2008年09月29日

交響曲第九・第四楽章「歓喜の歌」歌詞

私は12月、日本中で恒例の「年末になると第九を歌い出す人」の一員になっており、毎週練習にいそしんでおります。

以下はベートーヴェン(ドイツ語的にはベートホーフェン)が作った、なんで耳が聞こえないのにこんなの書けちゃうの!天才にもほどがあるわ!という交響曲第九の最終楽章に使われる、「歓喜の歌」の歌詞(原詩はシラーの『An die Freude』)で、自分なりに訳してみました。



O Freunde, Nicht diese Töne !
Sondern laßt uns angenehmere anstimmen, Und freudenvollere.

友よ、こんな調べではなくもっと楽しい歌を!
もっと喜びに満ちたものを。

Freude, schöner Götterfunken,Tochter aus Elysium,
Wir betreten feuertrunken, Himmlische, dein Heiligtum!

歓喜よ、神々のきらめきよ、天上の楽園の乙女よ、
炎のような情熱に酔いつつ足を踏み入れる。
天なる汝の聖所へ!

Deine Zauber binden wieder, Was die Mode streng geteilt;
Alle Menshen werden Brüder, Wo dein sanfter Flügel weilt.

汝の力は、時の流れによって分け隔てたものを、再び一つにする。
汝の柔らかな翼のもとで、全ての人は兄弟となる。

Wem der grosse Wurf gelungen,
Eines Freundes Freund zu sein,
Wer ein holdes Weib errungen,
Mische seinen Jubel ein!

大いなる幸福を手にした者、すなわちひとりの友の友なり、優しい妻を得た者よ、その歓喜を共に!

Ja, Wer auch nur eine Seele sein nennt auf dem Erdenrund!
Und wer's nie gekonnt, der stehle weinend sich aus diesem Bund.

そう、例えたったひとつの魂でも 自分のものと呼べるものが世界にあるのなら!
それができない者は、涙を流してここから立ち去るが良い。

Freude trinken alle Wesen An den Brüsten der Natur,
Alle Guten, alle Bösen folgen ihrer Rosenspur.

主の乳房より歓喜を飲み、
善き者も悪き者も、全て主の薔薇の小径を辿る。

Küsse gab sie uns und Reben,einen Freund, geprüfut im Tod;
Wollust ward dem Wurm gegeben,und der Cherub steht vor Gott!

我らは接吻と葡萄酒、そして死をもってしても奪えぬ友を与えられた。
快楽の官能は虫けらのごとき我らにも与えられ、智天使ケルビムは神の御前に立つ!

Froh, wie seine Sonnen fliegen,durch des Himmels prächt'gen Plan,

喜ばしくも神の計画によって、星々が天空を駆けるがごとく。

laufet, Brüder, eure Bahn,Freudig, wie ein Held zum Sigen.

兄弟よ、わが道を往け。英雄のように喜ばしい勝利を目指せ。

Seid umschlungen, Millionen !
Diesen Kuß der ganzen Welt !
Brüder ! überm Sternenzelt muß ein lieber Vater wohnen.
Ihr stürzt nieder, Millionen ?
Ahnest du den Schöpfer, Welt ?
Such ihn überm Sternenzelt !
Über Sternen muß er wohnen.

抱き合おう、諸人たちよ!
全世界にこの口づけを!
兄弟よ、星空の彼方には 敬愛なる父がおられる。
諸人よ、ひざまづかぬのか?
世界よ、主の存在を思うか?
星空の彼方に 神を求めよ!
その彼方に神は住みたもう。



私がかなり意訳してるので、レポート等には用いないでください。
posted by tk219 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

ジョブスの祝辞

中学・高校での講義で、現AppleのCEO、スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)のスピーチ映像を使いました。2005年のスタンフォード大学卒業式で行われたものです。

Steve Jobs challenges Class of '05 to 'stay hungry, stay foolish.'(映像)
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/videos/51.html
字幕入りの映像
http://jimaku.in/w/D1R-jKKp3NA/nbZXF_WFQDq
'You've got to find what you love,' Jobs says(英語書き起こし)
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505
Steve Jobsのスピーチ、山口訳(日本語訳書き起こし)
http://www.h-yamaguchi.net/2006/07/jobs_2f1c.html

