのかが判るというわけ。


原因をもっと書き込んでいくと、他にもいろいろあると思います。
つまり、「これといって、ひとつに絞れない」わけです。

第一次大戦
:ウェブ上ではここ以上に「読める」場所はないと思います。

The Empire That Was Russia
:カラー写真の帝政ロシア。当時の最先端技術で撮影しています。

Mediatheque de l'architecture et du patrimoine
:こちらは主にフランスの写真。

An Ambassadors Memoirs - Maurice Paleologue
:開戦当時、フランスの駐ロシア大使であったパレオログの日記。彼の目を通した、ロシア皇帝ニコライ二世(及び外務大臣サゾーノフ)の開戦意思の形成過程を読むことができます。

■参考図書
私が持ってるもので、思い出せた分だけですが。

History of World War I
:洋書です。A.J.P.Taylorによる編集。写真が豊富で見やすいです。

図説第一次世界大戦 <上>
学習研究社 ¥ 2,100
待望の第一次世界大戦本


図説第一次世界大戦 <下>
学習研究社 ¥ 2,100
現代の戦争を語るには避けて通れない筈ですよね。


歴史群像 2009年 02月号「カンブレー1917」
学習研究社 ¥ 1,000


歴史群像 2009年 04月号「アミアン1918」


死闘の海―第一次世界大戦海戦史
三野 正洋, 古清水 政夫 ¥ 1,680
第一次世界大戦はおもしろい!


帝政末期のロシア
アンリ トロワイヤ, Henri Troyat, 福住 誠 ¥ 2,625
主人公と共に・・・


ニコライ二世とアレクサンドラ皇后―ロシア最後の皇帝一家の悲劇
ロバート・K. マッシー, Robert K. Massie, 佐藤 俊二 ¥ 3,059
感情的でなく、分かりやすく丁寧なかきかたです
有名な本
皇室の滅亡


西部戦線異状なし (新潮文庫)
レマルク, Erich Maria Remarque, 秦 豊吉 ¥ 700
新訳で読んでみたい
戦場の若者
ユーモラスだけど非情な戦争文学
すぐれた娯楽作でもある
反戦意識をさらに強固なものとした本


西部戦線異状なし [DVD]
エリッヒ・マリア・レマルク ¥ 3,675
少年兵の古典的映画
In-depth look war and peoples attitudes.
ただひたすらに兵士は哀しい
反戦映画の傑作
:僕が持ってるのはVHSビデオですが。さすがに売ってもなければ、これからVHSで見ようという人もいないでしょう。

■直接の関係はないけど……というもの

飛行艇時代―映画『紅の豚』原作
宮崎 駿 ¥ 1,890
んー
いちジブリファンの感想
ポルコ大好き!フォルゴーレ号大好き!
:大戦後の名残ということで。当時の南欧の雰囲気とか。

天使 (文春文庫)
佐藤 亜紀 ¥ 620
やはり、稀に見る完成度を誇る傑作
電子辞書を握り締めて徹夜で読了
非常に面白く、非常に不親切な小説
難解だがとても面白い小説
天才の業績にひれ伏す。

:超能力バトル。舞台が第一次大戦ウィーン。

明石工作
 
稲葉 千晴 ¥ 693
posted by tk219 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

ダイエーがいちばん強い

家の近所に見知らぬ食料品店があったので、覗いてみまして。
それで、炭酸水を買いました。

CA391131.jpg
↑の左が「サン・ペレグリノ(S.Pellegrino)」、右が「ロスバッハ(Rosbacher)」。

僕はただの炭酸水が好きで、よく飲むのです。
ただサンペレグリノの方は、僕にはマイルドすぎます。料理にはあうんだろうけど、単体としてはどうでもいい感じ。

ロスバッハはだいぶガツンとくる、きつい炭酸水です。
かなりの硬水で、その味もいい。
でもなあ……、まだ物足りない。

今のところ最強は、ダイエーで売ってるやっすい炭酸水。70円ぐらいのやつ。
飲んだ瞬間、喉にドラララララーッとラッシュをかましてきます。
きめこまかさとか高級感とは無縁の、ド炭酸。

