2007年08月28日

陸上自衛隊総火演

8月23日、富士山のふもとにある東富士演習場での、陸上自衛隊総火演の総合予行を見に行ってきました。
以前やった仕事の関連で、招待状がもらえたので。

当日朝、御殿場駅につくと豪雨。
帰ろうか、箱根に寄って温泉にでもつかろうかと悩む。
しかしまあとりあえず、と思いながら直行バスに乗りました。

するとバスに乗って数分で雨がやんで曇り空。すごいですね、山の天気。

fuji_fuji.jpg

演習場につくと雨気まじりの、涼しい気候。
死ぬほど持ってきた、私の冷却グッズの立場はどうなるんでしょうか。

せっかくなので最前列にスペース確保しました。
富士学校の人たちがうろうろしてます。
これから人前でぶっぱなしまくるわけで、ワクワクしてるんだろうなあ。

それにしても、変なのが多かった。
自分ルールで動き、そんなの知るわけない他人にも押しつけて、怒って叫ぶ。
妙にガタイのいい、肉体労働系の中高年に多かった気がします。

海上自衛隊の展示訓練に呼んでいただいた時も思いましたが、
「こんな連中でも、俺たちは守らなきゃいけないんだ」
という訓練の一種なのかと思うほどです。

ところが開始直前になってものすごい濃霧が発生、富士山が見えなくなりました。
それどころか、目標も見えない。
一応、戦車や装甲車、偵察バイクやヘリが次々に登場するんだけれども、いまいち何やってるのか判らない。

fuji_tank.jpg

さらにアナウンス。

管制「これより○○による、○○射撃をご覧いただきます」
オーッ!!(一般人の歓声)
部隊「目標、確認できず!」
管制「残念ですが、射撃は中止させていただきます」
エーッ!!(一般人のブーイング)

これが何度も続く。
ギャグの基本に繰り返しというのがありますが、だんだんおかしくなってきて、

(さあ、くるぞくるぞ……)→「中止させていただきます」→(やったー!!爆笑!!)

みたいな妙なことに。
結局、午前中は何もできませんでした。

20分ほどの休憩後は午後のプログラム。
少し霧が晴れてきました。
しかしプログラムは航空中心なので、もうダメだなこりゃと思っていたら、どうやら午前の内容を午後に詰め込むことにしてくれたようです。
もう連続でぶちかましまくり。

fuji_tank2s.jpg

「これから発射する」と判っていても、体がビクッとなってしまうくらいの音と地響き。
戦車が猛スピードで疾走して目標を攻撃、バイクはウィリーしながら飛び上がり、ミサイルランチャーが火を噴く。
ちなみにそのミサイルは、浜松まで飛ぶそうです。
発射されて霧の中につっこんでいったので、おそらく浜松は火の海でしょう。

隊員さんの、ちょっと疲れた感じ後ろ姿。

fuji_gsdf.jpg

全般的には、楽しかったです。
タグ:event
posted by tk219 at 16:06 | Comment(0) | 外出(遠出) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

重要アイテムの一覧

"Ultima V -Warriors of Destiny-"での重要アイテム一覧です。
個人的な備忘ものなので、気にしないでください。

<シャドーロード用3点セット>
偽りの破片(Shard of Falsefood)
:デシートのダンジョン(Dungeon of Deceit)から入った地下世界にある。
 偽りに対応するのはライキューム(Lycaeum、真実の砦)。

臆病の破片(Shard of Cowardice)
:ヒスロスのダンジョン(Dungeon of Hythloth)から入った地下世界にある。
 臆病に対応するのはサーパンツ・ホールド(Serpants Hold、勇気の砦)。

憎しみの破片(Shard of Hatred)
:コブトもしくはロングのダンジョン(Dungeon of Covetous, Wrong)から入った地下世界にある。
 憎しみに対応するのはエンパス・アビー(Enpath Abbey、愛の砦)。

<ロード・ブリティッシュ関連>
ロード・ブリティッシュの王冠(Lord British's Crown)
:ロード・ブラックソーン(Lord Blackthorn)の城にある。

ロード・ブリティッシュの杖(Lord British's Sceptre)
:ストーンゲート(Stonegate)にある。シャドーロード達を殲滅した後に取ること。

アミュレット(Lord British's Amulet)
:ダスタードのダンジョン(Dungeon of Dastard)、もしくは滝壺から入った地下世界にある。