ジョブスは現在アップルとピクサーのCEOとして有名です。
20才台前半でスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniac)と2人でApple Computerを起業。
あっというまに急成長して数千億円企業となります。

しかし自らヘッドハンティングした、ペプシコーラの元社長ジョン・スカリーと対立して失脚。
自ら興したはずのアップルから追放されました。

ジョブスは新しくNeXTという会社を設立し、「NeXT Cube」を作りあげました(ジョブスはこの形が好きなんでしょう。執念は後のG4 Cubeに再現されます)。
NeXTのOSには、当時としては最高峰の技術が投じられました。
コスト度外視で先進的なコンピューターを開発するんですが普及せず、途中からNeXTSTEPやWebObjectsといったソフトウェアの専業に移りますが、じり貧になってきます。

その頃、古巣のアップルはどうなっていたか。
ハードウェアラインナップの乱発、OS開発の対重なる失敗(その中にはIntel版MacOSもありました)などによって倒産の危機に瀕していました。
そこで招聘されたのが、ナショナル・セミコンダクター社を再建したプロフェッショナル、ギルバート・アメリオ(Gilbert Amelio)でした。

アメリオはOSの自社開発を捨て、ジョブスのNeXTSTEPか、同じくアップルからスピンアウトしたジャン・ルイ・ガセー(Be)のBe OS、もしくはマイクロソフトのWindowsNT、はたまたサンのSolarisのどれかを次世代MacOSとして採用しようとした結果、NeXTを選びます。

かくしてもう一度クパチーノに復帰したジョブスは、アメリオの後釜に座ることに成功、取締役会を一新してアメリオが整備しつつあった再建策を継承、さらにライセンス更新を拒否して互換機をつぶします。
すぐに「Think Different.」キャンペーンを行い、アップルが生まれ変わろうとしているイメージを流布しました。

デザイナーとしてジョナサン・アイブ(Jonathan Ive)を重用、当時は常識だったフロッピードライブを搭載せず、周辺機器用に普及しはじめたばかりのUSB端子のみ備えた、一体型のiMacを開発します。
かつて始めてMacintoshを発表したとき、ジョブスはパソコンに「Hello」と合成音声であいさつさせました。
そしてiMacで「Hello (again)」。
アップルはiMacの大成功で息を吹き返します。

またハードウェアラインを整理し、

Pro / Consumer / Desktop / Notebook

の4つのマトリクスにまとめます。つまり、
・ PowerMac(Pro-Desktop)
・ PowerBook(Pro- Notebook)
・ iMac(Consumer-Desktop)
・ iBook(Consumer-Notebook)
です。
これでシンプルになったラインを補うのが、パワーコンピューティングPowerComputing社を買収してのBTO(Built To Order)でした。この前後には、小売店との関係を破棄し、これまでアップルに忠誠を誓ってきた多くの販売店を切り捨てています。

ハードウェアは次々にデザインを更新させ、ユーザーに先進的なイメージを植え付けました。
その後になるとG4 CubeやMac mini、eMacといったマトリクスから外れる商品を開発しますが、当時は開発リソースを集中し、マーケティング政策を明確にし、流通コストを下げ、既存のユーザーをなんとしても引き留める必要があったのでしょう

これはソフトウェアにおいても同様で、MacOS X、Mac OS X Server、QuickTimeあたりに集中していたのではないかと思います。
iMacの細かなリニューアルで膨大なキャッシュをためたAppleは、ついにiPodを発表します。
当初は「ハア?」という反応でした。これだけだと、ちょっとお洒落なMP3プレイヤーにすぎなかったからです。

そこでiPodとシンクするソフトウェア、iTunesを無料で配布。
さらにジョブスは各レコード会社との交渉を勝ち抜き、楽曲を安価で一曲ごとにダウンロード購入できる、iTunes Music Storeを開始します。
このためにiTunesは、珍しくWindows版も開発しました。
アップル自身は楽曲販売で儲けず、iPodの販売で儲けるという形でした。
結果……ボロクソに儲かりました。

またジョブスはアップルを追放された後、NeXT以外にピクサー(Pixar Animation Studio)も経営していました。
こちらでは、お金を注いでじっとガマンするということを学んだようで、制作にはあまり口出しせず、しかし有利な配給ができるよう外部と交渉していました。
その第1作目が「トイ・ストーリー」。大ヒットでした。