しかしこれが意外とやめられない。
というかこんなの知っちゃったせいで、サンペレグリノが飲めなくなりました。

--------------------------------

地元の駅前で、ストロープワッフルが売られてます。

CA391145.jpg

うすいワッフルをスライスして、間に熱々のキャラメルソースをはさんでます。
週1回しか売ってくれず、その限定感がたまらない。
タグ:cook diary
posted by tk219 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

こたつおろし

そろそろだなと思い、「冬の魔物」こたつを出しました。
何が魔物かというと、すぐに睡眠へとひきずりこむ上に、本当に寝てしまうと体はバキバキに痛むし肌はカッサカサになり、熱いんだか寒いんだかよくわからなくなって風邪を引くというね。

で、ひさしぶりに出してみると、ヒーターの部分にほこりがギッシリつまってたので、分解して掃除しました。

CA391240.jpg

ネジを外せるところは外して(分解前に写真とっとくと、あとで混乱しない)、掃除機の細いノズルで吸い込む。
ぴかぴかの金属が見えてきて、超気持ちいいです。

CA391241.jpg

↑の写真を見ると、上の方では中心のファンまわりに黄色っぽいほこりがぎっしりついてたのが、下の写真だと綺麗になってるでしょう。
え、わからない? あ、そう……。
タグ:diary
posted by tk219 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

今まで一番だった洋食

西元町にある「洋食の朝日」に行って、ビフカツ定食を食べた。
嫁はランチ(ハンバーグにエビフライ2尾ついてる)。

CA391251.jpg
めちゃくちゃ美味い!美味すぎてびびる。
しかも安い!ビフカツ1200円、ランチ900円。

南京町の「アシェット」も美味しいけど、あちらは1500円することを思えば、すいませんが朝日の勝ち! 本当にびっくりした。

話によると、今はもう日本を捨ててフランスに行っちゃった「ジャンムーラン」(かつて関西で唯一のグランメゾンと呼ばれ、ここから巣立った弟子たちが「オルフェ」「ル・セット」「シェ・ローズ」「ル・フェドラ」「ぺルージュ」「ジャンティ・オジェ」などを作ったという伝説的なフレンチの店)の美木剛氏がエッセイだったか何だったかで「日本に帰って朝日の定食たべたい」と言ってたくらいのものだったらしい。

店があるのはへんぴな場所なのだが、中は超満員。客も途切れずやってくる。
どんなに変な立地でも、味が超絶うまければいくらでも客なんてやってくるってことなのだろうか。

国道2号線沿いに「ゴータム」というインド料理屋があるのだけれども、そこの立地はラクシュマン氏が店をやるまでにいくつかインド料理屋ばかりが何店も入れ替わったという場所だった。
しかしどれもいまいち客が入らず、歴代どの主人も「住宅地の中だし……やっぱり場所がね……」なんて言っていた。

しかしゴータムになってからは客はひっきりなしに来ておって、いまや石屋川に二軒目をひらいている。
客の多くはリピーターで、常連ばかりなもんだから、店をやってるラクシュマン夫婦は、客の注文聞いてんだか日常会話してんだかよくわからないときもある。
かく言う私どもも、夜に彼らがまかない食べてるところに呼ばれて一緒に食べてたりする。

CA391249.jpg
住宅街にある「洋食の朝日」。

料理屋はやはり味が一番なのであって、立地というのは言い訳といったら言い過ぎかもしれないが、けして決定的要因ではないのだろう。
逆に立地がいいのに客が来ないなんていうのは、それはどんなに言い訳したところで「美味くない」のだと思うしかない。

で、話は戻って洋食の朝日である。
どこにあるかといえば、この店を狙っていかねば、地元でもないのに偶然通りがかるような場所ではない。



目印としては本願寺神戸別院、別名「モダン寺」を目指せばいいだろう。
CA391253.jpg
これがモダン寺。
タグ:diary cook
posted by tk219 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ニューオータニ神戸ハーバーランドが営業終了

神戸ハーバーランドのニューオータニが今年いっぱいで営業終了されるそうです。
終わるとなると行ってみるかとか思って、相手にしてみると「終了だといってこんなに来てくれるなら、これまでに来ていただければ終了なんてことには……うっうっ……」なんて思われちゃったりして、でも終了じゃないと思い出さなかったとかあったりして、難しいものですなあ。