魔法の絨毯(Magic Carpet)/サンダルウッドの箱(Sandalwood Box)
:ロード・ブリティッシュの小部屋にある。

<冒険のおとも>
グラップル(Grapple)
:エンパス・アビーのロード・マイケルが持っている。

六分儀(Sextant)
:グレイヘヴンのデビッドが持っている。

望遠鏡(Spyglass)
:ファーシングのロード・セガリオンが持っている。

HMSケープ号の設計図(Plans for The HMS Cape)
:イースト・ブリタニーのホーキンス親方の店にある。

ムーンストーン(Moonstone)
:各ムーンゲートにある。

<その他>
ガラスの剣(Glass Sword)
:サーパンツ・スパインの山脈の中に落ちている。要グラップル。

神秘の剣(Mystic Arms)/神秘の鎧(Mystic Armor)
:ヒスロスのダンジョン(Dungeon of Hythloth)から入った地下世界の、溶岩の中に落ちている。

黒いバッジ(Black Badge)
:ウィンドミアのエリスタリアが持っている。
タグ:ultima game
posted by tk219 at 03:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ヒストリエ4巻を購入

暑すぎて涼みに入った書店で見つけて、すぐ購入。
アフタヌーンを読んでおらず、いつ出るのか知りませんでした。

今回は備忘として、これから重要になりそうな人物で史実のものと合致しそうな人を、書いておきましょう。

このたび4巻では当初から始まっていた回想、
「なぜエウネメスは故郷カルディアへ帰還している──つまり、外の世界にいたのか」
がようやく終わり、時間軸がエウネメスの現在に戻りかけてきます。

エウネメスはボア村を襲うフィレタイロス家の長男ダイマコスに、知略によって戦勝するわけですが、その手打ちとしてやはりサテュラと結ばれることはかなわず、村を出ざるをえなくなります。
このあたりの描写はさすが岩明均で、淡泊な描写でぐっと心にせまるものがありました。

(ケイラに「ばか!!」と叫ばせるあたり、作者は意外と?親切というか、丁寧に描いてますよね。岩明さん本人はたぶん、「オレ、普通にマンガ描いてるつもりなんだけど」とか言うかもしれません。淡泊なのはわざとじゃなくて、根っからの作風なんでしょう)

それにしてもやっと回想が終わり、読者としては、これまでさらっと出てきていた重要人物とようやく再会できるわけですね。

エウネメスはいわゆる「カルディアのエウネメス」ですから、これから数十年後、アレクサンドロス大王(アレキサンダー3世)麾下の書記官となり、さらに大王死後はディアドコイ戦争のプレイヤーとなる人です。

(今、「でぃあどこい」を変換したら「ディアド恋」と出てきて、私の頭の中で「ディア・ド・恋」というダサい喫茶店のイメージがわきあがってきた。そして同時に「カフェ・ド・鬼」という懐かしい単語まで出てきた。本当にどうでもいいことである)

エウネメス:
後にテメノス朝マケドニア王国のアレクサンドロス大王に仕える書記官となる。大王死後はカッパドキアを基点にディアドコイ戦争に参加。

アリストテレス:
プラトンのアカメデイアで教師となり、後にアレクサンドロス王子(後に大王)の家庭教師となる。自身も学校であるリュケイオンを設立する。

バルシネ:
ペルシア帝国トロイアス州総督(兄メントル?弟メムノン?どっちかわからん。最初はメントルの妻だったが、彼が死んで弟メムノンに相続される形でメムノンの妻になる)の妻。後にアレクサンドロス大王の愛妾。

アンティゴノス:
(たぶん)後のアンティゴノス1世。アレクサンドロス大王麾下の将軍となり、大王死後はアンティゴノス朝をひらく王となるが、セレウコスとリュシマコスに敗れる。

カリステネス:
アリストテレスの甥で、哲学者。後にアレクサンドロス大王の東征に同行するが、ペルシア式跪拝礼に反対し、大王によって四肢を切断されて閉じ込められる。リュシマコスの助けによって自害。

メムノン:
ペルシア帝国の傭兵隊長。後に軍司令官となり、アレクサンドロス大王と戦う。リデル・ハートによると「名将メムノンの死が無ければ、アレクサンドロスの遠征は失敗していただろう」。

テオフラストス:
(作品中、少なくとも単行本1〜4に名前は出てこないが、レスボス島の生物研究所にいた不気味なおっさん)
レスボス島生まれの哲学者、博物学者。アカデメイアで学び、アリストテレスの友人。後にリュケイオンの後継者となる。

巻末を見ると2006年1月号〜2007年4号掲載分を収録とある。

単行本が出ないわけだ。
タグ:comic diary Book
posted by tk219 at 06:56 | Comment(0) | 映画・小説・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。