続く「バグズ・ライフ」「ファインディング・ニモ」など、続々と作品をヒットさせ、配給側のディズニーは自社制作映画で失敗を続けます。
ここでジョブスは「ディズニーとの関係、やめるかも」と言いだし、「配給してやっていた」ディズニーの立場を「配給させていただく」立場へと転落させました。

気づくと、プレゼンテーションとネゴシエーションの天才であるジョブスは、ディズニーの最大個人株主となっていました。

------------------------------------------------

さて、そうしたジョブスのスピーチを英文とともに追いかけて聞かせ、訳文を読ませ、再び英文を追いかける、という授業をしました。
posted by tk219 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

インスタントWebを試した

Complete Systemを、インスタントWebで公開してみました。
共有機能をさわるのは初めてです。

まず「アカウントとアクセス権の定義」を開く。
「拡張アクセス権」の、

[fmiwp]インスタントWeb公開によるアクセス

を編集して、管理者とユーザーのアカウントにだけアクセス許可を与える(チェックをオンにする)。
※今回はあくまで実験なので、ゲストユーザーのログインは認めず、管理者とユーザーのID・パスワードを知る者だけが閲覧できるようにしたためです。

次にメニューバーの [ 編集 ] → [ 共有設定 ] → [ インスタントWeb公開 ]

を選び、公開をオンにする。言語は「日本語」。
ここで表示されるURLをメモする。
「アクセス権セットによってユーザを指定」の「指定」を押して、先ほどのアクセス許可の指定を確認する。

後は別のマシンのブラウザで、メモしたURLを開く。
これで終わり。すばらしいですね。
買ってよかった、ファイルメーカー。


驚いたのは、意外とレイアウトを忠実に再現していること。
しかしオブジェクトやフィールドをもりだくさんに重ね合わせた上に、多段スクリプトを走らせたおす性格のため、細かい動作としては動いたり動かなかったり。

Web互換でないスクリプトステップがスキップされたり、透明にして配置しているボタン位置がずれてしまったりするのが、おかしくなる原因なのではないかと思います。

そこでインスタントWeb用のレイアウトを作りました。
とりあえずポータルで、住所録のレコード一覧を表示し、その横に入力フィールドをまとめた1つの計算フィールド表示するだけの、簡単なもの。
計算フィールドは、要は氏名、所属組織、自宅、携帯、メール……といった情報をひとつにまとめ、状況に応じて不要な語句や改行を取りのぞいたものです。
とりあえずは、そのデータを閲覧だけできるようにしてます。入力不可です。

instantweb_test.jpg

起動スクリプトもカレンダー関連のややこしい過程があるので、ブラウザで開いた場合はすっとばすように設定します。
具体的には、

PatternCount ( Get ( アプリケーションバージョン ) ; "FileMaker Web Publishing" ) = 1

これで正なら、普段の処理をすっとばしてWeb公開用レイアウトへ、負であれば通常通りということになります。
タグ:filemaker web
posted by tk219 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

友の大切さを説く

私は今、十代から両親より「学生時代の友人は大切にせよ」と何度も言われた意味をかみしめています。

それはどういうことなのか?
「大人は大人を注意しない」という現実についてです。

現在、ある人に依頼している仕事があります。仮にAさんとしましょう。
Aさんはパートの仕事もしている主婦の方。
内容は、ある文字原稿の改変作業です。

1,印刷原稿全てをスキャンしてOCRで読み込む。
2,OCRの誤字、不体裁を修正する。
3,あらかじめ決めたルールに沿って単語を置換する。
4,矛盾のないように細部を調整する、というもの。

作業自体は単純なのですが割と時間のかかる内容です。
依頼したのは4月で、〆切は8月末でした。
しかし8月末に絶対その原稿が必要というわけでもなく、一応の目安として設定したまでです。

そして現在……作業は(2)から進んでいません。
およそ1週間に1度、メールが来ます。
「何日もお待たせしており申し訳ございません」から始まり、「今一度お時間を下さるようお願いいたします」に至るまで、20行ぐらいこまごまと言い訳が書かれた長大なメールです。
そして約2週間に1度、原稿データが送られてきます。

全く未完成な代物が。

それで今日、恒例のメールが送られてきました。
要約すると「全体の確認をしていたら時間がかかってしまいました。もうちょっと待ってください」とある。
私は「え?」と思いました。

全体確認、まだやってなかったの?