----------------------------------------------------------------------
本日はとても大切なご案内をさせていただきます。

1992年9月1日に開業したニューオータニ神戸ハーバーランドは
12月26日(土)をもって営業を終了する運びとなりました。

最後までスタッフ一丸となって『はあとふる』なおもてなしをして参ります。

11月は行楽、12月はルミナリエ&クリスマスの楽しいシーズンでございます。
是非ハーバーランドに足をお運び下さいませ。
タグ:diary
posted by tk219 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

47都道府県が思い出せない

ふと、少し前に時間があって考えてみたら、これがなかなか思い出せない。


ノートに書き出してみて、「なんだ、全部わかっちゃうじゃない。やるじゃないの、おれ」とか思ってたら、数えると43しかない。

あと4県、完全に忘れてるわけです。

しばらくうなってみても、まっっったく思い出せない。


北海道 :北海道

東北地方:青森県、秋田県、山形県、岩手県

北陸地方:新潟県、石川県、富山県

関東地方:東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、埼玉県、栃木県、福島県

中部地方:愛知県、岐阜県、山梨県、静岡県

関西地方:福井県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、三重県

中部地方:岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県

四国地方:香川県、徳島県、高知県、愛媛県

九州地方:福岡県、長崎県、大分県、熊本県、佐賀県、鹿児島県、沖縄県


↑数えたら、43。


正解は、以下。地方の区分も間違ってました。



北海道 :北海道

東北地方:青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県福島県

北陸地方:(北陸という区分はなかった)

関東地方:東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、埼玉県、栃木県、茨城県

中部地方:愛知県、岐阜県、山梨県、静岡県、富山県長野県石川県福井県新潟県

関西地方:滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、三重県

中部地方:岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県

四国地方:香川県、徳島県、高知県、愛媛県

九州地方:福岡県、長崎県、大分県、熊本県、佐賀県、鹿児島県、沖縄県、宮崎県


赤字が間違ってたところ。

完全に忘れていたのは4つ、宮城県、茨城県、長野県、宮崎県でした。


実は私の本籍は長野県なんですよ。それを忘れてるという。

よく祖父が「我が家は信州松本藩に代々仕えてうんたら」って話してたのに。

ご先祖さまに申し訳ない。
タグ:diary
posted by tk219 at 15:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

天ぷらを食べたら、イノシシがいた

お昼は、なんば「こめじるし」にある天ぷら屋「大吉」に行ってきました。

本店は堺の港にあって、深夜1時開店〜早朝9時くらいまでという営業形態だったため、普通に暮らしていたのではいけないお店でした。
僕も大学1回生の頃にに一度行ったきりです。

注文したのは魚ランチ。1000円。大海老というのが本当に大きい。
衣はさっくり、中身はむっちりで美味しい。

CA391210.jpg

天つゆにドバッと大根おろしが入っているのも嬉しいところ。


で、天ぷらを食しますと、なつかしさがこみあげてくる。
空腹とノスタルジーに勝る調味料はないでしょう。
この時は両方そなえた状態だったわけで、これは至福と言
わざるをえない。

家の近所にも、「天楽」や「天がゆ」といった店があります。
たとえば今日の「大吉」と「天楽」のどっちが美味いかと聞かれたら、
これは「天楽」と答えます。値段も全然違うけど。

でも食べた瞬間の「うまいもん食ったぜ!」という喜びは「大吉」の方が上だったかもしれない。ノスタルジーを差し引いても。


ちなみに「天楽」は衣が軽くて、食べても油やけしません。大人の天ぷらです。
「天がゆ」はもうちょっとこってりしてます。
「大吉」は荒々しい海の男って感じ。どれも美味しいです。


散歩してたら、川にイノシシがいました。

CA391199.jpg

えさくれるのけ?みたいな顔でこっちを見ている。
タグ:diary cook
posted by tk219 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OhX!1992年6月号

本棚整理その2。なつかしの「Oh!X」です。


091101_ohX_01.jpg

表紙。昔のパソコン誌はこんな感じでした。


当時、コンプティークが毎号アイドルを表紙にしていて、「軟弱な!」と思っていました。

買ってたけど。

ポプコムがイラストで、ベーマガが画面+ダンプリストみたいな。どれも買ってました。


091101_ohX_04.jpg

特集は「創刊10周年記念PRO-68K」。


附録に、でっかい5インチフロッピーディスクがついてました。

そして全X68000ユーザーをうならせたと言っても過言ではない、伝説のゲーム「SION II」が収録されておったわけです。

編集部の人たちが作ったゲームが、その辺の市販ゲームより遙かに面白いというすごさ。


またSION IIは音楽が強烈に良かった。こちらから聞けます(作曲者・西川善司氏のブログ)。



または、こちら。





誌面に戻って。


091101_ohX_02.jpg

PCM8.X。


当時X68000の音源ハードは、FM音源8声+PCM音源1声で、このPCM音源というのはサンプリング音源というやつです。

で、PCM8.Xは、この1声しかないPCMを8声まで同時多重再生させてしまうというとんでもない代物で、ハードウェアの制約をソフトウェアが超越してしまうという代表例のような伝説的プログラムと言えましょう。

後には音程と音量も指定できるPCM8A.Xが登場します。

財政的にあまりソフトを買えなかった私は、毎日音源ドライバーをいじって遊んでいました。

そのうちNAGDRVにはまって、Z-MUSICに移ってという感じです。


ちなみに私は、今でもFM音源の音が好きです。

広がらない、湿った音なんですけどね。そのソフトな感じがたまらない。

今でも一般的なシンセ音は渇いていて嫌いです。


091101_ohX_03.jpg

オールドタイムス。


中央右よりに、「満開1号予約開始」とあります(実際に製作開始されるのは2号だが)。

満開製作所か……。

またこの号には、故・祝一平氏などの記念コラムも掲載されていました。

この人の文章は面白かったんですよ。祝氏は満開製作所の創立者でもありました。


満開が発行していたディスクマガジン「電脳倶楽部」というのがあって、私は当時ソフトベンダーTAKERUで購入していました。

こちらが画像つきで解説してくれてます)


この頃はパソコン通信なんて趣味人の大人が「今月通信費が30万円いっちゃったよー、はっはっは」なんて言ってた時代で、高校生の私に手を出せる領域ではありませんでした。

そんな私にとっては、TAKERUというのは実にありがたい存在でした。


そう言えば電脳倶楽部といえば、「満開の電子ちゃん」です。

調べてみたら、こちらにアーカイブがありました。



祝氏は1999年に亡くなったんだな、と思っていたら、よく考えるとPCM8.X作者の江藤氏も26才の若さで亡くなってるんですね。
タグ:diary
posted by tk219 at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | なつかしの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

馬鹿な男

知り合いの話なのだが。
その彼の名をA君としよう。

A君は既婚者であって、Bさんという女性と浮気している。
そのBさんには、A君以外に本命の彼氏がいる。

ある日、A君はBさんの家の引っ越しを手伝っていたそうである。
するとBさんの携帯電話に着信があり、彼女はこそこそと別の部屋に入って話し始めた。

相手はBさんの彼氏であった。
そしてA君は私にこうのたまうのである。

「俺、悲しくなっちゃって……。俺はこんなに彼女のことを好きでいるのに、彼女にとっての男は俺だけじゃないんだなって。こんな風に今一緒にいるのに、明日には別の男のところにいるだろうなって。彼女は俺のこと、愛してなかったんだ……。それが悲しくて……」

そう言うと、A君は大人びた表情(とっくにいい大人なんだが)でふっと笑って、遠い空を見つめた。
目に涙をためているように見える。
なんじゃこいつ。

「え? 彼女が明日には別の男とって……。きみはその当日夜には、嫁さんに会ってるだろう?」
「それは違う。妻とは同志のようなもので、恋愛とかそういうのじゃない」
「そ、そういうものかなー」
「俺たち夫婦は、もうそういう恋愛関係じゃないってことは、彼女もよく知ってることなんだよ。それなのに……」
「で、どうしたの」
「彼女にそれを言ってやったんだ。そしたら彼女も悲しそうな顔してた」
「へー」

A君は「悲しみを背負った男」風に格好をつけていた。

別に浮気してたことをバカらしいとは思わないが、こんなことを話して私の共感を得られると思ったのだろうか。
何かひと言いってやりたい気もするが、A君の自分自身にひたりきった顔を見ていると、こりゃ話が通じないなと感じた。