そこで私はついに、まだやってなかったんですかという返信をしました。
私の目的は仕事を終えてもらうことであって、喧嘩をすることではありません。
ですから何度も書き直して、怒気の見える文を削除し(最初は完全に怒っていた)、いやみを取り去り、丁寧な文体で書いたつもりです。

するとしばらくして返信が。
「誤解を与えてしまったようです」とある。
そしてまた長々と19行(数えた)。

最後の一文。
「あまり作業に関係のないことで言い争いをしていても申し訳な
いので早急に作業を進めさせていただきますことをご了承ください」

はは。ははははは。
早急にって、もう9月末だよ。
しかも、「言い争い」ですか。

課長「山田くん、あの書類、まだかね。もう12時だぞ」

山田「まだです。すいません。あ、お昼行っていいですか?」

課長「きみ、朝の朝礼で10時までにできると言ってただろう。お昼なんて行ってる場合か」

山田「大変申し訳ございません。早々にご指摘いただきましてありがとうございます。課長様のお言葉から、お怒りがあるように見受けられましたので、差し出がましいとは思いつつ、誤解を解くべく申し上げたいと思います。実は今日、私は朝食を抜いておりました。普段はきっちり食べなければ力が出ないタイプであり、それを判っていながら、なぜか朝食を食べないなどという失態を犯しまして、仕事に支障をきたしております。何ともお恥ずかしいかぎりです。そのため今、空腹で倒れそうな次第であることをご報告申しあげなければなりません。また朝10時にはできあがると報告した点につきましても、誤解を与えてしまったようです。10時にできるというのは私が自分の能力を過信していたためで、あくまでもできればいいな、できるかもしれない、という朝の朝礼時点での見解に過ぎませんでした。ですから朝礼におきましても、私は10時にできると思います、と申し上げました。『思います』というくらいでありまして、願望の多く入り交じったお答えをしてしまい、申し訳ありませんでした。いつものことながら、最初からきちんとご説明しておけば、課長様が誤解されるようなこともなかったのに……と歯がゆい思いでいっぱいです。しかし、このような内容の仕事をするのは初めてで、私の拙い頭ではついていかないと言いますか、勝手が分からなかったことも大きく影響し、もう限界だという所まで追い込まれるほどでした。重ね重ね、申し訳ありませんでした」

課長「……(どこから突っ込めばいいのか判らない)。じゃあなぜ、10時の時点でそれを言わなかったの」

山田「申し訳ありません。とにかく今少し、お時間をください。これ以上、言い争いをして課長様にご迷惑をかけるわけにはいきません」

課長「え? 言い争い?」

山田「早急にお昼ご飯をすませ、すぐに仕事に取りかからせていただきたいと思います。それでは、失礼いたします」

課長「おい、待て山田!!」



私はもう返信できませんでした。
「こうすべきだ」とか「ここは間違ってる」とか指摘するのは、相手に向上するチャンスを与えることです。
何度でも、めげずにそうしたチャンスを与えるのは、家族や親友にしかできないことでしょう。
(4月からの5ケ月間ずっとこういうやりとりがあったのだと想像してください)

大人は大人を注意したりしません。
そういうことをしてくれるのは、利害関係のない所で形成された関係の人間です。
みなさん、学生時代からの友人は大切にしましょう。
タグ:diary
posted by tk219 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

フォーム形式とリスト形式でずれるピクセル位置

※技術的なことは判りませんので、下記はあくまでも経験論です。

ファイルメーカーでレイアウト作成時、私は常に「オブジェクト情報」を表示させて作業します。
ひとつのテンプレートの中で、基本的なインターフェースが統一されないと気持ち悪いからです。
皆さんもレイアウトのフォーム形式とリスト形式、双方のヘッダーやフッターを統一することはよくあると思います。

そこで私はオブジェクト情報を見つつ、フィールドやオブジェクトの位置をピクセル単位で合わせるんですが、同じ数字にしているのに、レイアウトを切り替えるとずれている。

リスト形式の方が、ちょっとだけ右に……。その差、3ピクセル。


これには理由があります。
ステータスエリアを非表示にしている場合、リスト形式の時に座標がずれるみたいです。
たぶん、下図みたいなことなんじゃないかと思います。

fm_object_start.jpg



つまりリスト形式でオブジェクトを、
 横(←)0pix,縦(↑)0pix に置くなら、
フォーム形式のときは、
 横(←)3pix,縦(↑)0pix に置かなきゃいけないようです。