そう、世の中には話の通じない人間というのがいる。
そういう人と話すのは時間の無駄なのである。

馬鹿との戦いには、神も敗北する。ドイツのことわざである。
タグ:diary
posted by tk219 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ひどい男

よく「大酒飲みで働かないし、博打好きで浮気癖があって私のこと殴るけど、結婚したらきっともっとしっかりして変わってくれると思うの」という女性がいるというんだが。
それで「そういう女の人って、なんでわかんないのか」と聞かれた。

それはたぶん、その男は四六時中彼女のことを殴りつけて怒鳴りあげて金をかすめとってるわけじゃなくて、たまには優しいこと言ったり、くだらないもの買ってきたり、「俺、心入れ替えて頑張る」みたいなこと言ったりするんだよ。
実際、短期間はちゃんと変わってみたりするんだ。

ところが普通の人なら耐えて我慢しておさえこむような不満でも、わりと短い導火線で爆発しちゃって元の木阿弥になったりするわけだ。
だから女としては、「この人はふらふらと心が定まらないから、私がきちんと支えてあげられてないからこうなるのよ。とっても心の弱い、繊細な人なのよ。私がいないと」とか思ったりするのかもしれない。
そして「この人は今までいろんな人に流されてきた。だから結婚して、しっかり自分の家族という足場ができれば、きっと変われるはずなのよ」と思ったりもするのかもしれない。

だからひどい男ってのは、24時間ひどいわけじゃあないんだよ。
たとえ24時間ひどかったとしても、48時間ひどかったとしても、たまに6時間ぐらいひどくないんだよ。
タグ:diary
posted by tk219 at 20:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

蓬莱学園の復活!!

本棚を整理していたら、こんなのが出てきました。
RPGマガジン1991年6月号。ちょっとレアものかなと思いました。

091101_rpgmagazine.jpg

091101_hourai.jpg
--------------------------------------
「蓬莱学園の復活!!」
竹内誠 監修:柳川房彦 イラストレーション:富士宏

(前略)
蓬莱学園では、4月上旬から5月上旬にかけて体育祭の真っ最中である。競技の一部を紹介するなら、いっさいの照明を使用せず真暗闇の中で行われる深夜騎馬戦、実弾と実銃を使用する海上模擬戦、腕に自信のある者たちが競う真剣試合など、ほとんどが死傷者の続出する過激な青春の暴走行為である。
今回の事前プレイは、その中でも比較的おとなしい競技のひとつ、「学園環状線つな引き」開催の一週間前から始まる。
このつな引き、全長25kmというロープを一度に12クラスが引っ張り合うというものだ。前年はロープが切断されてしまったため、勝敗が決まらなかった。しかし今年は、式典実行委員会によってロープがケプラー製に強化されて、切断のおそれはほとんどなくなった。
この競技では、自分のエリアにもっとも長くロープをたぐりよせたクラスが勝利する。しかしながら、ただロープを引っ張るだけが勝利の方法ではない。敵チームに対して攻撃をすることが許されているのだ。攻撃の方法にほとんどルールはなく、素手による殴り込み、車での激突、時限爆弾、暴れ馬の乱入などさまざまである。むしろロープを引っ張るよりも、ライバルを攻撃することによって勝敗が決すると言っても過言ではない。……
--------------------------------------

イラストを描かれている富士宏氏は、ナムコの「ワルキューレ」シリーズでも有名です。

ついでに思い出したところでは、臨時講師採用試験だったか期末試験だったかで、
「1・1・9・9の4つの数字を使って、加減乗除で10にせよ」
ってのがありました。
ところが全く答えが思い出せない。腹が立ってきて元資料をひっくりかえしました。

すると他にもこんな問題が。
「1ケタの自然数3つを使って、つくれる最大の自然数はどのような数か。ただし四則演算(+ー×÷)はそれぞれ一度まで使ってよい」

答えは「9の9乗の9乗」。=3億8742万0489桁の数
四則演算を一度も使わないのがポイントです。

ちなみにグランドマスターの柳川房彦氏は、現在は小説家・新城カズマとして活躍されています。
とりあえずこのあたりが蓬莱テイストも感じられておすすめです。

『星の、バベル』(上下巻)
 