タグ:filemaker
posted by tk219 at 17:13 | Comment(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住所録の個別表示(1)

Complete System ヘルプ


h_address_personal_s.jpg


住所録で、個別に表示した状態。

氏名を入力すると、上にふりがなが自動で入ります。修正可能。

その下の「肩書き」「所属名」「部署」のうち所属名については、同じ所属者(つまり会社の同僚など)をまとめて表示する機能もあります。


カテゴリーは親と子の2つ設定できます。

例えば「大学の同級生」というカテゴリーがあるにしても、


大学の同級生──同じ授業

        同じクラブ

        同じバイト

        同じゼミ


みたいに分けたい場合もあるわけで、そのために2つあるんだと思ってください。


その下が誕生日。「記念日」ボタンを押すと、カレンダーで記念日として設定されます。

この例で言うと、毎年1月1日はあサンプル太郎氏の誕生日として、カレンダー上で色分け表示されます。



携帯電話・電子メールは、最近は複数持つ人が多いので、そういう入力に対応してます。理論上は無限に入力できます(あ、いや。ファイルメーカーの限界レコード数までか)。

「mail group」については、別の「メール管理」のエントリーで説明したいと思います。


次に右の4つのタブについて。

「予定」「自宅」「所属」「国際」となってます。


「予定」はカレンダーとの連携です。

例で言うと「あサンプル太郎」氏が関わった予定が一覧表示されるというわけです。

「自宅」はその通り、自宅住所を入れる場所。都道府県・市町村など別々に入力するようになってますが、郵便番号の上のグレー表示をクリックすれば、まとめてコピーできます。

番地の右にある矢印をクリックすると、その住所でGoogleMapを表示します(要インターネット接続)。


「more」というボタンを押すと、別の住所を追加できます。

実家とか、別宅とか、単身赴任とかでお使いになるかなと。


telとfaxはそのままですね。電話番号とファックス番号。

ただfaxの文字だけ四角で囲んであります。

ここをクリックすると、電話番号をそのままファックスの方へコピーします。

この2つの番号は大抵は同じだったり似てたりするものですから、便利にお使いいただければと思います。


その下に「旧姓」。右のチェックを入れると、リストで旧姓表示されます。

田中一郎さんが山本さんと結婚して、現在山本一郎になってるとしますよね。それで旧姓「田中」と入れてチェックを入れると、


田中(山本)一郎


と表示されるようになります。


その左にある「交換」ボタン。

これを押すと、自宅と所属の住所をまるごと交換します。
posted by tk219 at 01:00 | Comment(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

演奏会の詳細

神戸フロイデ合唱団第41回「第九交響曲」演奏会

曲目:モーツァルト  歌劇「フィガロの結婚」序曲
   ベートーヴェン 交響曲「第9番ニ短調(合唱付)」作品125

日時:2008年12月18日(木)19:00開演
場所:神戸国際会館こくさいホール

http://www.kih.co.jp/hall/index.html
(収容人数約2000名だそうです)

指揮 :亀井 正比古
独唱 :ソプラノ 並河 寿美
    アルト  荒田 祐子
    テノール 倉石 真
    バリトン 田中 由也
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
合唱 :神戸フロイデ合唱団

入場料:S席 \6,000(座席指定)
    A席 \5,000(座席指定)
    B席 \4,000(当日座席交換)

私はテノールにおりますです。
タグ:diary
posted by tk219 at 18:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WindowsXPでメイリオを使う

ファイルメーカーでテンプレートを作っていて、とても困るのがフォントの問題。
わりと作り込む方なので、フォントが変更されるとレイアウトが崩れてしまう。
かつては MacOS の Osaka と Windows の MSゴシックがそうでしたが、今はヒラギノとMSゴシック、そしてVistaから加わったメイリオが問題になります。

今はどうだか知りませんが、ひととき評判の悪かったメイリオフォント。
私は好きですけどね。
こういうフラットなのが流行りなんでしょ? 知らんけど。

で、ヒラギノのことはとりあえず置いといて、Vistaで作ったテンプレートを、今なお現役、そしておそらくVistaより重宝されそうなXPで不自由なく使えるようにするために、XPにメイリオを入れておこうという話です。

Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f7d758d2-46ff-4c55-92f2-69ae834ac928&DisplayLang=ja

↑ここからダウンロードして、フォントファイルをダブルクリックしたら勝手にインストールされます。

後はどこだっけ、画面のプロパティだったかな、
「スクリーンフォントの縁をなめらかにする」
とかいう項目があるので、そこにチェックを入れる。
posted by tk219 at 08:55 | Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderbirdでメール転送を添付(.eml)にしない

メールクライアントととしてサンダーバード(Thunderbird)を使っています。
しかしメールを転送しようとすると、テキストをそのまま引用せず、「.eml」という添付ファイルの形にするんですよね。
これはこれでいいのかもしれませんが、問題は添付ファイルのあるメールを転送しようとしている時で、添付できてるのかどうかよくわからん。

で、どうしたらいいのか調べたところ、

ツール → オプション → 編集 → 一般

「メッセージを転送するとき元のメッセージを」→「メールを本文に含める」

ちなみに確認したバージョンは 2.0.0.16 です。
posted by tk219 at 08:41 | Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

映画『厨房で逢いましょう』

レンタルDVDで映画『厨房で逢いましょう』を観た。

数をかぞえるのに「アイン、ツヴァイ、ドライ……」ってしゃべってたから、たぶんドイツ映画でしょう。
人付き合いの苦手な天才料理人グレゴアと、食い意地の張ったドあつかましいヒロインのエデン、そしてその夫クサヴァーのお話。

原タイトルは『EDEN』というくらいで、物語はまさにヒロイン・エデンの回りで流転する人々を描く。

本編を観てから予告編を観ると、その編集技術に驚きます。
だって予告編だけ見ると、『幸せのレシピ』みたいな、なんだかんだ料理つくってみんなハッピーという内容にしか見えないもんね。

しかしそこはハリウッド映画ではない、渋い渋いヨーロッパ映画であって、美味しい料理を作って軽い家族のトラブル乗り越えてハッピーエンド、とはいかない。

でもいい映画ですよ。面白かった。クサヴァーはバカだけど。
タグ:cinema diary
posted by tk219 at 00:41 | Comment(0) | 映画・小説・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

メールアドレスをローカルとドメインに分離する

メールアドレスを入力するのに、「sample@example.com」とあったとすれば、
・sample
・@example.com
に分離すれば、次にまた「○○○@example.com」の人が出てきた場合、後ろのドメイン部分をオートコンプリートできるんじゃない?と考えたわけだ。
最近のファイルメーカーはフィールド設定で「入力済みの値を利用してオートコンプリート」というオプションを選べるんだけど、日本語の場合は確定しないとこれが動かない。
「日本太郎」と入力したいのに

「日」
「日本」
「日本太」

などと一文字変換しては確定して、オートコンプリートできるかどうか待つというのも馬鹿な話で、あんまり実用的じゃない。
でもメールアドレスなら、確実に半角英数字である。変換しなくていい。
それなら、オートコンプリートも実用的だ。

ということで住所録のメールアドレスは前と後ろで入力を分けて、後で「前&後ろ」みたいな計算フィールドを作ればいいじゃないと考えた。
しかしこれまで蓄積してきたレコードは、普通に「sample@example.com」の形で入力済である。
そこで、こいつらを分離するのはどうしたらいいか。

最初考えたのが、次の計算式。
元々のメールアドレスが蓄積されているフィールドが「メール」という名前だと思ってください。

ローカル部分を抽出する計算フィールド:
Middle ( メール ; 1 ; Position ( メール ; "@" ; 1 ; 1 ) - 1 )

ドメイン部分を抽出する計算フィールド:
Substitute ( メール ; アドレス前方抽出 ; "" )

これでいいじゃん、と思った。最初は。
前方部分は「@」までのテキストを抽出し、後方部分は元のアドレスデータの、前方部分を空白で置換する。
ところがこれ、「sample@sample.com」みたいなアドレスだとダメでした。ドメイン部分が「@.com」になっちゃう。
つまりローカルが「sample」だから、全部とっぱらっちゃうんだね。