新城 カズマ ¥ 714
間違いなく新城カズマの最高傑作
衒学趣味の功罪


『サマー/タイム/トラベラー』(上下巻、第37回星雲賞日本長編部門受賞)
新城 カズマ, 鶴田 謙二 ¥ 693
ちょっともったいない。
不安感をあおる……
ああ、面白かった。
ノスタルジックな物語り
人を選ぶかも


ついでに、本棚からこんなものも発掘しました。

ネットゲーム91「那由他の果てに -Over The Nayuta-」
091101_nayuta.jpg
タグ:diary
posted by tk219 at 12:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | なつかしの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

メディアマーカーというサービス

こういう便利なサービスがあったので、ちょっと登録してみました。

--------------------------------------------------------------
MediaMarker(メディアマーカー)は、情報メディアの記録・管理・共有ができるWebサービスです。
本や雑誌、CD、DVD、ゲーム、ソフトウェアといったアマゾン取扱品、
Webサイトのブックマーク、独自アイテムなど、あらゆる情報メディアが一括管理できます。
--------------------------------------------------------------
http://mediamarker.net/about

実際どんなことができるのかについては、この辺が詳しいです。

大量の蔵書を一括管理できる!「MediaMarker(メディアマーカー)」
(CNET JAPAN)
http://japan.cnet.com/review/editors/story/0,3800080080,20392295,00.htm

で、メディアマーカーさん自身の紹介によると、

■情報メディアの管理
本やCD、DVD、ゲーム、Webサイトなどの情報をまとめて管理できるほか、ISBN番号がない古書などを手入力して登録することも可能です。
また、カテゴリ別、タグ別、著者別、出版社別などに分類したり、それぞれのRSSフィードを出力することもできます。

■購入金額、読書数のグラフ表示
毎月の本やDVDなどの購入金額を管理したり、読書数を記録することができます。
購入金額などの記録は、カテゴリ別に色分けされたグラフが自動的に作成されるので、日々の状況が一目で分かるようになっています。

■ソーシャル機能
登録した本やCD、DVDなどを通じて、ほかのユーザーとつながることができます。さらに、
・ユーザー同士で複数の本をまとめて交換できる 多対多の物々交換
・献本によって無料で本を紹介ができる 献本PR
・機能要望などを自由に書き込める アイデア掲示板
・選択式アンケートを自由に作成できる 投票
・ユーザー間でメッセージをやりとりできる メッセージ
・他ユーザーの書評に対して賞賛の気持ちを伝える メダル
・お気に入りのユーザーを登録できる ウォッチ
といったソーシャル機能も用意されています。

とあります。
しかし単純に検索するだけで、蔵書の表紙をずらっと並べられるのが楽しい気がします。
肝心のさまざまな機能はまだ全く試していません。

ちなみに、私のバインダーはこちらです。
これを打っている部屋で、目についた本、思い出した本を登録してみました。
http://mediamarker.net/u/kondotakaki/
タグ:diary service
posted by tk219 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参照保存したデータをエクスプローラで表示する/もしくはエクスポート

データ(画像とかテキストとかOfficeドキュメントとかPDFとか)をおさめたオブジェクトフィールドを、仮に「filedata」としたとします。
これには参照のみ保存している場合と、データそのものをファイルメーカーに取りこむ「参照のみでない」保存があると思います。

そこで、

参照のみ保存の場合:実体データのある場所をエクスプローラで表示
データがFM内にある場合:データをエクスポートする

というスクリプトの書き方です。

filedata:データを保存するフィールド(オブジェクトフィールド)。
filepath:参照の場合、データのパスを保存するフィールド(計算フィールド、計算値を自動入力で計算値を上記filedataにしてもいいし、GetAsTextにしてもいいです)。

■スクリプト:

If [Exact ( Left ( fairu : 5 ) ; "file:" ) ="1" ]
 変数を設定 [ $path ; 値:MiddleValues ( Substitute ( filepath ; "filewin" ; "file" ) ; 2 ; 1 ]
 変数を設定 [ $Command ; 値 : "explorer.exe /e, /select, \"" & $Path & "\"" ]
 Eventを送信 [「aevt」;「odoc」; $Command ]
Else
 フィールド内容のエクスポート [ filedata ]
End If

となります。
タグ:filemaker
posted by tk219 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。