そこで改良して、

ドメイン部分を抽出する計算フィールド:
Right ( メール ; Length ( メール ) - Length ( アドレス前方抽出 ) )

にしました。元のアドレスの文字数を出して、単純にローカル部分の文字数を差し引いた分、アドレスの右から抽出する。
何か問題あるかもしれないけど、とりあえず今日はそんな感じ。
タグ:filemaker
posted by tk219 at 23:07 | Comment(0) | ファイルメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月表示(月曜スタート)

Complete System ヘルプ

h_month_M_s.jpg

カレンダーで「月」表示にした状態。
設定で週初めを日曜日か月曜日のどちらかを選べますが、この画像の場合、月曜からのスタートになっています。

日付表示エリアをクリックすると、その日の詳細を表示できる「日」表示画面へと移動します。
この時、シフトキー+日付クリックで、新しい予定を入力することができます。

画像の「21日」を見ると、日付表示エリアが黄色になっています。
これは当日をあらわすもので、このスクリーンショットを撮ったのが9月21日だったということです。
さらにその週、つまり「今週」の背景がうすい黄色で表示されます。
(以下、表示色は設定で変更可能)

また「15日」と「23日」の背景がうすいピンク色になっています。
これは両日が国民の祝日であることをあらわしています。つまり敬老の日と秋分の日ですね。
祝日は自動で計算され、カレンダーに反映します。

※HolidayJ関数を使用しています。©2004-2005,SHAMOTO Syuji
http://www.fmpro.jp/fmi/xsl/plugin/cf.xsl?ID=0005

次に「21日」「24日」「26日」の背景がうすいブルーになっています。
これは「記念日設定」によるもので、ユーザーが自由に設定できます。
画面ではぼかしてありますが、実際には人名が表示されており、その人の誕生日であることをあらわしています。
この「誕生日」については、住所録からも設定できます。

画面上部のグレーのバーに「今月」「選択」「検索」「印刷」とあります。これらはそれぞれ、以下の機能を持っています。

今月:今月に移動
選択:任意の月(1995年1月以降)に移動
検索:入力した予定を検索
印刷:月表示の予定を印刷

最後に、画面左端に赤い棒が表示されています。8日・15日・22日・29日の週です。
これは「複数日」の予定があることをあらわしています。
詳しくは「複数日」の説明でいたしますが、これで言えば「24日〜28日まで東京に滞在」といったような予定があるということです。
赤い棒の部分をクリックするか、画面上部の「複数日」をクリックすることで複数日予定の表示画面へと移動します。
タグ:CPS help
posted by tk219 at 10:17 | Comment(0) | CPSヘルプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

仕事できてない

朝八時に起床。書いていた原稿を嫁に見せると、一読して矛盾を指摘される。
反論とかごまかしとかできない、完全無欠の矛盾(変な日本語)。
恥ずかしい。

午後は町に出る。毎日長蛇の列ができるカツ丼屋があって、そこに並んでみる。
なんで自由業の私が土曜日のお昼にわざわざ並ばなきゃいかんのか。
平日のランチタイムを外したり、朝のラッシュ、ゴールデンウィークやお盆を無視できるのが、福利厚生や社会保険会社負担がない自由業にとってのメリットではないか。
ではなぜ並ぶか。
人気のあるところは、誰でも並びたい。それだけだ。

カツ丼食べた後は、近くのケーキ屋でお茶を飲む。モンブラン食べた。
ちなみにモンブランは、銀座のアンジェリーナが最強である。
でも銀座って、なかなか行く機会がない。

本屋で書籍を2冊購入した(仕事用)。
『食糧がなくなる!本当に危ない環境問題』(武田邦彦、朝日新聞出版)
『ほんとうの環境問題』(養老孟司・池田清彦、新潮社)

読むのがいやだから、嫁に買ってこさせた『愛がなくても喰ってゆけます。』(よしながふみ)を読んだ。

食い物メインの読み物ってのは、エロと同じくらい需要があると思うね。
まあ当たり前か。
タグ:diary
posted by tk219 at 23:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CompleteSystem ver.0.9 download

2008/09/20 Complete System ver.0.91



もしくはこちらからどうぞ。

ベクター

posted by tk219 at 23:07 | Comment(0) | ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。